神津里季生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神津 里季生(こうづ りきお、1956年昭和31年)3月 - [1])は日本労働運動家2015年10月から7代目日本労働組合総連合会会長[2]

人物・経歴[編集]

東京都生まれ[2]東京学芸大学附属高等学校18期生[3]1979年東京大学教養学部卒業[2]、同年新日本製鐵株式会社に入社[2]

新日本製鐵広畑製鐵所に勤務[4]、1983年から新日鐵本社の労働組合建材・鋼管支部書記長(非専従)[4]、1984年から専従となり新日鐵本社労働組合執行委員[2][4]、1988年日本鉄鋼産業労働組合連合会特別本部員、1990年から鷲尾悦也により日本労働組合総連合会(連合)を通じて外務省在タイ日本国大使館一等書記官として3年間派遣された[4]

1994年、新日鐵労働組合連合会書記次長、1998年新日鐵労働組合連合会書記長、2002年新日鐵住金労働組合連合会会長、2006年日本基幹産業労働組合連合会事務局長、2010年日本基幹産業労働組合連合会中央執行委員長全日本金属産業労働組合協議会副議長[5]

2010年から連合副会長、2013年から連合事務局長[6][7]、2015年10月から同会長[2]

山本周五郎の『ながい坂』を座右の書とする[8]

出典[編集]

外部リンク[編集]

その他の役職
先代:
古賀伸明
日本労働組合総連合会長
第7代:2015 -
次代:
現職