多羅尾光睦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多羅尾 光睦(たらお みつちか、1957年8月23日 - )は、日本地方公務員東京都港湾局長兼東京臨海高速鉄道取締役東京都生活文化局長、東京都総務局長等を経て、東京都副知事東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長、東京都職員共済組合理事長。

経歴[編集]

東京都立武蔵高等学校を経て、1980年青山学院大学法学部卒業、東京都入庁[1]。2004年東京都立保健科学大学事務局長。2006年東京都総務局行政改革調整担当部長。2007年東京都港湾局総務部長。2010年東京都人事委員会事務局長。2012年東京都港湾局長、東京臨海高速鉄道取締役[2]

東京都生活文化局長を経て、2016年から東京都総務局長を務め、2020年東京オリンピックに向け、LGBT担当部局の設立などを進めた[3][4]

2018年からは東京都副知事として[5][3][6]総務局福祉保健局産業労働局港湾局東京消防庁青少年・治安対策本部病院経営本部選挙管理委員会人事委員会公安委員会労働委員会を担当[7][8]

2019年から総務局、オリンピック・パラリンピック準備局、産業労働局、港湾局、東京消防庁、人事委員会、公安委員会を担当し[9]東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長や[10][11]東京都職員共済組合理事長[12]嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター評議員なども務めた[13]

2020年には小池百合子東京都知事に関する告発本『築地と豊洲』を出版した澤章東京都環境公社理事長に対し、理事長として問題があったわけではないとしつつ、「都として決めたこと」として解任を言い渡した[14]

2021年6月には、小池百合子が過労により静養しため、公務代理を務めた。

2021年10月24日、副知事を退任[15]

人物[編集]

趣味は鉄道[7]。休日は「青春18きっぷ」でローカル線を延々乗り歩く。鉄道の信号の歴史を約30年間研究しており、鉄道専門雑誌に寄稿している。

座右の銘は「一日一生」。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 多羅尾光睦総務局長が副知事に|建設ニュース 入札情報、落札情報 ... 多羅尾光睦総務局長が副知事に|建設ニュース 入札情報、落札情報 ... 建通新聞2018/6/27 東京
  2. ^ 役員の状況 東京臨海高速鉄道有価証券報告書
  3. ^ a b 「小池百合子都知事、新副知事に多羅尾氏検討 舛添カラー一掃へ」 産経ニュース2018.6.23 06:39更新
  4. ^ 東京都が2020年に向けてLGBT担当部署を立ち上げる意向を表明、2018年度内に条例も制定 OUT Japan記事日付:2018/03/03
  5. ^ 「小池知事 多羅尾総務局長を副知事に選任へ 川澄氏は退任 /東京」 毎日新聞2018年6月27日
  6. ^ 「東京都副知事に多羅尾総務局長 都議会が同意 」 日本経済新聞2018/6/27 21:30
  7. ^ a b 「横顔/東京都副知事に就任した多羅尾光睦氏 」 日刊工業新聞(2018/8/24 05:00)
  8. ^ 「東京都副知事について」
  9. ^ 「東京都副知事について」
  10. ^ 新理事に山下JOC会長ら=東京五輪組織委 時事通信
  11. ^ 山下氏、多羅尾氏が副会長に=東京五輪・パラ組織委 時事通信2019年07月30日
  12. ^ 東京都職員共済組合の機関 東京都職員共済組合
  13. ^ 一般財団法人 嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター 役員名簿
  14. ^ 検索結果 文春オンライン 豊洲「内幕」を告発 都関連団体トップを小池百合子知事が“更迭 2020年7月23日号 genre : ニュース, 社会, 政治, 読書
  15. ^ 東京都副知事に黒沼・潮田の2局長 都議会が同意” (日本語). 日本経済新聞 (2021年10月13日). 2021年10月16日閲覧。
先代:
斉藤一美
東京都港湾局総務部長
2007年 - 2010年
次代:
山本隆
先代:
中井敬三
東京都港湾局長
2012年 - 2015年
次代:
武市敬
先代:
小林清
東京都生活文化局長
2015年 - 2016年
次代:
中嶋正宏
先代:
中西充
東京都総務局長
2016年 - 2018年
次代:
遠藤雅彦
先代:
猪熊純子
東京都副知事兼東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長
2019年 - 2021年
次代: