東京都競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京都競馬株式会社
TOKYOTOKEIBA Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9672
1955年9月上場
略称 東競馬(銘柄略称)
本社所在地 日本の旗 日本
143-0016
東京都大田区大森北一丁目6番8号
ウィラ大森ビル
設立 1949年12月20日
業種 サービス業
法人番号 9010001034995 ウィキデータを編集
事業内容 競馬施設・オートレース施設・商業施設等の運営等
代表者 代表取締役社長 中西充
資本金 105億8629万円(2014年12月31日現在)
発行済株式総数 2億8,764万8,547株
(2014年12月31日現在)[1]
売上高 単体154億円、連結178億円
(2014年12月期)
純資産 単体463億円、連結535億円
(2014年12月)
総資産 単体689億円、連結777億円
(2014年12月)
従業員数 単体60人(2014年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 東京都 27.78%
特別区競馬組合 12.78%
東京ドーム 6.21%
(2014年12月31日現在)[1]
主要子会社 別記
外部リンク https://www.tokyotokeiba.co.jp/
テンプレートを表示

東京都競馬株式会社とうきょうとけいば: TOKYOTOKEIBA Co., Ltd.)は、競馬オートレース遊園地物流倉庫施設を保有、管理、賃貸している日本株式会社第三セクター)である。

直営施設[編集]

三条場外(新潟県三条市・新潟県営競馬時代は三条競馬場)は2015年1月23日に発売終了。

沿革[編集]

  • 1949年 - 当時東京都が施行権を持っていた地方競馬を開催する施設を運営するために設立
  • 1950年 - 大井競馬場開場、第一回大井競馬施行
  • 1951年 - 大井興業株式会社設立
  • 1954年 - 大井オートレース場開場
  • 1965年 - 小林牧場開設
  • 1970年 - 子会社の株式会社東京サマーランド設立。羽田盃東京大賞典で同社が馬主になっていたダイニヘルスオーが優勝する
  • 1971年 - 東京サマーランドが株式会社東京サーキット(以前の東京サマーランド運営企業)を吸収合併
  • 1973年 - 大井オートレース場廃止
  • 1974年 - 関東興産株式会社(伊勢崎オートレース運営企業)設立
  • 1976年 - 伊勢崎オートレース場開場
  • 1984年 - 東京倉庫株式会社設立
  • 2002年 - 新潟競馬(地方競馬)廃止に伴い、新潟地区施設を引き継ぐ。関東興産を吸収合併。
  • 2009年 - 東京都品川区に「大井競馬場前ショッピングモール ウィラ大井」オープン
  • 2012年 - 大井興業を株式会社東京プロパティサービスへ商号を変更。本社所在地を中央区日本橋3丁目3番9号から現在地へ移転
  • 2015年 - タックを株式取得により子会社化。

連結子会社[編集]

  • 株式会社東京プロパティサービス(完全子会社・大井競馬場場内サービス事業)
    • 東京倉庫株式会社(東京プロパティサービスの完全子会社・物流施設の賃貸)
  • 株式会社東京サマーランド(完全子会社・東京都競馬から遊園地を受託運営)
  • 株式会社タック(完全子会社・空調設備工事)

脚注[編集]

  1. ^ a b 株主情報”. 東京都競馬 (2014年12月31日). 2015年12月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]