織作峰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おりさく みねこ
織作 峰子
生誕 (1960-12-16) 1960年12月16日(60歳)
日本の旗 日本 石川県
出身校京都文教短期大学卒業
職業写真家

織作 峰子(おりさく みねこ、1960年昭和35年)12月16日 - )は、日本の写真家である。大阪芸術大学写真学科教授。

1981年昭和56年)、ミス・ユニバースに日本代表として出場したことでも知られる。

人物[編集]

生い立ち[編集]

1960年昭和35年)、石川県小松市生まれ。小松市立国府小学校、小松市立国府中学校、小松市立女子高等学校(現在の小松市立高等学校)を経て[1]京都文教短期大学卒業(専攻は幼児教育初等教育)。高校3年間は陸上部に所属、やり投で北信越大会入賞という成績を残している[1]

ミスユニバース[編集]

京都文教短期大学2年生だった1981年昭和56年)、ミスユニバース日本代表に選ばれ、同年7月にニューヨークミンスコフ劇場で開催された世界大会に出場した。当時は身長166センチメートル(cm)、体重53キログラム(kg)、スリーサイズ83-60-88 cmであった[2]

この世界大会では、司会はボブ・バーカーエルケ・ソマー、審査員はペレフリオ・イグレシアスリー・メジャースアンナ・モッフォらが務め、ゲストにピーター・アレンが出演していた。織作はセミファイナルへの進出(入賞)はならず、無冠であった。

写真家として[編集]

ミス・ユニバース任期中の1981年昭和56年)、写真家・大竹省二と出会った[3]。翌年より、大竹に師事(大竹スタジオ入門)、1987年に独立するまで続けた[3]。途中、1985年と1986年には、作品を二科展に入選させている[3]。この間広告等にも出演し美貌写真家として名を馳せた。

写真の世界に入ったことについて「いわば元の私に戻った形なんです。父が日本建築の大工をしていたこともあり『自分のやったことを形に残したい』という願望が元々強かったと話している[4]

1989年からの2年間は、アメリカ合衆国ボストンに暮らした[3]。その後日本に帰国し、テレビ、雑誌、講演等、幅広いメディアに出演するとともに、大学教授にも就任している。また、スイス政府観光局[5]の依頼によって、スイス各地での撮影を行った。

写真集[編集]

  • BOSTON in the time(光村印刷出版)(1991/10)
  • Memories of New Zealand (光村印刷出版)(1994/10)
  • DIMENSIONS(講談社)(1994/10)
  • TURKEY(橋本確文堂)(1996/04)
  • IMPRESSIVE PHOTOGRAPH (広美出版事業部)(1999/09)
  • MAGYAR(講談社)(2003/12)
  • 光彩上海(朝日新聞社)(2005/08)
  • MY SWITZERLAND(清流出版)(2006/07)
  • デジカメ写真の撮り方・撮られ方(朝日出版社)(2008/10)
  • SWISS 光と風(講談社)(2010/04)

メディア出演[編集]

テレビ番組

脚注[編集]

  1. ^ a b <48>ミスユニバース日本代表から大阪芸術大学教授に  織作峰子さん”. 2020年12月16日閲覧。
  2. ^ 日本代表に織作さん(京都)81年ミス・ユニバース『中日新聞』1981年3月19日社会面
  3. ^ a b c d 織作峰子プロフィール 本人のウェブサイト、平成22年8月26日閲覧
  4. ^ Ms Wendy|分譲マンションと生活に関する情報 Wendy-Net 156号 注目の人 写真家/織作 峰子さん”. www.wendy-net.com. 2020年12月16日閲覧。
  5. ^ スイス政府観光局

外部リンク[編集]