この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

木田真理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木田 真理子(きだ まりこ MARIKO KIDA、1984年 - )は、日本人女性バレリーナ大阪府生まれ。スウェーデン王立バレエ団所属(第一ソリスト)。

経歴

4歳からクラシックバレエを始める。千里国際学園高等学校立命館大学産業社会学部卒業1999年、若手の登竜門である「第56回全国舞踊コンクール」(東京新聞主催)のバレエジュニア部で四位入賞。同年より宗田バレエスクールに所属し、宗田静子原田高博夏山周久に師事。

日本では不遇の時を過ごすが、千里国際学園1年生の時、2000年ローザンヌ国際バレエコンクール入賞。一躍注目を浴び、「次世代のエース」となる。その後サンフランシスコバレエスクールを卒業して、カナダアルバータバレエ団レ・グランバレエ・カナディアンで活躍。欧州の優れた振付家たちと出会って「現代舞踊をもっと頑張りたい」と思い立ち[1]、2009年にスウェーデンのヨーテボリ・バレエ団にトレード。その後、スウェーデン王立バレエ団に移籍。

2014年、バレエ界の「アカデミー賞」とも呼ばれ、最も権威的な賞のうちの一つである「ブノワ賞(Benois de la Danse)」を日本人として初めて受賞。

プロ野球選手木田勇とは遠い親戚。

脚注

  1. ^ 読売新聞-YOMIURI ONLINE. “木田真理子さん、ブノワ舞踊賞受賞…日本人初”. 2014年5月30日閲覧。