馬渕明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

馬渕 明子(まぶち あきこ、1947年6月18日 - )は、美術史家、日本女子大学教授国立西洋美術館館長[1]

来歴[編集]

神奈川県茅ヶ崎市生まれ。1972年東京大学教養学部フランス科卒、78年同大学院人文科学研究科美術史博士課程満期退学。この間、パリ第4大学に留学。東大文学部助手、国立西洋美術館学芸課主任研究官。青山学院女子短期大学助教授。[2]日本女子大学助教授、1993年『美のヤヌス』でサントリー学芸賞受賞。98年『ジャポニスム 幻想の日本』でジャポニスム学会賞受賞、同学会会長。2013年に国立西洋美術館館長ならびに独立行政法人国立美術館理事長、文化審議会委員。サッカー好きでもあり、2014年3月日本サッカー協会副会長。2015年4月日本女子サッカーリーグ理事長[3]

著書[編集]

  • 『美のヤヌス テオフィール・トレと19世紀美術批評』スカイドア 1992
  • 『ジャポニスム 幻想の日本』ブリュッケ 1997、新版2004、2015
  • 『舞台の上のジャポニスム 演じられた幻想の〈日本女性〉』NHK出版NHKブックス〉 2017

共編・編著[編集]

翻訳[編集]

  • アンドレア・デュエ社編「こどもとみるせかいのびじゅつ」福音館書店 2000
    『かおのいろいろ』『どうぶつたち』『ひとのかたち』『しぜんをみると』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “馬渕明子(国立西洋美術館長) 前庭の「復元」視野に 世界文化遺産登録2カ月”. 毎日新聞. (2016年9月15日). https://mainichi.jp/articles/20160915/dde/014/040/014000c 2018年2月26日閲覧。 
  2. ^ J-global:[1]
  3. ^ 馬渕明子氏、日本女子サッカー理事長就任