小室淑恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小室 淑恵(こむろ よしえ、1975年4月16日 - )は、日本実業家。株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長。既婚。

来歴・人物[編集]

日本女子大学文学部卒業。大学在学中に猪口邦子の講演に感銘し、渡米。現地に1年間滞在する。

1999年に資生堂に入社。奈良支社配属を経て、本社経営企画室IT戦略担当に抜擢される。

2004年12月、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004を受賞(総合順位7位キャリアクリエイト部門賞)[1][2][要検証]

2005年9月に資生堂を退社。2006年7月、小室淑恵の名前で株式会社ワーク・ライフバランスを設立。生産性の高い組織になるための、ワーク・ライフバランスコンサルティングを企業・組織に提供している[3]。自社で「ワーク・ライフバランス組織診断」や「育児と仕事の調和プログラム armo(アルモ)」、「介護と仕事の両立ナビ」、「朝メール.com」などを開発。2009年よりワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座などを主催。

講演活動の傍ら、内閣府の「男女共同参画会議 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)に関する専門調査会」委員、「新しいライフスタイルの創出と地域再生に関する調査研究」研究委員会委員、「仕事と生活の調和連携推進・評価部会」委員、産業競争力会議民間議員などを歴任。

2008年4月、内閣府仕事と生活の調和連携推進・評価部会委員。2011年8月、厚生労働省社会保障審議会年金部会委員。2012年8月、経済産業省産業構造審議会委員。2013年4月、内閣府子ども子育て会議委員[4]

2012年3月には、第180回通常国会衆議院予算委員会公聴会で「日本の長時間労働の問題点と解決策」を提案。2012年6月にプレゼンテーションカンファレンスのTEDxTokyoにスピーカー選出される。12月には、携帯電話用サイト「小室淑恵のWLB塾」をリリース。

2014年5月、ベストマザー賞(経済部門)を受賞。

2014年9月、内閣産業競争力会議民間議員。2015年2月、文部科学省中央教育審議会委員。2016年3月、霞が関の働き方改革を加速するための懇談会座長。2017年6月、かんぽ生命取締役。2019年5月、オンワードホールディングス取締役[4]

既婚者であり、2006年4月生まれの長男[3]と2012年11月生まれの次男がいる[5]

主な著書[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]