小室淑恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小室 淑恵(こむろ よしえ、1975年4月16日 - )は、日本女性事業家。株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長[1]

ワーク・ライフバランスコンサルティングを1000社以上に提供しているという[2]

来歴[編集]

学生時代[編集]

日本女子大学附属中学校・高等学校日本女子大学文学部日本文学科卒業[3][4]

資生堂入社[編集]

1999年資生堂へ入社。奈良支社配属を経て、本社経営企画室IT戦略担当に抜擢されたという[3]

2004年12月日経ウーマン主催「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004」を受賞したという(総合順位7位キャリアクリエイト部門賞)[5][要出典][3][6]

2005年9月、資生堂を退職[3]

会社設立[編集]

2006年7月、株式会社ワーク・ライフバランスを設立[3]

2008年4月内閣府仕事と生活の調和連携推進・評価部会委員。

2011年8月厚生労働省社会保障審議会年金部会委員。

2012年3月第180回通常国会衆議院予算委員会公聴会で「日本の長時間労働の問題点と解決策」を提案。6月、プレゼンテーションカンファレンスのTEDxTokyoにスピーカー選出される。8月経済産業省産業構造審議会委員。

2013年4月、内閣府子ども子育て会議委員。

2014年5月ベストマザー賞(経済部門)を受賞。9月内閣産業競争力会議民間議員。

2015年2月文部科学省中央教育審議会委員(- 2017年3月)。

2016年3月霞が関の働き方改革を加速するための懇談会座長

2019年5月オンワードホールディングス取締役。

[7][8]

人物[編集]

既婚者2006年4月生まれの長男[9]2012年11月生まれの次男がいる[10]

ヘルパー2級の資格を持ち、介護のボランティアも定期的に行っているという[要出典]

高校に進んだ頃から、日本社会が女性の活躍を期待していないのではないかと悩み始め、小説やテレビドラマでキャリアウーマンが必ずしも幸せな人生を歩んでいないことも加わって専業主婦志向へ切り替わった[要出典]

日本女子大学3年生の時、居眠りするつもりで聴講した猪口邦子参議院議員国際政治学者)の講演で「これからは共働きが当たり前になる」「子育てする女性の視点が商品・サービス開発に役立つ」と説かれ情熱が再燃。就職活動の準備を怠っていたこともあり、自分を変えたいとアメリカ合衆国カリフォルニア州に渡り、1年近く滞在したという[要出典]。渡米中の体験から、社内ビジネスコンテストで育休取得者の職場復帰プログラムを提案して優勝したこともあり、ワークライフバランス社の起業にもつながった[1]

主な著書[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【My Story】ワーク・ライフバランス社長 小室淑恵さん日本経済新聞』朝刊2020年3月8日(22-23面)2020年9月7日閲覧
  2. ^ 行政・研究機関・民間企業の事例 株式会社ワーク・ライフバランス。
  3. ^ a b c d e 小室淑恵(こむろ としえ) 株式会社ブレーン講師紹介
  4. ^ 検索結果個別表示:男女共同参画局 - 内閣府”. wwwb.cao.go.jp. 2022年4月23日閲覧。
  5. ^ ギリークラブ 『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』日経WOMAN 野村浩子編集長
  6. ^ いま注目のビジネスウーマン#04 小室 淑恵BS12トゥエルビ「賢者の選択
  7. ^ 有価証券報告書-第13期(2018年4月1日-2019年3月31日)(PDF:1921KB) かんぽ生命
  8. ^ 代表メッセージ 株式会社ワーク・ライフバランス。
  9. ^ 子育てさがし ワーク・ライフバランスの小室淑恵さん共同通信』2009年10月20日
  10. ^ 次男が産まれました! 2013年もどうぞよろしくお願いいたします!! 2013年1月5日付「小室ブログ」より。

外部リンク[編集]