TED (カンファレンス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TED
TED wordmark.svg
URL TED.com
スローガン ideas worth spreading (広める価値のあるアイデア)
タイプ ビデオ・オン・デマンド
登録 任意(閲覧には不要。コメント、字幕翻訳には必要)
使用言語 英語(多数の動画に多言語での字幕あり)
運営者 クリス・アンダーソン (TED Conferences, LLC)
設立者 リチャード・ソール・ワーマン
ハリー・マークス
設立日 1984年
収益 スポンサー、会員からの会費など
現状 現在運営中
TEDのキュレーター、クリス・アンダーソン。
TED Global

TED(テド、: Technology Entertainment Design)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市に本部があるLLCカナダバンクーバー(過去には米カリフォルニア州ロングビーチモントレー)で、毎年大規模な世界的講演会を主催している非営利団体のこと。

TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)と言い、学術エンターテイメントデザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。講演会は1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。

講演者には非常に著名な人物も多く、ジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)、ジミー・ウェールズ(オンライン百科事典Wikipediaの共同創設者)といった人物がプレゼンテーションを行なっているが、最重要事項はアイディアであり、一般的には無名な人物も数多く選ばれ、プレゼンテーションしている。

講演会に出席するには、審査を受けた上で年会費8,500ドルを支払ってTEDの会員になる必要がある[1]

歴史[編集]

1984年に、リチャード・ソール・ワーマンとハリー・マークスによって設立された。1990年から毎年カンファレンスが開催されている。カンファレンスは、1993年5月7〜9日に神戸で開催されたことがあり(TED 4)、2013年まではカリフォルニア州モントレーロングビーチで開催されていた。2002年の講演会の後にプロジェクトは設立者のワーマンの手を離れ(ワーマンはTEDMEDに専念)、事業はクリス・アンダーソン(元WIRED誌クリス・アンダーソンとは同姓同名の別人)に引き継がれた。

TEDの事業の種類[編集]

TED Conference[編集]

TED Conference(TEDカンファレンス)はTEDの活動の中心的イベントで、カナダバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)にて、毎年開催される講演会のこと。カンファレンスは5日間にわたって開催され、この間 約70人のプレゼンターやパフォーマーが登壇し、1000人程の聴衆が講演を聴く。

TEDActive[編集]

TED conferenceと別都市で行われる同時開催のイベントであり、インタラクティブな生中継が行われる。独自のプレゼンターも登壇する。

TEDGlobal[編集]

TEDGlobal(TEDグローバル)はTEDカンファレンスの姉妹講演会。基本的なスタイルはTEDカンファレンスと同じだが、開催が一年おき、また開催地が毎回変わる。つまりはTEDカンファレンスの世界巡業版。第一回TEDグローバルは2005年、イギリスオックスフォードで開かれ、第二回は2007年、タンザニアアルシャで開催された。講演テーマに関して、経済成長や開発といったグローバルな問題により重点が置かれている点にも特徴がある。

TED Translators[編集]

世界中のボランティアによる、字幕作成プロジェクト[2]。20,000人以上が参加し、100言語以上に対応している。

TED Prize[編集]

2007年のTED Prize受賞記念講演。ルワンダの医療システム構築について語る元米国大統領、ビル・クリントン動画を見る(日本語字幕)

TED Prize(TEDプライズ)は、2005年から始まった賞。2010年までは毎年3人選ばれ、賞金10万ドルとカンファレンス(年会)で記念講演を行った。2010年に受賞者は1名になった。2012年は個人ではなく概念に対して贈られた。2013年に受賞賞金は100万ドルに上がり、世界を鼓舞する願いをもった強いアイデアを叶えるために贈られる[3]

2005年
ボノ(ミュージシャン)、エドワード・バーティンスキー(写真家)、ロバート・フィッシェル英語版(医療機器の発明家)
2006年
ラリー・ブリリアント(医療活動家)、ジェヘイン・ヌジェーム英語版(映画監督)、キャメロン・シンクレア英語版(建築家)
2007年
ビル・クリントン(政治家)、ジェームズ・ナクトウェイ(戦場カメラマン)、E.O.ウィルソン(生物学者、環境保護支援者)
2008年
ニール・テュロック英語版(物理学者)、デイヴ・エガーズ英語版(作家)、カレン・アームストロング英語版(作家)
2009年
ジル・ターター英語版SETIディレクター)、シルビア・アール英語版(海洋学者)、ホセ・アブラウ英語版(音楽家)
2010年
ジェイミー・オリバー (料理人)
2011年
JR(アーティスト)英語版(ストリートアーティスト)
2012年
City 2.0(個人ではなく「都市化が進んでいる世界的な現象に接続されているプラットフォーム」という概念)
2013年
スガタ・ミトラ英語版 (インド出身の教育研究者)
2014年
シャーミアン・グーチ英語版(汚職行為防止活動家)
2015年
デイヴ・アイセイ英語版お話し聞こう隊英語版創設者)

TEDTalks[編集]

インターネットで無料で公開されているTEDカンファレンスの講演ビデオ。ダウンロードしてiPodで閲覧することも可能。

TEDTalksは、ネットを通じて行なわれている動画の無料配信プロジェクトのこと。TEDTalksは2006年にスタートし[4]、TEDの名を広い範囲の人々に知らしめる役を果たしている[5]。TEDTalksでは、TEDカンファレンス、TEDグローバル、TEDプライズ、TEDxの講演の中から、キュレーションされた動画を公開しており、2015年6月時点で2000本を超える動画が公開されている[6]。配信はTEDのホームページ http://www.ted.com 、およびYouTube上の公式チャネル http://www.youtube.com/TEDtalksDirector の両者を通じて並行して行なわれている。2009年5月、Nokiaの協賛で各言語への翻訳プロジェクトTED Open Translation Projectが開始された。日本語版のページはこちら(TED Talks in 日本語)。

TEDx[編集]

TEDの精神である「ideas worth spreading」 のもとに、TEDからライセンスを受け、世界各地で発足しているコミュニティー。TEDの名称は使用しているが、運営や人選、設営などにTED本体は関与していない。2009年に、TEDxTokyoが開催されたのがきっかけで広まった。名称中にTEDの文字を含むのは、TEDxがTEDのコンセプトを受け継いだ団体であることを示している。TEDxのカンファレンスは、各地のスピーカーによる講演とTEDTalksのビデオの上映によって構成され、参加者が個々にディスカッションを通してアイデアを共有し、横の繋がりを広げていく場でもある。世界中でTEDのコンセプトは広まりつつあり、2012年4月現在126カ国以上の800にも渡る都市でイベントが実施されている。

講演者[編集]

TEDには職業、年齢、国籍、性別を問わず、様々な経歴の講演者が登場する。以下にその一例を示す。

講演日 動画の公開日 ゲスト 職業・経歴 動画リンク 原題
2002年2月 2007年4月 ディーン・ケーメン アメリカの発明家。電動立ち乗り二輪車セグウェイの生みの親。 ディーン・ケーメン:奉仕の発明 To invent is to give
2002年4月 2007年4月 リチャード・ドーキンス イギリスの進化生物学者。利己的遺伝子ミーム等の概念の提唱者。 リチャード・ドーキンス:戦闘的無神論 Militant atheism
2003年2月 2007年4月 ジェフ・ベゾス アメリカの実業家。書籍販売サイト Amazon.comの創業者。 ジェフ・ベゾス:次のウェブ・イノベーション The electricity metaphor for the web's future
2002年2月 2007年7月 ダニエル・デネット アメリカの哲学者。 ダネットの危険なミーム Dangerous memes
2003年2月 2007年4月 ジェフ・ホーキンス アメリカの実業家、脳科学者。携帯情報端末Palm, Handspringの生みの親。 ジェフ・ホーキンスが語る「脳科学がコンピューティングを変える」 How brain science will change computing
2003年2月 2007年5月 エヴェリン・グレニー スコットランド出身のパーカッショニスト。12歳のときに聴覚を失った中途失聴者 エヴェリン・グレニーが「聴き方」について語る How to truly listen
2003年3月 2007年4月 ジェーン・グドール イギリスの動物行動学者、霊長類学者。国連の平和大使。 ジェーン・グドール: 類人猿とヒトを分かつもの What separates us from chimpanzees?
2004年2月 2007年5月 セルゲイ・ブリン
ラリー・ペイジ
アメリカの企業家。インターネット企業Googleの共同設立者。 セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ:Googleについて The genesis of Google
2005年2月 2006年11月 レイ・カーツワイル アメリカの発明家、未来学者収穫加速の法則の提唱者。 レイ・カーツワイル 「加速するテクノロジーの力」 The accelerating power of technology
2005年7月 2007年4月 ジェームズ・ワトソン イギリスの分子生物学者。DNA二重螺旋構造の発見者。 ジェームズ・ワトソンが語る「DNA構造解明にいたるまで」 How we discovered DNA
2005年7月 2006年9月 デイヴィッド・ドイッチュ イギリスの理論物理学者。量子コンピューターのパイオニア。 Chemical scum that dream of distant quasars (日本語字幕無し)
2005年7月 2006年8月 ジミー・ウェールズ アメリカのインターネット事業家。オンライン百科事典ウィキペディアの創設者。 ジミー・ウェールズ: ウィキペディアの誕生 The birth of Wikipedia
2006年2月 2006年12月 ピーター・ガブリエル イギリス出身のミュージシャン。ロックバンド ジェネシスのボーカリスト ピーター・ガブリエル:ビデオを用いた不正との戦い Fight injustice with raw video
2006年2月 2006年6月 アル・ゴア アメリカの政治家。元アメリカ合衆国副大統領 アル・ゴア 「気候危機の回避」 Averting the climate crisis
2006年2月 2006年7月 リック・ウォレン アメリカの神父。サドルバック教会の創設者。ベストセラー作家。 A life of purpose (日本語字幕無し)
2007年3月 2007年4月 ビル・クリントン アメリカの政治家。元アメリカ合衆国大統領 ビル・クリントン: ルワンダの再建 My wish: Rebuilding Rwanda
2007年3月 2007年4月 E.O.ウィルソン アメリカの進化生物学者。社会生物学の提唱者 エドワード・オズボーン・ウィルソン: 地球の生命を守るためにできること My wish: Build the Encyclopedia of Life
2007年3月 2007年10月 リチャード・ブランソン イギリスの実業家。ヴァージン・グループの創業者。 リチャード・ブランソン 「高度10,000メートルの人生」 Life at 30,000 feet
2008年2月 2008年2月 ベンジャミン・ザンダー英語版 イギリス出身、アメリカの指揮者。ベートーベンとマーラーの通訳者。 ベンジャミン・ザンダーの「音楽と情熱」 The transformative power of classical music
2011年5月 2011年5月 サルマン・カーン インドの映画俳優、教育者。 サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」 Let's use video to reinvent education
2012年3月 2012年3月 スーザン・ケイン ハーバード大学ロー・スクール出身の弁護士、著述家。 スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」 The power of introverts
2013年3月 2013年3月 ボノ アイルランド出身のミュージシャン、慈善事業家。U2のボーカリスト。 ボノ:貧困についての良いニュース(そう、良いニュースもあるんだ) The good news on poverty (Yes, there's good news)
2013年3月 2013年3月 スガタ・ミトラ英語版 インド出身の教育研究者。2013年のTEDPrize受賞。 スガタ・ミトラ「クラウド上に学校を」 Build a School in the Cloud
2014年4月 2014年4月 ステラ・ヤング オーストラリアのコメディアン、ジャーナリスト、障害者問題活動家。 ステラ・ヤング:私は皆さんの感動の対象ではありません、どうぞよろしく I’m not your inspiration, thank you very much
2014年3月 2014年5月 メロディ・ホブソン英語版 アメリカの実業家。Ariel Investments社長、ドリームワークス・アニメーション取締役会長。夫はジョージ・ルーカス メロディ・ホブソン「人種問題にどう向き合うか」 Color blind or color brave?

資金[編集]

TEDの運営に必要な資金は、会員の会費、そして講演会の出席費、そしてスポンサー企業からのサポートによって支えられている。

スポンサー企業[編集]

TEDは多くの企業からもサポートを受けている。TEDに物的または金銭的なサポートを与えている(た事のある)企業には、以下のようなものがある[7]

Adobe, Akamai, Aliph, AMD, Autodesk, BMW, Branch Home, Condé Nast Portfolio, Desktop Factory, Ethos Water, Exclaim, GE, Google, Grey Goose Vodka, HotStudio, IBM, Icon Estates Wines, IDEO, Intel, Microsoft, Method, Motorola, The New Yorker, Nokia, Palm, Proflowers, Rolex, Six Apart, Sony, Steelcase, Sun, Target, Tesla Motors, TOYOTA, Viewpoint, Vosges Haut-Chocolat, Weider History Group, WIRED

ギャラリー[編集]

様々な講演者[編集]

会場の様子[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TED Conference standard membership
  2. ^ TED Translators
  3. ^ TED Prize
  4. ^ TED blog "Introducing TEDTalks" 27 June 2006 - 2006年7月27日のTEDBlogの記事。動画配信のスタートを伝えている。最終確認日 2008年1月16日。
  5. ^ TEDBlog "The New TED.com launches today Monday April 16th" 16 April 2007 - 2007年4月16日のTEDBlogの記事。動画配信が大きい反響を呼んだことから、サイト TED.com の構成を動画中心に大幅にリニューアルしたことを伝えている。最終確認日 2008年1月16日。
  6. ^ The TED Talks library, now 2,000 talks strong
  7. ^ About TED - Sponsoring TED のページより。最終閲覧日 2007年1月13日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]