中途失聴者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中途失聴者ちゅうとしっちょうしゃ)とは、聴覚障害者の一区分で、音声言語獲得後に聴力が下がったり、聴力を失った人のことである。「中失」と略する時もある。音声言語獲得前の失聴者は、ろう者(又は難聴者)という。

音声言語獲得後なので、発声は不自由しないが聞くことが不自由になるため、音声コミュニケーションが極めて不便になる。

原因と特徴[編集]

聴力が下がる原因は、副作用ストレプトマイシンが代表的)、極めて強烈なを聞いたことによるのダメージ、頭部への衝撃、耳の気圧変化遺伝性、ウイルス性、ストレス、などが挙げられる。原因不明のケースも多い。ちなみに、加齢に伴う聴力の衰えは老人性難聴といい、中途失聴とは区別する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]