シルヴィア・アール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シルビア・アール
Color portrait photograph of Sylvia Earle
人物情報
生誕 シルビア・アン・リード
ギブスタウンニュージャージー州 , アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
市民権 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校

フロリダ州立大学

デューク大学
配偶者 ジョン・テイラー
ジャイルズ・ミード
グラハム・ホークス
両親 父:ルイス・リード
母:アリス・フリース(リッチー)・アール
子供 エリザベス・テイラー
ジョン・リッチー・テイラー
ゲイル・ミード
学問
研究分野 海洋学
研究機関 NOAA, ナショナルジオグラフィック
学位 生理学博士号
主な業績
公式サイト
https://mission-blue.org/about/
テンプレートを表示

シルビア・アリス・アールSylvia Alice Earle 旧姓 リード;、Reade;、 1935年8月30日 - )は、アメリカの海洋生物学者探検家著者、講師。1998年以来National Geographicのレジデント探検家を務める。[1] [2] アールは、アメリカ海洋大気庁の米国初の女性主任研究員であり、1998年タイム誌に最初の「地球のヒーロー」に選ばれた。 海洋とその野生生物の保護に努めるOcean Eldersの一員である。

2021年に日本で公開されたドキュメンタリー映画「SEASPIRACY」で、次のように語っている。「魚は痛みを感じるか?それは科学者にとっては常識です。魚には神経系があって脊椎動物としての基本的な機能を持っています。彼らは私たちが考える以上に、感じることができる。人に触覚があるように、魚には側線という器官がある。側線で水の微妙な動きを感知して、群で泳ぐことを可能にしている。『彼らは痛みを感じないから、恐怖を感じないから何をしてもいい』という人は魚のことを分かっていない。罪なき生き物への卑劣な行為を正当化したいだけ。そうでなければ魚をあんなに野蛮に扱う説明がつかない。」また、「魚は食べますか?」との質問に、「魚も、他の動物も食べない」と答えている。

幼少期と教育[編集]

アールは、1935年ニュージャージー州グロスター郡グリニッジタウンシップのギブスタウンで、ルイス・リードと、アリス・フリース(リッチー)・アールとの間に生まれた。アールの両親はアウトドアを好み、娘が自然に興味を持つように支援した。[3] 家族はアールの幼少時代にフロリダ西海岸へ引っ越し、[4] アールはセントピーターズバーグ・ジュニアカレッジ(1952)で短期大学士号、フロリダ州立大学(1955)で理学士号デューク大学理学修士号(1956)及び生理学博士号 (1966)を取得した。

業績[編集]

アールはカリフォルニア科学アカデミー生理学学芸員(1979–1986)、カリフォルニア大学バークレー校(1969–1981)助教ラドクリフ研究所研究員(1967–1969)、ハーバード大学(1967–1981)リサーチ・フェローを務めた。

TEKTITE-II アールが率いるリブリーザートレーニング中の全女性チーム

博士号取得後の1966年、アールはハーバード大学で1年間リサーチ・フェローを努めた後、フロリダ州ケープ・ヘイズ臨海実験所の常駐ディレクターとなった。[5] 1969年、彼女はバージン諸島沖の海面下50フィートに位置する施設でのテクタイトプロジェクトへの参加を申請した。アールは1,000時間以上の研究を水中で行ったにも関わらず、プログラムへの参加は叶わなかった。翌年、彼女はテクタイトプロジェクトII初の全女性潜水技術者チームのリーダーに選ばれた。[6]

1979年、アールはオアフ島近くの海底に外洋JIMスーツによるダイビングを行い、381メートル (1,250 ft)という女性初の潜水記録を樹立した。[1][7] 同年から1986年まで、カリフォルニア科学アカデミー藻類学学芸員を勤めた。[5]

1980年から1984年までは大洋・気象・諮門評議会の委員を務めた。

テクタイト・ハビタット内の潜水技術者にサンプルを見せるアール(1970年

1982年に彼女と彼女の夫グラハム・ホークスエンジニア・潜水設計者)は深海工学を創設し、パイロット運転によるロボット海底システムの設計、運用、サポート、およびコンサルティングを行った。[8] 1985年、ディープオーシャン・エンジニアリングチームは、深さ1,000メートル (3,300 ft)まで潜水可能なディープ・ローバー研究潜水艦を設計・建造した。[9] [10] ディープ・ローバー号は1986年までに試運転され、アールはバハマのリーストッキング島沖でトレーニングチームに加わった。

アールは1990年に会社を辞め、1992年まで国立海洋大気庁の主任研究員を勤めた。彼女はこの職務に任命された初の女性である。在任中、油流出の影響についての専門知識を持つアールは、1991年のペルシャ湾岸戦争中にクウェート油井の破壊による環境被害を推測するための研究調査遠征を率いた。[3]

1992年、アールは海洋工学の更なる前進のため、「ディープ・オーシャン・エクスプロレーション・アンド・リサーチ(DOER Marine)」を設立した。これは現在アールの娘エリザベスによって運営されており、深海環境向けの機器の設計、構築、および運用を行う。[11] [12]

1998年以来、アールは、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラー・レジデントだった。彼女のあだ名は「Her Deepness」[1][13]、または「The Sturgeon General」。[2]

1998年から2002年まで、彼女はNational Geographic Society後援、Richard and Rhoda Goldman Fund資金援助による米国国立海洋保護区の5年研究プログラムSustainable Seas Expeditions(持続維持可能な海洋探索)を率いた。この間、アールは持続可能な海遠征隊のリーダー、ハート研究所テキサスA&Mコーパス・クリスティメキシコ湾研究評議長、Google Earthの海洋地図の評議員及び議長を務めた。また、ステルワーゲン銀行国立海洋保護区内で魚の種の数の測定や利用されている資源を定量化するために使用されるDeepWorker 2000潜水艦も提供した。[14]

アールは2009年に「ミッション・ブルー」(a.k.a. the Sylvia Earle Alliance、Deep Search Foundation、Deep Search)を設立した。

エクソン・ヴァルディーズメガボルグ原油流出についての知見を持つアールは、2010年メキシコ湾原油流出事故時のコンサルタントとして召集された。同年、彼女はハーグ模擬国連会議で3,500人の代表と国連大使たちに向けて14分間のスピーチを行った。

2012年7月、アールはフロリダ州キーラーゴ沖にあるNOAAのアクエリアス・リーフ・ベース海底研究所への遠征を率いた。これはジャック・クストーコンシェルフIプロジェクトの50周年を記念する「海の下で生きる50年を祝う」と題された遠征で、サンゴ礁海洋の健康を調査するものだった。マーク・パターソンがールと共同で遠征隊を率いた。彼らの潜水技術者チームには、海中映画製作者のD.J.ローラーと海洋学者のM.デール・ストークスも参加していた。[15] [16]

アールは2012年9月17日の週、「シャーマンズ・ラグーン」というコミック・ストリップに登場し、アクエリアス・リーフ・ベース海底研究所の閉鎖について議論した。[17]

2013年5月、2013年アメリカ法 科学賞受賞者(HR 1891;第113回議会)が議会に導入された。アールは、この法案が可決された場合の科学賞受賞者の候補者1人と予想されていた。 [18]

2018年1月、 シアトル水族館は初の生涯功労賞をアールに授与し、彼女の名誉を称えそれを「シアトル水族館メダル」に改名した。[19] 水族館の最初の生涯功労賞はアールに授与された。[20]

「ミッション・ブルー」とは別に、アールは海洋保護研究所などの理事も務める。[21]

ミッション・ブルー[編集]

2009年、アールはTED Prizeを受賞し、[22] 海の浄化を訴えた。

「すべての手段を自由に使いましょう。映画!探検!インターネット!新しい潜水艦!海洋保護区のグローバルネットワークへの一般の支持を喚起するキャンペーンを作成するために、惑星の青いハートを保存および復元するのに十分な大きさのスポットを希望します。」

TEDの支援を受け、彼女は「ミッション・ブルー」[23]を立ち上げた。これは、世界中に海洋保護区(「ホープ・スポット」)を設立することを目的とする。[24] ミッション・ブルーは、2030年までに海洋の30%の保護を目指し、グローバル企業から小規模の研究チームにまで及ぶ200以上の組織が現在まで(2019年)このミッションを支援している。[25]

ミッションブルーとそのパートナーと共に、アールは世界中の「ホープ・スポット」への探検隊を率いている。[26] 過去の遠征には、2009年キューバ[27] 2010年1月のベリーズ[28] 2010年4月のガラパゴス諸島[29] 2014年初頭のコスタリカと中央アメリカドーム[30]2014年後半の南アフリカ沿岸ホープ・スポットへの遠征がある。[31]

2014年8月、「ミッション・ブルー」というタイトルのNetflix独占ドキュメンタリーがリリースされた。[1] 海洋保護区のグローバルネットワークを構築するミッション・ブルーでの活動を通して、アールの人生とキャリアに焦点を当てている。[32]

2018年時点で、ミッション・ブルーは世界中に94ヵ所の「ホープ・スポット」を設立している。[33]

業績及び受賞歴[編集]

刊行物[編集]

アールは150以上の出版物を執筆している。 [5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Rosenblatt, Roger (1998年10月5日). “Sylvia Earle: Call Of The Sea”. Time. オリジナルの2007年12月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071224184634/http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,989255,00.html 2011年12月16日閲覧。 
  2. ^ a b Sylvia Earle, Oceanographer Information, Facts, News, Photos”. National Geographic. 2011年2月12日閲覧。
  3. ^ a b Holloway, Marguerite (April 1992). “Fire in Water” (英語). Scientific American 266 (4): 37–40. doi:10.1038/scientificamerican0492-37. http://www.nature.com/scientificamerican/journal/v266/n4/full/scientificamerican0492-37.html. 
  4. ^ "Sylvia A. Earle." Encyclopedia of World Biography. Detroit: Gale, 1998. Biography in Context. Web. 14 Jan. 2016.
  5. ^ a b c “Sylvia A. Earle, Ph.D.”. Academy of Underwater Arts and Sciences. http://www.auas-nogi.org/bio_earle_sylvia.html 2014年3月18日閲覧。 
  6. ^ Collette, BB (1996). “Results of the Tektite Program: Ecology of coral-reef fishes.”. In: MA Lang, CC Baldwin (Eds.) The Diving for Science…1996, "Methods and Techniques of Underwater Research" Proceedings of the American Academy of Underwater Sciences Sixteenth Annual Scientific Diving Symposium, Smithsonian Institution, Washington, DC.. http://archive.rubicon-foundation.org/4687 2013年4月14日閲覧。. 
  7. ^ Kesling, Douglas E (2011). “Atmospheric Diving Suits – New Technology May Provide ADS Systems that are Practical and Cost-Effective Tools for Conducting Safe Scientific Diving, Exploration, and Undersea Research”. In: Pollock NW, ed. Diving for Science 2011. Proceedings of the American Academy of Underwater Sciences 30th Symposium. Dauphin Island, AL: AAUS. http://archive.rubicon-foundation.org/10160 2013年4月14日閲覧。. 
  8. ^ a b New York Times, "SCIENTIST AT WORK: Graham Hawkes; Racing to the Bottom Of the Deep, Black Sea", William J. Broad, 1993 August 3 (accessed 30 Juli 2012)
  9. ^ English, JG (1987). “DEEP ROVER submersible operations for science”. In: Lang, MA (ed). Coldwater Diving for Science…1987. Proceedings of the American Academy of Underwater Sciences annual scientific diving symposium 31 October – 1 November 1987 Seattle, Washington, USA. http://archive.rubicon-foundation.org/10152 2013年4月14日閲覧。. 
  10. ^ Griffin, James J; Sharkey, Phillip I (1987). “Design of the next generation of research vessels”. In: Lang, MA (ed). Coldwater Diving for Science…1987. Proceedings of the American Academy of Underwater Sciences annual scientific diving symposium 31 October – 1 November 1987 Seattle, Washington, USA. http://archive.rubicon-foundation.org/10063 2013年4月14日閲覧。. 
  11. ^ About DOER Marine”. DOER Marine. 2011年12月16日閲覧。
  12. ^ Earle (2009)
  13. ^ White. “Her Deepness”. http://www.newyorker.com. The New Yorker. 2015年1月18日閲覧。
  14. ^ Auster, Peter J; Lindholm, James (2005). “The Ecology of Fishes on Deep Boulder Reefs in the Western Gulf of Maine (NW Atlantic).”. In: Godfrey, JM; Shumway, SE. Diving For Science 2005. Proceedings of the American Academy of Underwater Sciences Symposium on March 10–12, 2005 at the University of Connecticut at Avery Point, Groton, Connecticut. (American Academy of Underwater Sciences). http://archive.rubicon-foundation.org/9014 2013年4月14日閲覧。. 
  15. ^ Celebrating 50 Years of Living Beneath The Sea”. University of North Carolina Wilmington (2012年). 2012年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月18日閲覧。
  16. ^ Rosser (2012年7月). “A Personal Perspective on 50 Years of Living Beneath the Sea”. National Undersea Research Center. 2012年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月18日閲覧。
  17. ^ This Week in Comics: What To Read Archived September 19, 2012, at the Wayback Machine. Daily Ink Retrieved September 18, 2012
  18. ^ Marlow, Jeffrey (2013年5月9日). “The Science Laureate of the United States”. Wired Magazine. https://www.wired.com/wiredscience/2013/05/the-science-laureate-of-the-united-states/ 2013年9月12日閲覧。 
  19. ^ a b Chairman's Dinner 2018: “Creatures in the ocean don't have a choice. We do.” - Seattle Aquarium Blog” (英語). blog.seattleaquarium.org. 2018年4月20日閲覧。
  20. ^ https://www.seattleaquarium.org/document.doc?id=2474
  21. ^ Marine Conservation Institute Archived August 29, 2012, at the Wayback Machine.
  22. ^ a b 2009 Winners”. 2011年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月16日閲覧。
  23. ^ Home - Mission Blue” (英語). Mission Blue. 2019年11月28日閲覧。
  24. ^ Sylvia Earle”. TED Prize. 2011年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月12日閲覧。
  25. ^ Our Partners” (英語). Mission Blue. 2019年7月24日閲覧。
  26. ^ Mission Blue Expeditions”. www.missionblue.org. Sylvia Earle Alliance. 2015年1月21日閲覧。
  27. ^ Mission Blue Expeditions > Cuba”. www.missionblue.org. 2015年1月21日閲覧。
  28. ^ Mission Blue Expeditions > Belize”. www.missionblue.org. 2015年1月21日閲覧。
  29. ^ The Mission Blue Voyage”. TED. 2011年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月16日閲覧。
  30. ^ Mission Blue Expeditions > Costa Rica”. www.missionblue.org. 2015年1月21日閲覧。
  31. ^ Garling. “South Africans Unite Around Hope Spots”. voices.nationalgeographic.com. National Geographic. 2015年1月21日閲覧。
  32. ^ Mission Blue”. imdb.com. IMDb. 2015年1月21日閲覧。
  33. ^ https://mission-blue.org/hope-spots/
  34. ^ Sylvia Earle”. literati.net. 2015年1月21日閲覧。
  35. ^ Sylvia A. Earle, Ph.D. - Science - 1976”. Academy of Underwater Arts & Sciences. 2016年4月1日閲覧。
  36. ^ The Explorers Club -”. explorers.org. 2019年11月30日閲覧。
  37. ^ Sylvia Earle, Oceanographer”. National Geographic Society. 2011年12月16日閲覧。
  38. ^ Burnaby Mail, "Her Deepness drops in and warns of growing threat to the oceans", Deborah Smith, 2011 November 23 (accessed March 25, 2012)
  39. ^ Past Gold Medal Recipients”. www.iswg.org. 2015年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月21日閲覧。
  40. ^ Sylvia Earle, Ph.D.” (英語). Academy of Achievement. 2019年11月29日閲覧。
  41. ^ Sylvia Earle”. www.lindberghfoundation.org. Lindbergh Foundation. 2015年1月21日閲覧。
  42. ^ Zonta International > About Us > International Honorary Members”. www.zonta.org. 2019年11月29日閲覧。
  43. ^ Bal de la Mer”. www.seakeepers.org. 2015年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月21日閲覧。
  44. ^ 1998”. www.global500.org. Global 500. 2015年1月21日閲覧。
  45. ^ Sylvia Earle's Excellent Adventure”. www.nwf.org. National Wildlife Federation. 2015年1月21日閲覧。
  46. ^ Sylvia A. Earle – National Women's Hall of Fame”. 2013年8月30日閲覧。
  47. ^ “Sylvia Earle - Living Legends | Library of Congress”. The Library of Congress. https://www.loc.gov/about/awards-and-honors/living-legends/sylvia-earle/ 2016年11月12日閲覧。 
  48. ^ Dr. Sylvia Earle, 2000”. Women Divers Hall of Fame (2015年). 2018年10月20日閲覧。
  49. ^ 2004 Award Winners & Finalists”. www.banksiafdn.com. Banksia Foundation. 2015年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月21日閲覧。
  50. ^ Past Speakers and Medalists”. barnard.edu. Barnard College. 2015年1月21日閲覧。
  51. ^ Sylvia A. Earle”. www.sigmaxi.org. Sigma Xi. 2015年1月21日閲覧。
  52. ^ Edizioni Premio Artiglio”. www.artiglio.org. Artiglio. 2015年1月21日閲覧。
  53. ^ Sylvia Earle - 2010” (英語). Roy Chapman Andrews Society. 2019年11月29日閲覧。
  54. ^ Sylvia Earle to be 2011 commencement speaker”. 2011年5月15日閲覧。
  55. ^ https://mission-blue.org/about/
  56. ^ “Ocean record-breaker to visit NMMU”. Port Elizabeth Herald. (2013年4月12日). オリジナルの2013年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130414201724/http://www.peherald.com/news/article/14080 2013年4月17日閲覧。 
  57. ^ In Her Words”. nationalgeographic.com. National Geographic. 2015年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月21日閲覧。
  58. ^ Shaw. “Sylvia Earle and Sam Low Win Cronkite Award as Mission Blue Debuts on Martha’s Vineyard”. ecowatch.com. 2015年1月21日閲覧。
  59. ^ 2014 Laureates”. www.unep.org. UNEP. 2015年1月21日閲覧。
  60. ^ Sylvia Earle”. www.glamour.com. Glamour. 2015年1月21日閲覧。
  61. ^ The Tribute Ceremony in Honor of Sylvia Earle”. explorers.org. 2015年1月21日閲覧。
  62. ^ Sylvia Earle is the winner of The Rachel Carson Prize 2017 / Prisvinnere / Rachel Carson - Carson”. www.rachelcarsonprisen.no. 2019年11月29日閲覧。
  63. ^ “Sylvia A. Earle - Premiados - Premios Princesa de Asturias - Fundación Princesa de Asturias” (スペイン語). Fundación Princesa de Asturias. http://www.fpa.es/es/premios-princesa-de-asturias/premiados/2018-sylvia-a-earle.html?texto=acta&especifica=0 2018年6月19日閲覧。 
  64. ^ “Honorary Graduates in 2018” (英語). The University of Edinburgh. https://www.ed.ac.uk/student-administration/graduations/honorary/future-honorary-grads 2018年7月23日閲覧。 
  65. ^ Shinkai no joō ga yuku : Suishin 1000mētoru ni mita mō hitotsu no chikyū. Earle, Sylvia A., 1935-, Hōki, Tomoko., 伯耆, 友子. Tōkyō: Nikkeinashonarujiogurafikkusha. (2010 ;). ISBN 978-4-86313-118-7. OCLC 743307576. https://www.worldcat.org/oclc/743307576 
  66. ^ Warudo izu buru : Rankaku osen zetsumetsu hahanaru umi ni semaru kiki.. Earle, Sylvia A, 1935-, Koga, Sachiko, 1963-, 古賀, 祥子, 1963-. Nikkeinashonarujiogurafikkusha. (2010.7). ISBN 978-4-86313-112-5. OCLC 703284065. https://www.worldcat.org/oclc/703284065 

参考文献[編集]