経沢香保子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
つねざわ かほこ
経沢 香保子
生誕 (1973-04-23) 1973年4月23日(45歳)[1]
千葉県松戸市[1]
別名 岡本 香保子[2][3](婚姻時)[注釈 1]
出身校 桜蔭中学校・高等学校
慶応義塾大学
職業 経営者
著名な実績 トレンダーズやキッズラインの創業。女性企業塾の運営。
受賞 IVS 2015 Spring Launch Pad 優勝、ベストマザー賞

経沢 香保子(つねざわ かほこ、1973年(昭和48年) 4月23日[1] - )は、日本実業家2000年トレンダーズ株式会社を創業し、2012年に当時の女性最年少上場を果たした[5][6]尾崎友俐が創立した「女性起業塾」も一時期主宰した(2017年まで)[7][8]。2018年現在はベビーシッターのマッチングサービスを行う株式会社キッズライン代表取締役

来歴[編集]

1973年千葉県松戸市に生まれる[1]桜蔭中学校・高等学校に進学。高校では文化祭やアルバイトに打ち込む[9]。1浪の後、慶應義塾大学経済学部に進学。大学でもアルバイトに打ち込み、仕事好きを再認識する[5]。卒業後はリクルートに入社。同社時代には新入社員で競う会社の名刺集め競争で関東ナンバーワンになった[10]。その後、創業間もない楽天へ転職。楽天大学などさまざまな新規事業の開発にかかわる[11]

2000年マーケティングなどを手がけるトレンダーズ株式会社を設立し、代表取締役に就任[6][11]2001年には尾崎友俐が塾長を務める「女性起業塾」の事務局をトレンダーズで引き受け、一時期は完全に継承する[7][8][12][10]。トレンダーズは女性社員比率が多かったが、経営改善のため2010年頃から営業や役員に男性を引き込み、2011年以降は美容クリニックのクーポンサイトなどの新サービスも立ち上げていく[6][13]

2012年10月19日にはトレンダーズを東証マザーズに上場。当時の最年少上場女性社長として、経沢はメディアで取り上げられるようになる[5][6]。しかし、2014年5月14日、平成26年3月度決算の開示とともに、代表取締役社長の職を辞し代表取締役会長に就任[2][14]。同年6月26日に開催された定時株主総会において、代表取締役会長も辞任し相談役へ[2][14][15]。後に筆頭株主からも退いた[3]

その後、2014年中にベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」を運営する株式会社カラーズを設立し、代表取締役に就任[11]。翌年、IVS 2015 Spring Launch Padで優勝[16][17]。サービスと会社名を一致させるため、2016年8月19日に株式会社キッズラインへ社名を変更した[17]

受賞[編集]

著書[編集]

(単著)

  • 『自分の会社をつくるということ』ダイヤモンド社、2005年、ISBN 4478733015
  • 『日記ブログで夢をかなえる』ダイヤモンド社、2006年、ISBN 4478733384
  • 『経沢香保子の夢を叶える読書術』ゴマブックス、2006年、ISBN 4777105334
  • 『ミリオネーゼの起業入門―8ケタ稼ぐ女性に学ぶ起業前にするべきこと』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2006年、ISBN 4887594321
  • 『白いスーツで内定を 「誰も教えてくれなかった」女子大生就職読本』ゴマブックス、2007年、ISBN 978-4777105434
  • 『ブログ・イベントで女性をトリコにするマーケティングのコツ32』ゴマブックス、2007年、ISBN 978-4777106608
  • 『自分らしい人生を創るために大切なこと』ダイヤモンド社、2012年、ISBN 978-4478703519
  • 『自ら上場した会社を辞め、41歳で再び起業したシリアルアントレプレナーの挑戦『ベンチャー魂は消えない』』、Kindle版、ASIN B019WLLO16
  • 『すべての女は、自由である』ダイヤモンド社、2016年、ISBN 978-4478068625

(共著)

(監修)

  • トレンダーズ株式会社 編『夢を実現した わたしの仕事 わたしの方法』ダイヤモンド社 2006年、ISBN 4478733058
  • 女性起業塾 編『ゼロからでも夢がかなう起業の教科書 女性起業家20人に学ぶ「自分らしく成功する生き方」』ゴマブックス、2008年、ISBN 978-4777108374

(監訳)

  • パトリシア・アバディーン『メガトレンド2010 新しい資本主義をつくる7つのトレンド』ゴマブックス、2006年、ISBN 4777104214

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年現在、シングルマザー[4]
  2. ^ 著者 - 岩瀬大輔飯田泰之古市憲寿駒崎弘樹、経沢香保子、為末大、田端信太郎、加藤嘉一 - NCID BB1350860X参照。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 海野政人 (2017年9月11日). “挑戦前夜〜起業家・経沢香保子〜”. SYNAPSE ONLINE MAGAGINE. 2018年5月20日閲覧。
  2. ^ a b c 代表取締役及び役員の異動に関するお知らせ”. IRニュース. トレンダーズ株式会社 (2014年5月14日) 2018年5月20日閲覧。
  3. ^ a b 主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ”. IRニュース. トレンダーズ株式会社 (2014年9月1日) 2018年5月20日閲覧。
  4. ^ (キミとどたばた)起業家・経沢香保子さん:上 娘助けてくれた恩返しを”. 朝日新聞デジタル (2018年3月10日) 2018年5月20日閲覧。
  5. ^ a b c 猪瀬聖 (2017年5月9日). “大学受験は全敗 甘え許さぬ桜蔭、育んだ自立心 経沢香保子・キッズライン社長が語る(下)”. College Cafe by NIKKEI. 2018年5月20日閲覧。(原典 - 日経電子版2017年4月3日)
  6. ^ a b c d 山内哲夫 (2012年10月29日). “「女性最年少上場」で話題のトレンダーズ 経沢香保子社長に聞く”. 東洋経済オンライン. 2018年5月20日閲覧。
  7. ^ a b 神野恵美 (2014年5月21日). “女性の起業を支援する「女性起業塾」再始動 -第1弾テーマはネットビジネス”. マイナビニュース. 2018年5月20日閲覧。
  8. ^ a b 株式会社オリエンタルホールディングス (2017年8月4日). “「女性起業塾」、尾崎友俐(おざきゆり・マネーの虎)を塾長としてオリエンタルホールディングスが再始動”. ドリームニュース. 2018年5月19日閲覧。
  9. ^ 猪瀬聖 (2017年5月2日). “「仕事は得意かも」桜蔭で落ちこぼれ、はたと気づく 経沢香保子・キッズライン社長が語る(上)” . College Cafe by NIKKEI. 2018年5月20日閲覧。(原典 - 日経電子版2017年3月27日)
  10. ^ a b 山本猛嗣 (2012年8月10日). “女性に特化して高収益企業を目指す“カリスマ女性経営者”の挑戦 トレンダーズ社長 経沢香保子”. 起業人. ダイヤモンドオンライン. p.1. 2018年5月20日閲覧。
  11. ^ a b c 私のプロフィール ー 経沢香保子の生い立ちとこれまで”. キッズライン社長 (2016年10月1日) 株式会社キッズライン. 2018年5月20日閲覧。
  12. ^ 山内哲夫 (2012年10月29日). “「女性最年少上場」で話題のトレンダーズ 経沢香保子社長に聞く”. 東洋経済オンライン. p.3. 2018年5月20日閲覧。
  13. ^ 山本猛嗣 (2012年8月10日). “女性に特化して高収益企業を目指す“カリスマ女性経営者”の挑戦 トレンダーズ社長 経沢香保子”. 起業人. ダイヤモンドオンライン. p.3. 2018年5月20日閲覧。
  14. ^ a b トレンダーズ創業者経沢香保子氏が一線を退く、化粧品事業を強化”. 美容経済新聞 (2014年6月9日) 2018年5月20日閲覧。
  15. ^ トレンダーズ、創業者の経沢社長が会長に”. 日本経済新聞 (2014年5月14日) 2018年5月20日閲覧。
  16. ^ a b 日本にベビーシッターの文化を「KIDSLINE(キッズライン)」”. Infinity Ventures Summit. vimeo. 2018年5月20日閲覧。
  17. ^ a b c 「株式会社キッズライン」へ社名変更した経緯と創業者の想い”. キッズライン社長 (2016年8月19日) 株式会社キッズライン. 2018年5月20日閲覧。
  18. ^ 第11回ベストマザー賞2018”. 日本マザーズ協会 (2018年5月10日) 2018年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]