カルビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルビー株式会社
Calbee, Inc.
Calbee logo.svg
丸の内トラストタワー本館.JPG
本社の入居する丸の内トラストタワー本館
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
東証1部 2229
2011年3月11日上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0005
東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
丸の内トラストタワー本館
設立 1949年昭和24年)4月30日
業種 食料品
法人番号 8010001133757
事業内容 スナック菓子を中心とした菓子の製造・販売、コーンフレーク等の製造・販売
代表者 代表取締役社長CEO 伊藤秀二
資本金 120億20百万円
発行済株式総数 1億3,382万1,800株
売上高 連結:2,524億20百万円
単体:1,910億30百万円
(2017年3月期)
営業利益 連結:288億41百万円
単体:256億6百万円
(2017年3月期)
経常利益 連結:286億25百万円
単体:256億45百万円
(2017年3月期)
純利益 連結:186億5百万円
単体:169億円
(2017年3月期)
純資産 連結:1,350億56百万円
単体:1,238億94百万円
(2017年3月31日現在)
総資産 連結:1,820億11百万円
単体:1,640億19百万円
(2017年3月31日現在)
従業員数 連結:3,860名
単体:1,726名
(2017年3月31日現在)
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 オランダの旗 オランダFRITO-LAY GLOBAL INVESTMENTS B.V. 20.03%
日本の旗 日本一般社団法人幹の会 17.16%
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 4.09%
日本の旗 日本鳥越製粉株式会社 1.45%
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国THE BANK OF NEW YORK, NON-TREATY JASDEC ACCOUNT 1.15%
(2017年3月末現在)
主要子会社 日本の旗 日本カルビーポテト株式会社 100.0%
日本の旗 日本スナックフード・サービス株式会社 100.0%
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Calbee North America, LLC 100.0%
大韓民国の旗 大韓民国Haitai-Calbee Co., Ltd. 50.0%
フィリピンの旗 フィリピンCalbee-URC, Inc. 50.0%
 インドネシアPT. Calbee-Wings Food 50.0%
イギリスの旗 イギリスCalbee (UK) Ltd 100.0%
(2017年3月末現在)
関係する人物 松尾孝(創業者)
松本晃(元会長兼CEO)
外部リンク http://www.calbee.co.jp/
テンプレートを表示

カルビー株式会社: Calbee, Inc.)は、日本スナック菓子メーカーである。シリアル食品(グラノーラ)なども製造・販売している。

歴史[編集]

略史[編集]

1949年昭和24年)、広島県広島市(現在の南区宇品)にて、松尾糧食工業株式会社として設立。 1955年(昭和30年)現在の会社名のカルビーに変更。カルビーは、当時の日本人に不足しているとされたカルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」を組み合わせた造語である[1][2]

1964年に発売された、瀬戸内海小海老を使った「かっぱえびせん」がヒット商品となり、カルビーの名が知られるようになる。仮面ライダーのカード付きスナック菓子や、藤谷美和子を起用した「ポテトチップス」のCMでも話題になった。1973年に本社を広島から東京に移転。

2005年には3代続いた同族経営をやめて、創業家外の社長兼CEOCIOとして、中田康雄が就任。バランスト・スコアカード(BSC)を経営に積極活用し、BSCを用いて立てた仮説を検証するために、“経営の見える化”を図った。2009年6月には米ペプシコの全額出資子会社であるジャパンフリトレーの買収を発表。「ドリトス」などトウモロコシを材料とする商品で強みを持つジャパンフリトレーを傘下に加えることで、ポテト関連商品の割合が70%を超える同社が新たに成長軌道を描くための基盤を整えた。同時にペプシコが、子会社のフリトレー・グローバル・インベストメンツ社(オランダ法人)を通じて、カルビーの株式を20%取得、大株主の一つとなった。

2009年6月24日より伊藤秀二に代表取締役社長をバトンタッチするとともに、会長兼CEOにカルビー生え抜きではなく他社トップやカルビー社外取締役を経験したいわゆる“プロ経営者”の松本晃[3][4]を迎えた。同時に社外取締役制度の強化を図り、カゴメ相談役喜岡浩二キッコーマン取締役会議長茂木友三郎一橋大学教授一條和生を招聘した。

年表[編集]

カルビー旧本社ビル(北区赤羽南一丁目)。現在はPALTAC東京支社。
カルビー広島工場東棟
カルビー広島工場西棟

             2世代目のカルビーポテト丸の竣工。

  • 2000年(平成12年):株式会社カルナックを設立。
  • 2004年(平成16年):
    • シリアル製造部門が独立し、オイシア株式会社を設立。
    • 研究開発の拠点となるR&DDEセンター(現在の研究開発本部)を設立。
  • 2005年(平成17年):滋賀工場が独立し、カルビー湖南株式会社(現在のカルビー・イートーク株式会社)を設立。
  • 2006年(平成18年):
    • 「じゃがビー」(Jagabee)を発売。
    • 旧広島工場(宇品)が閉鎖し、現広島工場(現在の広島工場東棟、廿日市市)創業。
  • 2007年(平成19年):「ポテトチップス」のベーシックラインのレギュラーサイズを従来の90gから85gに減量。参考価格は税込み145円で据え置き。
  • 2009年(平成21年):ペプシコと業務・資本提携を締結、ペプシコがカルビーの発行済み株式を20%取得し、カルビーがジャパンフリトレーを完全子会社化する[6]
  • 2010年(平成22年):本社を現在地(丸の内トラストタワー本館)に移転[7]。旧本社屋はその後、吉野家ホールディングスの本社として2016年1月まで使用されたのち、同年11月よりPALTAC東京支社となっている。また、2008年11月より「ポテトチップス」のレギュラーサイズが158円(85g、税込参考価格)となっていたが、値下げされ148円となった。
  • 2011年(平成23年):
    • 東京証券取引所第1部に株式上場。
    • 東日本大震災の影響による生産工場の被災と発生直後の自粛ムードで「ポテトチップス」を一時、価格据え置きで85gから70gに減量。
  • 2012年(平成24年):世界最大のポテトチップス(501kg)を作成し、ギネス世界記録に認定。
  • 2013年(平成25年):2004年に独立させたオイシア株式会社を吸収合併。
  • 2015年(平成27年):秋、同社初となる筒入り型「ポテトチップス クリスプ」を発売[8]

運送[編集]

北海道の1300のジャガイモ畑と契約しており、専用の運搬船「ポテト丸」(現在運用されているのは2017年に就航した2代目)や、トラック鉄道貨物で本州等の工場へと運搬される[9][10]

工場[編集]

直営店[11][編集]

  • Calbee+(カルビープラス):アンテナショップ
  • Yesterday's tomorrow(イェスタディズ・トゥモロー):日本各地の菓子メーカー約120社の製品を販売[12]
  • その他:

CI[編集]

現在(2006年〜)のコーポレートメッセージは、「掘りだそう、自然の力。

1976年から2005年までは「健康とまごころをお届けする。」だったという(当時の提供番組であった「おはよう!ナイスディ」「青春ファンタジア 菊池桃子 あなたと星の上で」の提供企業紹介で読まれていた)。

商品一覧[編集]

  • かっぱえびせん
  • ポテトチップス:地域限定商品を含めると年間で約200種類が販売されている[13]
    1983年発売。カルビー初の厚切りウェーブカット。
    • エスニカン
    1986年〜1993年に発売。当時の激辛ブームに乗せて発売。2018年3月12日から復刻版を発売(5月下旬までの期間限定発売の予定)[14]
    • グリルビーフ
    1987年〜1993年に発売。2018年3月12日から復刻版を発売(5月下旬までの期間限定発売の予定)[14]
    • お好み焼きチップス
    1989年〜1993年に発売。前身は「OKONOMI CHIPS」。2018年3月12日から復刻版を発売(5月下旬までの期間限定発売の予定)[14]
    • ポテリッチ こだわりの黒こしょう味
    お酒のつまみに合うポテトチップスをローソンで2012年3月20日に限定で発売。
    • ポテトチップス 贅沢バニラ
    冷やして食べるとうまいポテトチップスがコンビニで2012年4月16日に、コンビニ以外では4月30日に期間限定で発売。
    • 堅あげポテト
    昔ながらの釜揚げ製法で製造された厚切りにして堅めの食感を持ったオールドスタイルのポテトチップス。
    • 極ぎゃが(きわじゃが)
    3.5ミリメートルと厚めにカット。2017年発売[15]
    • 地元チップス[16]
  • サッポロポテト
  • じゃがりこ
  • Jagabee
  • じゃがポックル(地域限定)
  • 野菜スナック(サッポロポテトつぶつぶベジタブル、さやえんどう、ベジたべる、ベジップスなど)
  • フルグラ(フルーツグラノーラ
    • フルグラ くるみ&メープルシロップ味(2015年10月12日発売、2015年度秋・冬限定販売)[17]
  • Oh! おつまみ
  • カード付きスナック・ポテトチップス
    1999年に復刻版として「仮面ライダーチップス」が発売される。第2弾カードにレアカードが続出、オークションで高値売買される。
    • 仮面ライダーV3スナック
    仮面ライダー放送終了後に後継商品として発売された、後に発売されるおさつクッキーと同じ物を採用。
    ※この3つの商品は、トレーディングカードがおまけに必ず付いてくることで人気のロングセラー商品。当たり(=ラッキーカード)が出ると、当たり1枚でカードを収納するアルバム、2枚で全選手サイン入りカードが貰える。
    • ドラえもんチップス
    • 忍者ハットリくんチップス
    • パーマンチップス
    • ドラハッパーチップス
    • 5きげんチップス(ドラえもん、忍者ハットリくん、パーマン、オバケのQ太郎、プロゴルファー猿の5作品)
    ※この5つの商品もカード付きで当たりが出るとカードアルバムが貰える。1980年代前半の藤子不二雄劇場の放送に合わせて発売された。なお、ドラえもんチップスは2014年に再発売された。
  • コラボ商品

提供番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

など多数。

またかつてのTBSラジオの時報スポンサーとして有名である。

CM出演者(過去の出演者も含む)[編集]

一部出演者のみ掲載

ポテトチップス[編集]

かっぱえびせん[編集]

じゃがりこ[編集]

じゃがビー[編集]

おさつスナック[編集]

その他[編集]

関連子会社[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 沿革|カルビー株式会社
  2. ^ 本間之英『誰かに教えたくなる「社名」の由来』講談社+α文庫
  3. ^ 松本晃インタビュー「会社は勉強の場ではない」『日本経済新聞』ネット版(2017年4月11日)
  4. ^ カルビー、なぜフルグラ大ヒット?透ける経営改革と「脱ポテト王」、世界企業への脱皮ビジネスジャーナル(2014年3月1日)
  5. ^ 北海道内販売分は内容量100gであった
  6. ^ かっぱえびせんのカルビー、ペプシと提携 Yomiuri Online・2009年6月24日
  7. ^ カルビー、本社を移転 日本食糧新聞社・2010年1月8日
  8. ^ カルビー:筒入りポテチ参入 年間100億円目指す 毎日新聞・2015年3月24日
  9. ^ ありえへん∞世界 テレビ東京 2018年1月16日放送
  10. ^ ジャガイモ輸送コンテナ船『ポテト丸』 カルビー株式会社
  11. ^ カルビー直営店
  12. ^ 「Yesterday’s tomorrow」1号店を10月28日オープンカルビー・プレスリリース(2017年10月27日)
  13. ^ 【ジュニアプレス】ポテチ ご当地の味開発/カルビー 地元の人に試食依頼『読売新聞』夕刊2018年3月10日
  14. ^ a b c あの煌めきを再び!バブル期の人気商品3品を復刻!ポテトチップス「エスニカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」を発売バブル気分を味わえるグッズが当たるプレゼントキャンペーンも実施、カルビー、2018年3月7日。
  15. ^ 開発のプロが食感を探求してたどり着いた“極みカット”『極(きわ)じゃが 焼きしお味』新発売!カルビー・ニュースリリース(2017年7月12日)
  16. ^ ポテトチップス47都道府県の味誕生!
  17. ^ 秋冬限定クルミ入り「フルグラ」 カルビー”. 朝日新聞 (2015年10月11日). 2015年10月13日閲覧。
  18. ^ 一部広告専門マスコミ通信社向け配信サイトからの情報で「カルビー広告戦略見直しで2014年10月以降はスポット広告重視に」という記事を受けて
  19. ^ 【カルビー ポテトチップス】の秘密(男の浪漫伝説 Vol.61) |ドリームメール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]