穴井隆将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
穴井 隆将
2010 World Judo Championships - Takamasa Anai.JPG
基本情報
ラテン文字 Takamasa Anai
日本の旗 日本
出生地 大分県大分市
生年月日 (1984-08-05) 1984年8月5日(33歳)
身長 187cm
選手情報
階級 男子100kg級
所属 天理大学職員
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
2010 東京 100kg級
2009 ロッテルダム 100kg級
ワールドマスターズ
2010 水原 100kg級
2012 アルマトイ 100kg級
グランドスラム
2009 パリ 100kg級
2010 東京 100kg級
2011 リオ 100kg級
2009 東京 100kg級
2010 リオ 100kg級
2011 東京 100kg級
2010 モスクワ 100kg級
アジア大会
2010 広州 100kg級
アジア柔道選手権
2005 タシュケント 100kg級
2007 クウェート 100kg級
テンプレートを表示

穴井 隆将(あない たかまさ 1984年8月5日 - )は、大分県大分市出身[1]柔道家。段位は四段。得意技は内股大外刈[2][3]。妹の穴井さやかも柔道家で、2008年の世界団体柔道には共に出場している[4]。現在は天理大学柔道部の監督を務めている[5]

経歴[編集]

5歳の時に地元の秀鋭館道場で柔道を始めた[3]山中圏一(1965年リオデジャネイロ世界柔道選手権準優勝)の指導で、全国中学校柔道大会個人戦(78kg級)で優勝し、奈良県の天理高等学校へ進学。高校1年の頃から団体戦のレギュラーとしてエース級の活躍をし、高校2年の時にインターハイ個人戦(100kg級)で優勝した[3]。天理高等学校卒業後は天理大学へ進学し、数々の学生タイトルや国内タイトルを獲得した。現在は天理大学職員を務める[3]

階級が100kg級であったため、井上康生鈴木桂治の壁が厚くなかなか破ることが出来なかった。そのため、長い間、世界柔道選手権オリンピックの代表になれなかった[3]2009年2月にフランス国際柔道大会[6]ドイツ国際柔道大会[7]を制した後、4月7日の全日本選抜柔道体重別選手権大会100kg級で優勝し、初の世界柔道選手権大会の代表の座を勝ち取った[8]4月29日全日本柔道選手権では準々決勝では鈴木桂治に一本勝ちし[9]、決勝では棟田康幸を判定で破り初優勝を果たした[10]。初出場となった世界選手権では金メダル確実と言われながらも、準決勝で不覚をとり銅メダルに終わった[3]

2010年9月に東京で開催された世界選手権では1,2回戦を一本勝ち、3回戦で指導3勝ちすると準々決勝でも終盤大外刈で一本勝ちを収め、続く準決勝ではキューバのオレイディス・デスパイネの裏投げで有効を奪われるも反撃して指導2を取り返してポイントで並び、GSに突入後に内股一本を決め、決勝ではオランダのヘンク・フロルを攻め込み指導2(有効ポイント)を奪って優勢勝ちし、優勝を果たした[11]。 12月にはグランドスラム・東京でも優勝を飾る[12]

2011年8月にパリで開催された世界選手権では2連覇を目指したものの、3回戦で敗れメダルを獲得できずに終わった[13]

2012年5月の体重別ではオール一本勝ちで優勝を果たしてロンドンオリンピック代表に選出された[14]。8月2日のロンドンオリンピック柔道競技6日目の男子100kg級に出場。1回戦ではジェームズ・オースティンイギリスの旗 イギリス)に優勢勝ちしたが、2回戦では格下のルカシュ・クルパレク チェコ)の押え込みで一本負けを喫し敗退してしまった[15][16]

11月には強化選手の辞退届を全柔連に提出して第一線から退くことになった。ただ、全日本選手権の予選には出場の可能性があるという[17]

2013年4月からは天理大学柔道部の副監督に就任するとともに奈良教育大学大学院にも進学[18]

現役最後の試合となった全日本選手権では準々決勝で旭化成百瀬優を指導3で下すと[19]、準決勝ではJRA石井竜太を開始僅か14秒の体落で一本勝ち[20]、決勝でも日本大学原沢久喜を指導2で破り[21]、今大会4年ぶり2度目の優勝を飾った[21][22]

2013年8月には、選手の意見を組織運営に反映させる目的で全柔連が新設したアスリート委員会の委員に選出された[23]

2014年4月1日付で天理大学柔道部の監督に就任し[5]、同年9月には東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が設置したアスリート委員会の委員に選定された[24]

現在、柔道大会のテレビ中継では解説者を務めることも多くなっている。

世界ランキング[編集]

  • 世界ランキングの年度別変遷
2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
順位 1 1 1 18 75

(出典[3]JudoInside.com)。

主な優勝大会[編集]

(出典[3]JudoInside.com)。

戦績[編集]

(出典[3]JudoInside.com)。

有力選手との対戦成績[編集]

対戦成績
国籍 選手名 内容
オランダの旗 ヘンク・フロル 2勝
ウズベキスタンの旗 マクシム・ラコフ 2勝1敗
モンゴルの旗 ナイダン・ツブシンバヤル 2勝
大韓民国の旗 黄禧太 1勝3敗
イスラエルの旗 アリエル・ゼエビ 4勝
チェコの旗 ルカシュ・クルパレク 3勝1敗

(参考資料:ベースボールマガジン社発行の近代柔道バックナンバー、JudoInside.comなど)。

作品[編集]

DVD[編集]

  • 世界柔道選手権覇者 穴井隆将の稽古指導(2015年、ティアンドエイチ)[25]

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「全力の全で。すべてをまっとうする」-穴井隆将”. プレジデント (2015年1月23日). 2018年3月11日閲覧。
  2. ^ フランス国際柔道・選手プロフィール”. テレビ東京. 2018年3月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 「柔道全日本強化選手名鑑 2012」近代柔道 ベースボールマガジン社、2012年4月号
  4. ^ “【世界団体柔道】(中)兄妹で世界へ挑む 穴井隆将、さやか”. 産経新聞. (2008年10月1日). オリジナル2009年5月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090502181156/http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/081001/mrt0810012219004-n1.htm 
  5. ^ a b “天理大柔道部監督に穴井氏”. 日本経済新聞. (2014年5月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKF0792_T20C14A5000000/ 
  6. ^ “穴井隆将が優勝、小野卓志は2位…フランス国際柔道”. 夕刊フジ. (2009年2月9日). オリジナル2016年3月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160305093135/http://www.zakzak.co.jp/spo/200902/s2009020905_all.html 
  7. ^ “穴井、渡辺が優勝/柔道”. 日刊スポーツ. (2009年2月23日). https://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20090223-463955.html 
  8. ^ 全日本選抜柔道体重別 穴井隆将4年ぶり2度目のV”. 天理大学 (2009年4月7日). 2018年3月11日閲覧。
  9. ^ “穴井がV!内柴はまさかの初戦、鈴木も敗退”. スポーツニッポン. (2009年4月29日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2009/04/29/kiji/K20090429Z00000630.html 
  10. ^ “穴井初V、棟田場外に叩きつけた/柔道”. 日刊スポーツ. (2009年4月30日). http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20090430-488889.html 
  11. ^ “穴井が100キロ級で優勝!/世界柔道”. 日刊スポーツ. (2010年9月9日). http://www.nikkansports.com/sports/sekai-judo/2010/news/f-sp-tp0-20100909-676205.html 
  12. ^ “穴井が優勝、上川は敗退 柔道グランドスラム”. 日本経済新聞. (2010年12月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKB0540_T11C10A2000000/ 
  13. ^ “日本尻すぼみ…男子重量級惨敗/世界柔道”. 日刊スポーツ. (2011年8月28日). https://www.nikkansports.com/sports/judo/sekai-judo/2011/news/f-sp-tp0-20110828-826334.html 
  14. ^ “オール一本で4連覇!穴井 五輪金へ「通過点をしっかり通過した」”. スポーツニッポン. (2012年5月13日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/05/13/kiji/K20120513003244400.html 
  15. ^ “穴井、2回戦で一本負け/柔道”. 日刊スポーツ. (2012年8月2日). http://london2012.nikkansports.com/judo/news/f-sp-tp0-20120802-994065.html 
  16. ^ “五輪=柔道100キロ級の穴井が2回戦敗退、男子は金なしの危機”. ロイター. (2012年8月3日). https://jp.reuters.com/article/tk0865164-oly-judo-anai-defeated-idJPTYE87106X20120802 
  17. ^ “穴井、第一線から引退へ=全柔連に強化選手辞退届-柔道男子”. 時事通信. (2012年11月11日). オリジナル2013年4月26日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/ev0M6 
  18. ^ 「カッコいいでしょ」-穴井隆将”. プレジデント (2013年5月3日). 2018年3月11日閲覧。
  19. ^ eJudo (2013-06-06). 全日本柔道選手権マッチレポート 準々決勝~決勝 1/3 (Report). http://www.ejudo.info/newstopics/001266.html. 
  20. ^ “引退宣言の穴井が有終V「楽しかった」”. デイリースポーツ. (2013年4月30日). https://www.daily.co.jp/general/2013/04/30/1p_0005941466.shtml 
  21. ^ a b eJudo (2013-06-06). 全日本柔道選手権マッチレポート 準々決勝~決勝 3/3 (Report). http://www.ejudo.info/newstopics/001266.html. 
  22. ^ “【柔道】 穴井、2度目Vで有終 日本選手権”. 産経新聞. (2013年4月29日). オリジナル2013年4月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130430010118/http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130429/mrt13042917420002-n1.htm 
  23. ^ “全柔連アスリート委発足 鈴木、穴井、福見氏ら男女6人ずつ”. スポーツニッポン. (2013年8月2日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/08/02/kiji/K20130802006343710.html 
  24. ^ “アスリート委員会設置=鈴木大地氏ら21人-東京五輪”. 時事通信. (2014年9月12日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014091200896 [リンク切れ]
  25. ^ 世界柔道選手権覇者 穴井隆将の稽古指導”. ティアンドエイチ. 2018年3月11日閲覧。
  26. ^ “今井美樹ベスト盤CMに元アスリート再登場”. オリコン. (2015年9月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2059345/full/ 

外部リンク[編集]