1975年世界柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1975年世界柔道選手権大会(第9回世界柔道選手権大会)はオーストリアウィーンのウィーン市民ホールで1975年10月23日から10月25日まで開催された。

大会概要[編集]

前回大会までは予選で一度敗れても敗者復活戦を勝ち上がれば優勝できるシステムとなっていた。その後、このシステムに対して疑問が投げかけられたことで、1975年にIJFは途中で負けた選手は最高でも3位にまでしかなれないようにルール改正を行い、今大会からさっそく施行されることになった。また、今大会より有効と効果ポイントが導入された[1]

メダリスト[編集]

男子[編集]

階級
63kg以下級 日本の旗 南喜陽 日本の旗 柏崎克彦 イタリアの旗 フェリーチェ・マリアーニ
東ドイツの旗 トルステン・ライスマン
70kg以下級 ソビエト連邦の旗 ウラジミール・ネフゾロフ ソビエト連邦の旗 ワレリー・ドボイニコフ 日本の旗 秋本勝則
日本の旗 蔵本孝二
80kg以下級 日本の旗 藤猪省三 日本の旗 原吉実 ポーランドの旗 アダム・アダムチク
フランスの旗 ジャン=ポール・コシュ
93kg以下級 フランスの旗 ジャン=リュック・ルージェ 日本の旗 石橋道紀 ソビエト連邦の旗 ビクトル・ベタノフ
ソビエト連邦の旗 ラマズ・ハルシラーゼ
93kg超級 日本の旗 遠藤純男 ソビエト連邦の旗 セルゲイ・ノヴィコフ 朝鮮民主主義人民共和国の旗 パク・チョンキル
 日本の旗 高木長之助
無差別級 日本の旗 上村春樹 日本の旗 二宮和弘 ソビエト連邦の旗 ショータ・チョチョシビリ
東ドイツの旗 ディートマー・ローレンツ

各国メダル数[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 4 4 3 11
2 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1 2 3 6
3 フランスの旗 フランス 1 0 1 2
4 東ドイツの旗 東ドイツ 0 0 2 2
5 イタリアの旗 イタリア 0 0 1 1
ポーランドの旗 ポーランド 0 0 1 1
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 0 0 1 1

日本人選手の成績[編集]

男子[編集]

軽量級   南喜陽  金メダル
軽量級   柏崎克彦  銀メダル
軽中量級   秋本勝則  銅メダル
軽中量級   蔵本孝二  銅メダル
中量級   藤猪省三  金メダル
中量級   原吉実  銀メダル
軽重量級   石橋道紀  銀メダル
軽重量級   岩田久和  4回戦敗退
重量級   遠藤純男  金メダル
重量級   高木長之助  銅メダル
無差別   上村春樹  金メダル
無差別   二宮和弘  銀メダル

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]