2018年世界柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

2018年世界柔道選手権大会(第36回世界柔道選手権大会)は、2018年9月20日27日アゼルバイジャンバクーで開催予定の柔道の世界選手権。無差別を除いた男女7階級の個人戦と男女混合の団体戦が実施される。アゼルバイジャンでは初めての世界選手権開催となる[1][2][3]

大会概要[編集]

正式名称 世界柔道選手権2018バクー大会

英語: World Judo Championships 2018 BAKU

フランス語: Championnats du monde de judo 2018 BAKU

開催場所
主催 国際柔道連盟
開催日程 9月20日 男子60kg級、女子48kg級
21日 男子66kg級、女子52kg級
22日 男子73kg級、女子57kg級
23日 男子81kg級、女子63kg級
24日 男子90kg級、女子70kg級
25日 男子100kg級、女子78kg級
26日 男子100kg超級、女子78kg超級
27日 男女混合団体戦

大会結果[編集]

男子[編集]

女子[編集]

国別団体戦[編集]

メダル数[編集]

日本人選手の成績[編集]

男子[編集]

60kg級   高藤直寿 
60kg級   永山竜樹 
66kg級   阿部一二三 
73kg級   橋本壮市 
81kg級   藤原崇太郎 
90kg級   長澤憲大 
100kg級   ウルフ・アロン 
100kg超級   原沢久喜 
100kg超級   小川雄勢 

女子[編集]

48kg級   渡名喜風南 
52kg級   志々目愛 
52kg級   阿部詩 
57kg級   芳田司 
63kg級   田代未来 
70kg級   大野陽子 
70kg級   新井千鶴 
78kg級   濵田尚里 
78kg超級   朝比奈沙羅 

(出典[4]JudoInside.com)。

今大会での新ルール適用について[編集]

2018年1月のグランプリ・チュニスから東京オリンピックが開催される2020年まで、国際大会において新たなIJF試合審判規定が導入されることになった。但し、今大会後にルールが再修正される余地が残された。なお、この試合審判規定は以下のような特徴を有する[5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15]

  • 試合時間は男女とも4分とする。男子は2016年まで5分だったが、東京オリンピックでの男女混合団体戦の採用に伴い、試合時間を女子に合わせることに決めた。
  • 技の評価は一本と技ありのみにする。よって有効は廃止される。(一本の基準は、相当な勢いとはずみを伴いながら相手の背を畳に付けること。間断なく転がしたローリングの場合は一本とみなす)。2017年に技あり合わせて一本が暫定的に廃止されたが、2018年からは復活することになった。技ありには従来の有効相当の判断も含まれる(両手か両肘を付いて着地した場合や、片肘や膝、尻などを着いた直後に背中が着いた場合も技ありとみなされる。さらには、肘と手で着地した場合も技ありが付与される)。
  • 抑え込みは15秒で技ありだったが、10秒とする。一本は従来とおり20秒。
  • 従来は指導4まで積み重なると反則負けになったが、それが指導3までに変更される。
  • 本戦のみならず、GSにおいても技のポイントのみで勝敗が決せられる。そのため、従来のように指導差での勝利は認められない(但し、本戦GSを問わず指導3まで積み重なった場合は反則負けとなる)。
  • 下半身に手や腕が触れる行為は従来一発で反則負けを与えられていたが、他の反則同様指導1に変更される。
  • 標準的でない変則組み手(クロスグリップやピストルグリップ、片襟や帯を掴む組み手など)になった場合、即座に攻撃しなければ指導を与えられる。
  • 攻撃を試みなかったり防御に徹するなど、柔道精神に反する消極的な姿勢が見られた場合は指導が与えられる。
  • 投げられた際にポイントになるのを避けようとしてブリッジの姿勢になった場合は一本とみなされる。また、投げられた際に頭部を使って逃れようとした場合は反則負けが与えられる(背負落もしくは膝付きの背負投、両袖からの袖釣込腰、両襟からの腰車の場合はこの限りでない)。
  • 立ち姿勢での絞め技や関節技は認められなくなった(飛び十字は認められない。その一方で、巴十字は認められる)。
  • 返し技において、畳に着地した際の衝撃を利用して返し技を仕掛けることは認められない。先に畳に背を付けてから返し技を繰り出してもポイントにはならない。
  • 攻防を伴った寝技から立ち技への移行が認められることになった。以前はこのような状況では待てがかかっていた。寝技から立ち技に移行した際に下半身に触れていた場合、指導は与えられず待てが掛かる。
  • 時間稼ぎが目的で柔道衣もしくは帯を乱したと認められた選手には指導が与えられる。
  • 両者反則負けが導入されることになった(決勝で両者反則負けが言い渡された場合はともに2位、3位決定戦ではともに5位、準々決勝以前では両者失格となる)
  • 主審に大きなミスが認められない限り、ジュリーやスーパーバイザーはできる限り判定に介入しない。

備考[編集]

イスラエルの選手がヨム・キプル(9月18日-19日) により大会に参加できなくなるのを避けるために、当初の大会開始日を4日ほど遅らせることになった[16][17]

脚注[編集]

外部リンク[編集]