ハン・ミジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
世界団体
2018 バクー 70kg超級

ハン・ミジン(Han Mi-Jin、 1995年8月2日- )は韓国柔道選手。階級は78kg超級[1][2]

経歴[編集]

2013年のアジアジュニア78kg超級で3位になった[2]。2014年の世界ジュニア個人戦では5位だったが、団体戦では3位になった[2]。2015年の世界ジュニアでは準決勝で冨田若春崩上四方固で敗れて3位だった[2]。2016年から東アジア選手権で2連覇した[2]。2017年のグランプリ・フフホトIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った [3]。2018年の世界選手権では3回戦で朝比奈沙羅に合技で敗れた[1]世界団体では韓国と北朝鮮の合同チームの一員として、準決勝の日本戦で素根輝と対戦するも袖釣込腰で敗れたが、3位決定戦でドイツを破ってチームは3位になった[1][4]。2019年のアジアパシフィック選手権では決勝で同僚の金珉程に敗れて2位だった[1]ユニバーシアードの70kg超級では決勝で秋場麻優に反則勝ちして優勝したが、無差別では決勝で秋葉に反則負けして2位だった。団体戦では3位となった。

IJF世界ランキングは1232ポイント獲得で29位(2019年7月8日現在)[5]

主な戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]