渡名喜風南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡名喜 風南
基本情報
ラテン文字 TONAKI Fŭna
原語表記 となき ふうな
日本の旗 日本
出生地 神奈川県相模原市緑区
生年月日 (1995-08-01) 1995年8月1日(23歳)
身長 148cm
選手情報
階級 48kg級
所属 パーク24
段位 3段
世界ランキング 2位
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界柔道選手権
2017 ブダペスト 48kg級
2018 バクー 48kg級
ワールドマスターズ
2017 サンクトペテルブルク 48kg級
グランドスラム
2016 チュメニ 48kg級
2018 大阪 48㎏級
2019 デュッセルドルフ 48kg級
2016 東京 48kg級
2017 東京 48kg級
ユニバーシアード
2015 光州 48kg級
世界ジュニア
2015 アブダビ 48kg級
アジアジュニア
2013 海南島 48kg級
2018年9月21日現在
テンプレートを表示

渡名喜 風南(となき ふうな、1995年8月1日 - )は、神奈川県相模原市緑区出身の日本柔道家(両親が沖縄県出身)。階級は48kg級。身長148cm。バスト94cm。リーチ153cm。握力は右30kg、左30kg。血液型はO型。段位は参段。組み手は左組み。得意技は足技寝技。4人姉妹の末妹[1][2][3][4][5][6]。現在はパーク24所属[7]

経歴[編集]

父親が格闘技好きだったことから幼い頃より一緒によくK-1などの格闘技をテレビで見ていた。とりわけミルコ・クロコップのファンだった。それで相原小学校3年の時に空手の道場に見学へ行ったものの、あまり面白そうではなく自分のやりたいことはこれではないと思った、次に柔道の相武館吉田道場を見学すると、自分のやりたいことはこれだと思い柔道を始めることになった[1][3][8]。また、柔道を始めるにあたっては谷亮子の影響も受けたという[4]。所属していた相武館吉田道場の1年先輩には田代未来、同期には芳田司内尾真子がいた。小学生の時はボーイッシュな出で立ちをよく男子にからかわれたが、「けんかっ早い少女」だったこともあって立ち向かって行き、「勝つまでやめなかった」という[5]相原中学2年の時に県大会決勝で1つ上の姉を破って全国中学校柔道大会44kg級に出場するものの2回戦で敗れた[1]近代柔道杯では芳田や内尾とともに活躍して優勝を飾った[9]。中学の時は寝技の練習に力を入れたが、それが後に武器ともなった[3]

修徳高校へ進むと、谷亮子のライバルだった北田佳世の指導を受けることになった[3]。2年の時に全日本ジュニア48kg級で3位になった[1]。3年の時には学校の1年後輩で前年のインターハイで3位になった高橋瑠衣を東京予選で破ってインターハイに出場して決勝まで勝ち進むものの、大成高校3年の近藤亜美に技ありで敗れた[4]。全日本ジュニアでも決勝まで進むが、山梨学院大学2年の山崎珠美小外掛で敗れた[1]アジアジュニアでは優勝を飾った[1]

2014年に帝京大学の医療技術学部スポーツ医療学科へ入学すると、当初は高校時代のように勝てなくなり自信が揺らいできた[10]。そんな時に「死ぬこと以外はかすり傷」という台詞に感銘を受けたことがきっかけで気持ちも楽になり、自信を取り戻した[3]。1年の時には10月の体重別団体決勝で山崎と対戦するが、合技で敗れてチームも2位にとどまった。11月の講道館杯では決勝まで進むと、元世界チャンピオンであるコマツ浅見八瑠奈と対戦して、GSまでもつれこむ健闘を見せるものの、指導を与えられて敗れた。2015年1月のヨーロッパオープン・ソフィアでは2位となった[1]

2年になると、6月にはグランプリ・ブダペストに出場して初戦でロンドンオリンピック銅メダリストである地元ハンガリーのチェルノビツキ・エーヴァを合技で破るなどして決勝まで進むも、世界2位であるアルゼンチンのパウラ・パレトに有効で敗れて2位だった[11]。7月のユニバーシアードでは3回戦で地元韓国の鄭普涇に技ありで敗れるが、敗者復活戦を勝ち上がって3位になった[12]。9月の全日本ジュニアでは準決勝で埼玉栄高校3年の常見海琴大腰で敗れて3位だったものの、常見とともに世界ジュニア代表に選ばれた[1]。10月の学生体重別では準々決勝で仙台大学2年の渡辺愛実に背負投で敗れて5位に終わった[1]。続く世界ジュニアでは3回戦でポルトガルのジョアナ・ディオゴと対戦すると、得意なはずの寝技で抑えこまれるも残り後1秒で一本というところを何とか逃れて技ありで食い止めると、その後横四方固で逆転勝ちした。決勝では常見を準決勝で破ったスロベニアのマルシャ・シュタンガルを崩上四方固で破るなど、結果として5試合全てを寝技で一本勝ちして優勝を飾った[13][14]。この時は左肘をケガしていたので寝技主体の戦いを強いられる格好となったが、その状態でも勝てたことで、ケガを直せばさらに上を目指せるとの自信も芽生えた[3]。11月の講道館杯では決勝で山崎を有効で破り初優勝を飾った[8]。続くグランプリ・青島では決勝で元世界チャンピオンで世界ランキング1位でもあるモンゴルのムンフバット・ウランツェツェグに一本勝ちしてIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[15]。12月のグランドスラム・東京では2回戦でムンフバットに指導1で敗れた[16]

3年の時には4月の選抜体重別初戦で綜合警備保障遠藤宏美に指導1で敗れた。アジア選手権では準決勝でカザフスタンのオトゴンツェツェグ・ガルバドラフに技ありで敗れて3位だった[17]。7月のグランドスラム・チュメニでは決勝で地元ロシアのナタリヤ・コンドラティエワと対戦すると、GSに入ってから崩上四方固で一本勝ちして優勝を飾った[18][19]。10月の学生体重別では準決勝で国士舘大学4年の岡本理帆に払腰の技ありで敗れて3位だった[20]。11月の講道館杯では決勝でA-LINEの森崎由理江小外掛で破ったのを始めオール一本勝ちで2連覇を飾った。リオデジャネイロオリンピックを見て投げ技があまり出てないことに疑問を感じて、「見ている人は大技の方が楽しいはず」と大技を繰り出せるように練習を行ってきたという[21][22]。12月のグランドスラム・東京では準々決勝で近藤亜美を技ありで破るも、準決勝でムンフバットに指導1で敗れて3位だった[23]。2017年2月のグランプリ・デュッセルドルフでは得意の寝技を軸に決勝まで進むと、フランスのメラニー・クレマンを開始早々の横四方固で破るなど全試合を一本勝ちして優勝を飾った[24]

4年の時には4月の体重別準決勝でひらまつ病院の岡本理帆に反則勝ちすると、決勝で近藤との対戦になり、GSを含めて8分近い戦いの末に大外刈で一本負けして2位に終わった[25]。しかしながら、国際大会での実績が考慮されて近藤とともに世界選手権代表に決まった[26]。5月のアジア選手権では準決勝でガルバドラフに敗れると、3位決定戦でも韓国のカン・ユジョンに終了間際に逆転負けを喫して5位に終わった[27]。8月の世界選手権を前にして、「自分の力を出し切れば勝てると思う」と語っていた。その3回戦では大学の同級生であるブラジルの小山亜利沙と対戦すると、技ありを先取されるもすぐに抑え込みで技ありを取り返すと、GSに入ってから技ありを取って勝利した。その後の準決勝ではガルバドラフをGSにおいて技ありで破ると、決勝ではムンフバットを小外刈の技ありで破って、小学生の時から追い続けてきた同い年の近藤と同じく世界チャンピオンとなった。なお、2015年と2016年のグランドスラム東京でも小外刈でムンフバットを投げていたが、その際にはポイントを取ってもらえなかった。後にこの一戦を、「粘り強さは日本人の強み。最後まで諦めずに戦えた」と振り返った。また、試合後のインタビューでは「今まで優勝しても泣くほどではなかったが、涙が出た。すごくうれしい」「勝っておごらず、常に挑戦者の気持ちで。東京五輪で優勝したい」とコメントした[5][28][29][30]。10月の体重別団体では初戦の龍谷大学戦で引き分けるとチームも敗れた[31]。12月のグランドスラム・東京では準々決勝で近藤に袈裟固で一本負けするも、その後の3位決定戦で遠藤を横四方固で破って3位になった[32]。続くワールドマスターズでは準々決勝で小山に指導2で勝つなどして決勝まで進むと、地元ロシアのイリーナ・ドルゴワをGS含めて9分以上の戦いの末に袈裟固めで破って優勝した[33][34]。2018年2月のグランドスラム・パリでは準決勝でヨーロッパチャンピオンであるウクライナのダリア・ビロディド大内刈で敗れると、3位決定戦でもムンフバット相手に指導2でリードしながら、唇を切ったことで止血に当たるため3度も畳を離れたことで、規定により反則負けを与えられて5位にとどまった。しかしながら、大会後の世界ランキングではこの階級の日本選手として2012年8月までトップだった福見友子以来5年半ぶりに1位となった[35][36][37]

2018年4月からはパーク24所属となった[1]。体重別では準決勝で自衛隊体育学校の山崎珠美に小外刈の技ありで敗れて3位だった。この際に、「気持ちと体がついていかなかった」「組み手が雑という課題に正面から向き合いたい」とコメントした。なお、世界選手権代表には選ばれた[38][39]。7月のグランプリ・ザグレブでは準決勝でビロディドの小内刈に両手で尻もちを付いてしまったため、新ルールの規定により技ありを取られて3位に終わった[40][41]。試合後には次のように語った。「私が負けた選手は、17歳で170cmと長身の可愛い顔の子で、今のところ柔道も容姿も負けているので柔道だけは負けないように頑張ります。」[42]。9月の世界選手権では準決勝でムンフバットに袖釣込腰で技ありを先取されるも、終盤に相手の掛け逃げにより逆転の反則勝ちを収めるが、決勝ではビロディドに大内刈で敗れて2連覇はならなかった。試合後には、「やってきたことが少ししか出せなかった。悔しい限り」とコメントした。なお、女子代表監督の増地克之は、「ビロディドを倒さない限り、(東京オリンピックでの)金メダルはない。2年間で金を取れる選手を育てたい」と語った[43][44]。11月のグランドスラム・大阪では準決勝で遠藤に反則勝ちすると、決勝で寝技師のムンフバットを横四方固で破って優勝した[45][46]

2019年2月のグランドスラム・デュッセルドルフでは決勝でカン・ユジョン引込返で破ったのを始めオール一本勝ちで優勝を飾った。試合後には、「安定して勝っていかないと、(代表)選考にも選ばれないと思っている。全試合一本勝ちで優勝できて良かった。しっかり相手を見ることができた」とコメントした[47][48][49]。4月の体重別は左膝内側靱帯損傷により出場を回避することになったが、世界選手権代表に選出された[50][51]

世界ランキング[編集]

IJF世界ランキングは6206ポイント獲得で、2位(19/4/22現在)[52]

  • 世界ランキングの年度別変遷
2015年 2016年 2017年 2018年
順位 31 12 2 3

(出典[1]JudoInside.com)。

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

有力選手との対戦成績[編集]

(2018年12月現在)

対戦成績
国籍 選手名 内容
日本の旗 浅見八瑠奈 1敗
日本の旗 近藤亜美 1勝3敗
モンゴルの旗 ムンフバット・ウランツェツェグ 4勝3敗
カザフスタンの旗 オトゴンツェツェグ・ガルバドラフ 2勝2敗
大韓民国の旗 鄭普涇 1勝1敗
ウクライナの旗 ダリア・ビロディド 3敗
アルゼンチンの旗 パウラ・パレト 1敗

(参考資料:ベースボールマガジン社発行の近代柔道バックナンバー、JudoInside.com等)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「柔道全日本強化選手名鑑 2019」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年4月号
  2. ^ 選手一覧
  3. ^ a b c d e f 「解体新書 渡名喜風南」近代柔道 ベースボールマガジン社、2017年3月号 28-31頁
  4. ^ a b c 沖縄に届く活躍を 柔道準V渡名喜さん、目標は「世界一」 47NEWS 2013年8月11日
  5. ^ a b c 渡名喜(となき) 風南(ふうな)さん
  6. ^ 渡名喜風南選手 特別昇段”. 講道館. 2017年12月28日閲覧。
  7. ^ 柔道48キロ代表渡名喜風南、来春からパーク24へ 日刊スポーツ
  8. ^ a b 柔道女子48キロ級“ミルコ女子”渡名喜が初V 東京スポーツ 2015年11月8日
  9. ^ 「近代柔道杯全国中学生柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2010年5月号 101頁
  10. ^ 渡名喜 風南|部員紹介|帝京大学 柔道部 オフィシャルサイト
  11. ^ Budapest Grand Prix 2015 - Hungary
  12. ^ 早坂、美濃部が体操種目別で金=柔道の上田も優勝-ユニバーシアード 時事通信 2015年7月7日
  13. ^ 永山、渡名喜が優勝=柔道世界ジュニア 時事通信 2015年10月24日
  14. ^ Junior World Championships 2015, Abu Dhabi - DAY 1
  15. ^ 渡名喜、西田が優勝/柔道 サンケイスポーツ 2015年11月20日
  16. ^ グランドスラム東京2015
  17. ^ 橋本、志々目が優勝=柔道アジア選手権 時事通信 2016年4月16日
  18. ^ 日本勢、男女6階級で優勝=柔道グランドスラム 時事通信 2016年7月17日
  19. ^ Tyumen Grand Slam 2016, Russia - DAY ONE
  20. ^ 平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  21. ^ 渡名喜は豪快に2連覇「大技を練習してきたのでうれしい」/柔道  サンケイスポーツ 2016年11月13日
  22. ^ 平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  23. ^ Judo Grand-Slam Tokyo 2016
  24. ^ 渡名喜風南「自分の柔道ができた」全試合一本勝ち 日刊スポーツ 2017年2月25日
  25. ^ 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  26. ^ 朝比奈ら選出=世界選手権代表出そろう-柔道女子 時事通信 2017年4月16日
  27. ^ 高藤、芳田らが優勝 アジア選手権/柔道 サンケイスポーツ 2017年5月26日
  28. ^ 渡名喜、金獲りだ!野獣パワー注入 柔道世界選手権へ出発 スポーツニッポン 2017年8月23日
  29. ^ 渡名喜、女子48キロ級で金=世界柔道 時事通信 2017年8月29日
  30. ^ 【世界柔道】渡名喜風南「小さくても強いんだぞ」伝統の女子48キロ級に“新星”誕生 スポーツ報知 2017年8月29日
  31. ^ 渡名喜の帝京大が苦杯=柔道学生団体戦 時事通信 2017年10月28日
  32. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  33. ^ 橋本、渡名喜ら優勝=柔道ワールドマスターズ 時事通信 2017年12月17日
  34. ^ World Judo Masters 2017, St. Petersburg, Russia – DAY ONE
  35. ^ 阿部詩、志々目が優勝=柔道GSパリ 時事通信 2018年2月11日
  36. ^ Paris Grand Slam 2018, France – DAY ONE
  37. ^ World ranking list: 12 Feb. 2018
  38. ^ 女子48キロ級V候補2人が涙のむ/柔道 サンケイスポーツ 2018年4月8日
  39. ^ 柔道世界代表12人発表…全日本後に全員を決定 読売新聞 2018年4月8日
  40. ^ 高藤・志々目がともに優勝 柔道GP大会 日本経済新聞 2018年7月28日
  41. ^ AMENDED RULES
  42. ^ グランプリ・ザグレブ - パーク24柔道部
  43. ^ 渡名喜風南、決勝でウクライナの新星に敗れ銀メダル スポーツ報知 2018年9月21日
  44. ^ World Judo Championships 2018
  45. ^ 阿部詩が優勝、兄の一二三はV逃す 柔道GS大阪大会 日本経済新聞 2018年11月23日
  46. ^ 渡名喜 女子48キロ級Vも笑顔なし「納得いくものではない」 スポーツニッポン 2018年11月24日
  47. ^ 芳田、渡名喜がV=男子の永山、丸山も優勝-柔道GSデュッセルドルフ 時事通信 2019年2月23日
  48. ^ 渡名喜、オール一本! 足技から寝技で仕留める流れ光る/柔道 サンケイスポーツ 2019年2月23日
  49. ^ 柔道女子57キロ級の芳田司「ホッとした」 48キロ級の渡名喜風南「安定し勝っていかないと」 産経新聞 2019年2月23日
  50. ^ 渡名喜風南が全日本選手権を欠場、選手変更はなし - 柔道 日刊スポーツ 2019年4月2日
  51. ^ 世界選手権の代表に大野将、阿部一ら/柔道 サンケイスポーツ 2019年4月7日
  52. ^ World ranking list

外部リンク[編集]