2017年世界柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2017年世界柔道選手権大会(第34回世界柔道選手権大会)は、2017年8月28日9月3日ハンガリーブダペストにあるブダペスト・スポーツアリーナで開催された柔道の世界選手権。無差別を除いた男女7階級の個人戦と男女混合の団体戦が実施された。ハンガリーでは初めての世界選手権開催となる。今回の世界選手権には他に中国、モンゴル、カタールが立候補していた[1][2]。今大会はスポンサーのスズキの名を冠して、「2017年スズキ世界柔道選手権大会」と名付けられることになった[3]

概要[編集]

2020年の東京オリンピックで男女各3名の計6名による混合団体戦の実施が決まったことから、今大会では従来の男女別による5人制の団体戦ではなくオリンピックを見据えた男女混合団体戦が導入される。団体戦の実施階級は男子が73kg級、90kg級、90kg超級、女子が57kg級、70kg級、70kg超級となった。一本勝ち(不戦勝、棄権勝ちを含む)が10点、技ありによる優勢勝ちが1点、指導差での勝利は0点に換算される。勝利数ないしは合計ポイントで同点の場合は無作為に選出された階級同士による代表戦となる。代表戦はGSから開始されるために、どちらかが先に技のポイントか指導を取った時点で勝敗が決する。各チームは各階級2名の選手を登録可能。個人戦に出場した選手は2kg以内の体重超過を認められるが、団体戦のみ出場する選手は体重超過を認めない[1][4]

大会結果[編集]

男子[編集]

階級
60kg以下級 日本の旗 髙藤直寿 アゼルバイジャンの旗 オルハン・サファロフ ウズベキスタンの旗 ディヨルベク・ウロズボエフ
モンゴルの旗 ガンバット・ボルドバータル
66kg以下級 日本の旗 阿部一二三 ロシアの旗 ミハイル・プリャエフ ジョージア (国)の旗 バジャ・マルグベラシビリ
イスラエルの旗 タル・フリッカー
73kg以下級 日本の旗 橋本壮市 アゼルバイジャンの旗 ルスタム・オルジョフ モンゴルの旗 ガンバータル・オドバヤル
大韓民国の旗 安昌林
81kg以下級 ドイツの旗 アレクサンダー・ヴィーツェルツァック イタリアの旗 マッテオ・マルコンチーニ ロシアの旗 ハサン・ハルムルザエフ
イランの旗 サイード・モラエイ
90kg以下級 セルビアの旗 ネマニャ・マイドフ スロベニアの旗 ミハエル・ジュガンク ジョージア (国)の旗 ウシャンギ・マルギアニ
大韓民国の旗 郭同韓
100kg以下級 日本の旗 ウルフ・アロン スロベニアの旗 ヴァルラーム・リパルテリアニ アゼルバイジャンの旗 エルマール・ガシモフ
ロシアの旗 キリル・デニソフ
100kg超級 フランスの旗 テディ・リネール ブラジルの旗 ダビド・モウラ ブラジルの旗 ラファエル・シルバ
モンゴルの旗 ナイダン・ツブシンバヤル

女子[編集]

階級
48kg以下級 日本の旗 渡名喜風南 モンゴルの旗 ムンフバット・ウランツェツェグ 日本の旗 近藤亜美
カザフスタンの旗 オトゴンツェツェグ・ガルバドラフ
52kg以下級 日本の旗 志々目愛 日本の旗 角田夏実 ロシアの旗 ナタリア・クジュティナ
ブラジルの旗 エリカ・ミランダ
57kg以下級 モンゴルの旗 ドルジスレン・スミヤ 日本の旗 芳田司 イギリスの旗 ネコダ・スミス=デイビス
フランスの旗 エレーヌ・ルスボー
63kg以下級 フランスの旗 クラリス・アグベニュー スロベニアの旗 ティナ・トルステニャク ポーランドの旗 アガタ・オズドバ
フランスの旗 バルドルジ・ムングンチメグ
70kg以下級 日本の旗 新井千鶴 プエルトリコの旗 マリア・ペレス コロンビアの旗 ジュリ・アルベアル
スペインの旗 マリア・ベルナベウ
78kg以下級 ブラジルの旗 マイラ・アギアル 日本の旗 梅木真美 イギリスの旗 ナタリー・パウエル
キューバの旗 カリエマ・アントマルチ
78kg超級 中華人民共和国の旗 于頌 日本の旗 朝比奈沙羅 アゼルバイジャンの旗 イリーナ・キンゼルスカ
大韓民国の旗 金珉程

男女混合団体戦[編集]

開催年 優勝 2位 3位 3位
2017 日本の旗 日本
芳田司
宇高菜絵
橋本壮市
中矢力
新井千鶴
新添左季
長澤憲大
朝比奈沙羅
素根輝
王子谷剛志
原沢久喜
ブラジルの旗 ブラジル
ラファエラ・シルバ
マルセロ・コンティーニ
マリア・ポルテラ
ビクトル・ペナルベル
マリア・アルテマン
ラファエル・シルバ
フランスの旗 フランス
エレーヌ・ルスボー
ベンジャミン・アクサス
マリー=イブ・ガイエ
アクセル・クレルジュ
ロマン・ディッコ
シリル・マレ
大韓民国の旗 韓国
クォン・ユジョン
安昌林
チョン・ヘジン
郭同韓
金珉程
金成民

各国メダル数[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 8 4 1 13
2 フランスの旗 フランス 2 0 2 4
3 ブラジルの旗 ブラジル 1 2 2 5
4 モンゴルの旗 モンゴル 1 1 4 6
5 ドイツの旗 ドイツ 1 0 0 1
中華人民共和国の旗 中国 1 0 0 1
セルビアの旗 セルビア 1 0 0 1
8 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 0 2 2 4
9 スロベニアの旗 スロベニア 0 2 0 2
10 ロシアの旗 ロシア 0 1 3 4
11 ジョージア (国)の旗 ジョージア 0 1 2 3
12 イタリアの旗 イタリア 0 1 0 1
プエルトリコの旗 プエルトリコ 0 1 0 1
14 大韓民国の旗 韓国 0 0 4 4
15 イギリスの旗 英国 0 0 2 2
16  コロンビア 0 0 1 1
 キューバ 0 0 1 1
 イラン 0 0 1 1
イスラエルの旗 イスラエル 0 0 1 1
 カザフスタン 0 0 1 1
ポーランドの旗 ポーランド 0 0 1 1
スペインの旗 スペイン 0 0 1 1
 ウズベキスタン 0 0 1 1
Total 15 15 30 60

優勝者の世界ランキング[編集]

男子[編集]

60kg級  日本の旗 日本 髙藤直寿  2位
66kg級  日本の旗 日本 阿部一二三 4位
73kg級  日本の旗 日本 橋本壮市 1位
81kg級  ドイツの旗 ドイツ アレクサンダー・ヴィーツェルツァック 124位
90kg級  セルビアの旗 セルビア ネマニャ・マイドフ 23位
100kg級  日本の旗 日本 ウルフ・アロン 31位
100kg超級  フランスの旗 フランス テディ・リネール 14位

女子[編集]

48kg級  日本の旗 日本 渡名喜風南 13位
52kg級  日本の旗 日本 志々目愛 5位
57kg級  モンゴルの旗 モンゴル ドルジスレン・スミヤ 1位
63kg級  フランスの旗 フランス クラリス・アグベニュー 3位
70kg級  日本の旗 日本 新井千鶴 2位
78kg級  ブラジルの旗 ブラジル マイラ・アギアル 8位
78kg超級  中華人民共和国の旗 中国 于頌 15位

(出典[5]JudoInside.com)。

世界ランキング1位の成績[編集]

男子[編集]

60kg級  ジョージア (国)の旗 ジョージア アミラン・パピナシビリ  3回戦敗退
66kg級  イスラエルの旗 イスラエル タル・フリッカー  銅メダル
73kg級  日本の旗 日本 橋本壮市  金メダル
81kg級  ロシアの旗 ロシア アラン・フベツォフ  2回戦敗退
90kg級  セルビアの旗 セルビア アレクサンダル・クコル  5位
100kg級  オランダの旗 オランダ ミハエル・コレル  5位
100kg超級  ブラジルの旗 ブラジル ダビド・モウラ  銀メダル

女子[編集]

48kg級   カザフスタン オトゴンツェツェグ・ガルバドラフ 銅メダル
52kg級  コソボの旗 コソボ マイリンダ・ケルメンディ  5位
57kg級  モンゴルの旗 モンゴル ドルジスレン・スミヤ  金メダル
63kg級  スロベニアの旗 スロベニア ティナ・トルステニャク  銀メダル
70kg級  ベネズエラの旗 ベネズエラ エルビスマル・ロドリゲス  初戦敗退
78kg級  オランダの旗 オランダ フーシェ・ステーンハイス  3回戦敗退
78kg超級   ベラルーシ マリナ・スルツカヤ  不出場

(出典[5]JudoInside.com)。

日本人選手の成績[編集]

男子[編集]

60kg級   高藤直寿  金メダル
60kg級   永山竜樹  3回戦敗退
66kg級   阿部一二三  金メダル
73kg級   橋本壮市  金メダル
81kg級   永瀬貴規  4回戦敗退
100kg級   羽賀龍之介  2回戦敗退
100kg級   ウルフ・アロン  金メダル
100kg超級   原沢久喜  初戦敗退
100kg超級   王子谷剛志  3回戦敗退

女子[編集]

48kg級   渡名喜風南  金メダル
48kg級   近藤亜美  銅メダル
52kg級   志々目愛  金メダル
52kg級   角田夏実  銀メダル
57kg級   芳田司  銀メダル
70kg級   新井千鶴  金メダル
78kg級   梅木真美  銀メダル
78kg級   佐藤瑠香  5位
78kg超級   朝比奈沙羅  銀メダル

(出典[5]JudoInside.com)。

今大会での新ルール適用について[編集]

2017年1月のアフリカオープン・チュニスから今大会まで、国際大会において新たなIJF試合審判規定が試験的に導入されることになった。この結果を検証した上で正式導入されるか決定される[6]

なお、この試合審判規定は以下のような特徴を有する[7][8][9][10][11][12][13]

  • 試合時間は男女とも4分とする。男子はこれまで5分だったが、東京オリンピックでの男女混合団体戦の採用を目指して試合時間を女子に合わせることに決めた。
  • 技の評価は一本と技ありのみにする。よって有効は廃止される。技あり合わせて一本も廃止となる。技ありには従来の有効相当の判断も含まれる。
  • 抑え込みは15秒で技ありだったが、10秒とする。一本は従来とおり20秒。
  • 従来は指導4まで積み重なると反則負けになったが、それが指導3までに変更される。
  • 本戦の4分間では技のポイントのみで勝敗が決せられる。そのため、従来のように指導差での勝利は認められず、その場合はGSに突入する(但し、本戦で指導3まで積み重なった場合は反則負けとなる)。
  • GSでは技のポイントか、指導差が付いた場合に勝敗が決する(本戦で指導1を与えられた選手がGSで指導差による勝利を得るためには、指導2まで取り返さねばならない。本戦で指導2まで与えられた選手がGSで指導差による勝利を得るためには、指導3まで取り返さねばならない)。
  • 下半身に手や腕が触れる行為は従来一発で反則負けを与えられていたが、一度目は指導、二度目で反則負けに変更される。
  • 標準的でない変則組み手(クロスグリップやピストルグリップ、片襟や帯を掴む組み手など)になった場合、即座に攻撃しなければ指導を与えられる。
  • 攻撃を試みなかったり防御に徹するなど、柔道精神に反する消極的な姿勢が見られた場合は指導が与えられる。
  • 一挙に体を捨てた脇固めのみならず、相手の袖や腕を掴みながら肘を伸ばす形の袖釣込腰を仕掛けた場合も反則負けとなる。
  • 相手の組み手を嫌って場外に逃げの姿勢を見せるなどの柔道精神に反する行為が認められた場合は、即座に反則負けが言い渡される。
  • 返し技を仕掛けた際と仕掛け終わった際に相手をコントロールしていなければ有効な返し技とは認められない。
  • 時間稼ぎが目的で柔道衣もしくは帯を乱したと認められた選手には指導が与えられる。

賞金[編集]

今大会から賞金が前回までより増額されることになった。個人戦の優勝者に2万800ドル、そのコーチに5200ドル、2位に1万2千ドル、そのコーチに3千ドル、3位に6400ドル、そのコーチに1600ドル、団体戦の優勝チームに7万2千ドル、そのコーチに1万8千ドル、2位に4万8千ドル、そのコーチに1万2千ドル、3位に2万ドル、そのコーチに5千ドル[1]

大会マスコット[編集]

今大会のマスコットは「Judoggy」という名のレトリバーに決まった。2013年にブダペストで開催されたヨーロッパ選手権でもこの犬がマスコットに選ばれていた[14]

大統領らの来訪[編集]

柔道愛好家で知られるロシア大統領でIJF名誉会長のウラジーミル・プーチンとモンゴルの大統領でモンゴル柔道連盟会長でもあるハルトマーギーン・バトトルガ及び地元ハンガリーの首相であるビクトル・オルバンが、初日の開会式に出席した後に決勝ラウンドを観戦した[15][16][17]。また、大会最終日の男女混合団体戦にはIOC会長のトーマス・バッハも観戦に訪れて、表彰式では優勝した日本チームへのメダルの授与役も務めた[18]

日本での放送[編集]

今大会はフジテレビ系列で放送される。ナビゲーターを野村忠宏、解説を平岡拓晃秋本啓之佐藤愛子、実況を鈴木芳彦西岡孝洋森昭一郎、リポーターを三四六がそれぞれ担当した[19]

BS放送のJ SPORTSで、全7日間をそれぞれ3時間30分の日本人選手の全試合と、ベスト8以上の試合の模様を録画放送された。番組解説者は、柏崎克彦、山田利彦が曜日毎に担当し、テレビ初解説の西田優香は全日程解説した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]