近代柔道杯全国中学生柔道大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近代柔道杯全国中学生柔道大会 (きんだいじゅうどうはいぜんこくちゅうがくせいじゅうどうたいかい)は、毎年3月に開催される、中学生を対象とした柔道の全国大会。全国中学校柔道大会マルちゃん杯とともに中学柔道3大大会のひとつに数えられる。

概要[編集]

1988年に雑誌近代柔道を発行しているベースボールマガジン社が、中学生に実践の機会と競技力向上及びアマチュアスポーツ精神の高揚を図る趣旨のもと、近代柔道杯関東中学生柔道大会という名称で大会を開催したのが始まりである[1]。 1991年からは現在の名称となり全国大会となる。 21世紀に入ってからは外国チームも出場するようになった。2004年にはフランスのテディ・リネールも参加した。当時のリネールはまだ中学生でありながら、すでに身長が2m近くあった[2]。 また、2007年からは女子の部も正式に設けられることとなった。オープン(男子)の部に女子も出場可能だが、その場合その選手は女子の部に出場できない[3]。 なお、この大会は団体戦のみで個人戦は設けられていない。女子は5人編成で争われていたが、2014年からは5人編成で組めないチームが多いことを考慮に入れて3人編成となった[4]。 2019年からはオープンの部、女子の部ともに全てのチームが予選リーグの順位によって決勝及び2部、3部トーナメントのそれぞれに進み、各部門で優勝校が決定されることになった[5]

団体戦における体重区分は以下のようになる。

オープンの部 先鋒・次鋒=66kg以下、中堅=81kg以下、副将・大将=体重無差別 

女子の部 先鋒=52kg以下、中堅=63kg以下、大将=体重無差別

歴代優勝校[編集]

男子 女子
1 1988年 弦巻 東京 実施せず
2 1989年 弦巻(2) 東京
3 1990年 国士舘 東京
4 1991年 弦巻(3) 東京
5 1992年 弦巻(4) 東京
6 1993年 国士舘(2) 東京
7 1994年 弦巻(5) 東京
8 1995年 国士舘(3) 東京
9 1996年 国士舘(4) 東京
10 1997年 弦巻(6) 東京
11 1998年 国士舘(5) 東京
12 1999年 弦巻(7) 東京
13 2000年 国士舘(6) 東京
14 2001年 国士舘(7) 東京
15 2002年 田原 福岡
16 2003年 六角橋  神奈川
17 2004年 国士舘(8) 東京
18 2005年 大成 愛知
19 2006年 大成(2) 愛知
20 2007年 国士舘(9) 東京 兵庫
21 2008年 大成(3) 愛知 大成 愛知
22 2009年 大成(4) 愛知 相原 神奈川
23 2010年 国士舘(10) 東京 相原(2) 神奈川
24 2011年 東北地方太平洋沖地震の影響で中止[6]
25 2012年 姫路灘 兵庫 大成(2) 愛知
26 2013年 大成(5) 愛知 大成(3) 愛知
27 2014年 大成(6) 愛知 大成(4) 愛知
28 2015年 姫路灘(2) 兵庫 大成(5) 愛知
29 2016年 国士舘(11) 東京 広陵 奈良
30 2017年 大蔵 福岡 大成(6) 愛知
31 2018年 大蔵(2) 福岡 大成(7) 愛知
年  オープンの部決勝  オープンの部2部  オープンの部3部  女子の部決勝  女子の部2部  女子の部3部
32 2019年 望海 京都学園 静岡学園  田島A  田島B 上北

脚注[編集]

  1. ^ 「第1回近代柔道杯関東中学生柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、1988年5月号、50-54頁
  2. ^ 「第17回近代柔道杯全国中学生柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2004年5月号、18頁
  3. ^ 「第20回近代柔道杯全国中学生柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2007年5月号、71頁
  4. ^ 「第27回近代柔道杯全国中学生柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年5月号、28頁
  5. ^ 「第32回 近代柔道杯全国中学生柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年2月号 86頁
  6. ^ 第24回近代柔道杯全国中学生柔道大会の中止について

外部リンク[編集]