2013年世界柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2013年世界柔道選手権大会(第31回世界柔道選手権大会)は、2013年8月26日9月1日ブラジルリオデジャネイロで開催された柔道の世界選手権[1]。無差別を除いた男女7階級の個人戦と男女の団体戦が実施される。リオデジャネイロで世界柔道選手権が開催されるのは2007年第25回大会以来6年ぶり3度目となる。2010年から各国とも男女各階級で2名(総計14名)の代表を選出できたが、今大会からは男女ともに代表が最大で9名までに制限された[2][3]

大会概要[編集]

正式名称 世界柔道選手権2013リオデジャネイロ大会

英語: 2013 World Judo Championships RIO DE JANEIRO

開催場所 マラカナンジーニョ体育館
主催 国際柔道連盟
開催日程 8月26日 男子60kg級、女子48kg級
27日 男子66kg級、女子52kg級
28日 男子73kg級、女子57kg級
29日 男子81kg級、女子63kg級
30日 男子90kg級、女子70kg級 78kg級
31日 男子100kg級 100kg超級、女子78kg超級
9月1日 男子団体戦、女子団体戦

大会結果[編集]

男子[編集]

階級
60kg以下級 日本の旗 高藤直寿 モンゴルの旗 ダシダワー・アマルトゥブシン アゼルバイジャンの旗 オルハン・サファロフ
大韓民国の旗 金源鎮
66kg以下級 日本の旗 海老沼匡 カザフスタンの旗 アザマト・ムカノフ 日本の旗 福岡政章
ウクライナの旗 ゲオルグリー・ザンタラヤ
73kg以下級 日本の旗 大野将平 フランスの旗 ウゴ・ルグラン オランダの旗 デックス・エレモント
ベルギーの旗 ディルク・バンティヘルト
81kg以下級 フランスの旗 ロイク・ピエトリ ジョージア (国)の旗 アブタンディル・チリキシビリ ロシアの旗 イワン・ボロベフ
フランスの旗 アラン・シュミット
90kg以下級 キューバの旗 アスレイ・ゴンサレス ジョージア (国)の旗 ヴァルラーム・リパルテリアニ ギリシャの旗 イリアス・イリアディス
ロシアの旗 キリル・デニソフ
100kg以下級 アゼルバイジャンの旗 エルハン・ママドフ オランダの旗 ヘンク・フロル ドイツの旗 ディミトリ・ペータース
チェコの旗 ルカシュ・クルパレク
100kg超級 フランスの旗 テディ・リネール ブラジルの旗 ラファエル・シルバ ドイツの旗 アンドレアス・テルツァー
チュニジアの旗 ファイサル・ジャバラ

女子[編集]

階級
48kg以下級 モンゴルの旗 ムンフバット・ウランツェツェグ 日本の旗 浅見八瑠奈 ブラジルの旗 サラ・メネゼス
ベルギーの旗 シャルリーヌ・ファンスニック[4]
52kg以下級 コソボの旗 マイリンダ・ケルメンディ ブラジルの旗 エリカ・ミランダ 日本の旗 橋本優貴
ドイツの旗 マリーン・クラー
57kg以下級 ブラジルの旗 ラファエラ・シルバ アメリカ合衆国の旗 マルティ・マロイ ドイツの旗 ミリアム・ローパー
スロベニアの旗 ヴロラ・ベデティ
63kg以下級 イスラエルの旗 ヤーデン・ジェルビ フランスの旗 クラリス・アグベニュー フランスの旗 ジブリズ・エマヌ
オランダの旗 アニカ・ファンエムデン
70kg以下級 コロンビアの旗 ジュリ・アルベアル ドイツの旗 ラウラ・ヴァルガス=コッホ オランダの旗 キム・ポリング
大韓民国の旗 金省然
78kg以下級 朝鮮民主主義人民共和国の旗 薛京 オランダの旗 マリンド・フェルケルク フランスの旗 オドレー・チュメオ
ブラジルの旗 マイラ・アギアル
78kg超級 キューバの旗 イダリス・オルティス ブラジルの旗 マリア・アルテマン 日本の旗 田知本愛
大韓民国の旗 イ・ジョンウン

国別団体戦[編集]

男子[編集]

優勝 2位 3位 3位
ジョージア (国)の旗 ジョージア
ラシャ・シャフダトゥアシビリ
ゼベダ・レフビアシビリ
アブタンディル・チリキシビリ
ヴァルラーム・リパルテリアニ
アダム・オクルアシビリ
ロシアの旗 ロシア
アリム・ガダノフ
ムラート・コゾコフ
シラジュディン・マゴメドフ
キリル・デニソフ
アレクサンドル・ミハイリン
日本の旗 日本
福岡政章
大野将平
長島啓太
七戸龍
ドイツの旗 ドイツ
セバスチャン・ザイトル
イゴール・ワントケ
スベン・マレシュ
マルク・オーデンタル
ディミトリ・ペータース

女子[編集]

優勝 2位 3位 3位
日本の旗 日本
橋本優貴
山本杏
阿部香菜
田知本遥
田知本愛
ブラジルの旗 ブラジル
エリカ・ミランダ
ラファエラ・シルバ
カテリーネ・カンポス
マリア・ポルテラ
マイラ・アギアル
マリア・アルテマン
 キューバ
マリア・セリア・ラボルデ
ヤネト・ベルモイ
マリセト・エスピノーサ
オニックス・コルテス
イダリス・オルティス
フランスの旗 フランス
レティシア・ペイエ
オトーヌ・パヴィア
エレーヌ・ルスボー
クラリス・アグベニュー
ジブリズ・エマヌ
リュシ・ルエット
エミリ・アンデオル

メダル獲得数の国別一覧[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 4 1 4 9
2 フランスの旗 フランス 2 2 4 8
3 キューバの旗 キューバ 2 0 1 3
4 ブラジルの旗 ブラジル 1 4 2 7
5 ジョージア (国)の旗 ジョージア 1 2 0 3
6 モンゴルの旗 モンゴル 1 1 0 2
7 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 1 0 1 2
8 コロンビアの旗 コロンビア 1 0 0 1
イスラエルの旗 イスラエル 1 0 0 1
コソボの旗 コソボ 1 0 0 1
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国 1 0 0 1
12 オランダの旗 オランダ 0 2 3 5
13 ドイツの旗 ドイツ 0 1 5 6
14 ロシアの旗 ロシア 0 1 2 3
15 カザフスタンの旗 カザフスタン 0 1 0 1
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 0 1 0 1
17 大韓民国の旗 韓国 0 0 3 3
18 ベルギーの旗 ベルギー 0 0 2 2
19 チェコの旗 チェコ 0 0 1 1
ギリシャの旗 ギリシャ 0 0 1 1
スロベニアの旗 スロベニア 0 0 1 1
チュニジアの旗 チュニジア 0 0 1 1
ウクライナの旗 ウクライナ 0 0 1 1
Total 16 16 32 64

優勝者の世界ランキング[編集]

男子[編集]

60kg級  日本の旗 日本 高藤直寿  2位
66kg級  日本の旗 日本 海老沼匡  12位
73kg級  日本の旗 日本 大野将平  15位
81kg級  フランスの旗 フランス ロイク・ピエトリ  16位
90kg級   キューバ アスレイ・ゴンサレス  2位
100kg級  アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン エルハン・ママドフ  1位
100kg超級  フランスの旗 フランス テディ・リネール  2位

女子[編集]

48kg級  モンゴルの旗 モンゴル ムンフバット・ウランツェツェグ 6位
52kg級  コソボの旗 コソボ マイリンダ・ケルメンディ  1位
57kg級  ブラジルの旗 ブラジル ラファエラ・シルバ  4位
63kg級  イスラエルの旗 イスラエル ヤーデン・ジェルビ  1位
70kg級   コロンビア ジュリ・アルベアル  18位
78kg級  朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 薛京  31位
78kg超級   キューバ イダリス・オルティス  2位

(出典[5]JudoInside.com)。

世界ランキング1位の成績[編集]

男子[編集]

60kg級  ジョージア (国)の旗 ジョージア アミラン・パピナシビリ  5位
66kg級  モンゴルの旗 モンゴル ダワードルジ・トゥムルフレグ  初戦敗退
73kg級  モンゴルの旗 モンゴル サインジャルカル・ニャムオチル  5位
81kg級  ブラジルの旗 ブラジル ビクトル・ペナルベル  3回戦敗退
90kg級  ジョージア (国)の旗 ジョージア ヴァルラーム・リパルテリアニ  銀メダル
100kg級  アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン エルハン・ママドフ  金メダル
100kg超級  ブラジルの旗 ブラジル ラファエル・シルバ  銀メダル

女子[編集]

48kg級  ブラジルの旗 ブラジル サラ・メネゼス 銅メダル
52kg級  コソボの旗 コソボ マイリンダ・ケルメンディ  金メダル
57kg級  フランスの旗 フランス オトーヌ・パヴィア  5位
63kg級  イスラエルの旗 イスラエル ヤーデン・ジェルビ  金メダル
70kg級  オランダの旗 オランダ キム・ポリング  銅メダル
78kg級  ブラジルの旗 ブラジル マイラ・アギアル  銅メダル
78kg超級  ブラジルの旗 ブラジル マリア・アルテマン  銀メダル

(出典[5]JudoInside.com)。

日本人選手の成績[編集]

男子[編集]

60kg級   高藤直寿  金メダル
66kg級   海老沼匡  金メダル
66kg級   福岡政章  銅メダル
73kg級   大野将平  金メダル
73kg級   中矢力  7位
81kg級   長島啓太  2回戦敗退
90kg級   西山将士  2回戦敗退
100kg級   小野卓志  5位
100kg超級   七戸龍  7位

女子[編集]

48kg級   浅見八瑠奈  銀メダル
52kg級   橋本優貴  銅メダル
57kg級   山本杏  5位
63kg級   阿部香菜  5位
63kg級   田中美衣  7位
70kg級   田知本遥  2回戦敗退
78kg級   緒方亜香里  2回戦敗退
78kg級   佐藤瑠香  7位
78kg超級   田知本愛  銅メダル

(出典[5]JudoInside.com)。

今大会での新ルール適用について[編集]

2013年2月のコンチネンタルオープンから今大会まで、国際大会において新たなIJF試合審判規定が試験的に導入されることになった。この結果を検証した上で正式導入されるか決定されることになった[6][7]

8月にリオデジャネイロで開催されたIJF総会において、この新ルールを10月に開催されるIJFの会議で最終的に承認して、2016年のリオデジャネイロオリンピックまで運用することに決定した[8]

なお、この試合審判規定は以下のような特徴を有する[9][10][2]

審判員
  • 試合場の審判は1人となる。副審は審判委員席でビデオを確認しながらサポート役に徹する。ジュリー(審判委員)は試合場の審判と無線でコミュニケーションを取り合うことになるが、必要とみなされた場合を除き技の評価などへの介入は控える。
一本の判断
  • 一本に更なる価値を与えるために、従来より一本の判断基準を厳しくする。
  • 投げられた選手がブリッジで着地した場合は一本とみなす。
試合運用と罰則
  • 指導は3回目までポイントにならず、技のポイント以外はスコアボードに表示されない(これにより、技ありと指導3を合わせた総合勝ちは成立しなくなった)。4回目の指導が与えられた場合は反則負けとなる。試合終了時に技のスコアが同等の場合は、指導の少ない方の選手を勝ちとする。
  • 技のポイントも指導ポイントも同等の場合は延長戦に入るが、どちらかが技か指導でポイントをあげるまで試合は続行される(旗判定は廃止となる)。

また、組み合う柔道が奨励されるため、次のような場合は罰則が与えられる。

  • 両手で組み手を切った場合は指導となる。
  • クロスグリップ(片手で相手の逆側の背部、肩、もしくは腕を掴む変則組み手)や[11]、帯を掴んだり、片襟の組み手となった場合は直ちに攻撃しないと指導が与えられる。
  • 素早く組まない場合や、相手に組ませない行為には厳しく指導を与える。
  • 組み合わずいきなり抱きついて投げる行為(ベアハグ)には指導が与えられる。片手であっても組んでから仕掛けた場合はベアハグと見なさない。
  • さらに、立ち技において、両方ないしは片方の手や腕を使って、相手の帯から下を攻撃ないしは防御する全ての行為は反則負けとなる。立姿勢から寝姿勢に移行する際もこの行為は認められない。明確な寝姿勢の状態になった場合は脚を掴んでもよい。帯から下を手や腕が少し触れた程度の場合は反則とみなさない。

寝技に関して

  • 寝技の抑え込みは従来より5秒短くなるので、一本は20秒、技ありは15秒、有効は10秒となる。
  • 場内で抑え込みが始まった場合は、両者の身体が場外に出ても抑え込みは継続されることになる。また、関節技絞技も、場内で始まった場合は場外に出てもその効果が認められる場合は継続されることになる。
その他
  • 選手は同時に試合場に上がり、同時に礼をする。
  • 最近よく見られる、試合開始直後の手合わせは禁止となる。
  • 計量は試合前日に行われる。さらに、減量の影響を検証するために、試合当日の柔道衣コントロールの際にも再び行われる。

TV放送について[編集]

今大会はフジテレビ系列で、早朝の3時55分から5時35分まで生放送された(土日は6時まで延長、団体戦は深夜0時35分から1時35分まで録画放送)。解説を穴井隆将福見友子、実況を森昭一郎福永一茂鈴木芳彦、リポーターを三四六が担当した[12]

なお、初日と2日目の男子決勝の試合がその後に「めざましテレビ」を放送する為、途中までしか放送出来ない失態を招いた。 1日目となる8月27日早朝に生中継された60kg級決勝の高藤直寿とモンゴルのダシダワー・アマルトゥブシンとの試合では途中で放映が途切れてCMとなり、その後「めざましテレビ」内で中継が再開された。2日目となる8月28日早朝に生中継された66kg級決勝の海老沼匡とカザフスタンのアザマト・ムカノフとの対戦では、海老沼が先に指導1を取られて、さらには相手の反則ともみなせる脇固めを何度も喰らって左腕を負傷してピンチに陥った状態で試合が中断されてCMとなり、その僅か数十秒後に大内刈で逆転の一本勝ちを果たした場面は「めざましテレビ」内で中継することができなかった。2日続けて決勝途中で中継を打ち切った点に関してフジテレビ側は、延長予定をあらかじめ設けていなかったことや、現地での試合の進行状況が遅れたことを理由に挙げた。また、この点に関して視聴者からの苦情は確認されていないという。あるテレビ関係者は「番組の開始時間はコンピューター管理されており、プロ野球のナイター中継のように、延長などが想定されている場合以外は動かせない。特に早朝のこの時間帯は、全国のネット局、CMとの兼ね合いなどがあって、民放が少ない地方局によってはフジから日本テレビ制作の番組に切り替わるところもあるので、フジだけの問題ではなくなる」との説明も加えた。一方、とくダネ!においてアナウンサーの笠井信輔は、フジテレビ側の対応を謝罪したものの、司会の小倉智昭は「会場の運営の問題じゃないか。運営がきちんとやってくれれば、(放送枠内で)おさまるはずなんですが」と責任転嫁とも受け取れるコメントを発した[13] [14][15][16][17]

脚注[編集]

  1. ^ Global Launch Event for the Judo World Championship, Rio 2013
  2. ^ a b ENG-Competition-Rules-2013-2016
  3. ^ IJF - Events Overview 2013-2016
  4. ^ 2014年1月3日にIJFは、ファンスニックがドーピングの陽性反応を示したことからメダルの剥奪を決定した。ファンスニックはこの決定を不服としてCASに提訴することになった
  5. ^ a b c judobase.org
  6. ^ 柔道国際大会、1人審判を試験導入へ 連盟会長が明言 日本経済新聞 2012年11月30日
  7. ^ 柔道、「脚取り」全面禁止へ…国際大会新ルール 読売新聞 2012年12月10日
  8. ^ IJF、上村理事の退任を承認/柔道 サンケイスポーツ 2013年8月24日
  9. ^ 国際柔道連盟試合審判規定(暫定)の試験的導入について
  10. ^ ENG-Refereeing-Rules-2013-2016
  11. ^ 審判関係に関する情報 (”クロスグリップ”)について
  12. ^ 世界柔道2013 リオデジャネイロ - フジテレビ フジテレビ
  13. ^ フジテレビ「世界柔道」決勝生放送中にCM中断 東京スポーツ 2013年8月27日
  14. ^ 間が悪い「世界柔道」フジ生放送!日本選手優勝の時にCM…小倉智昭苦笑 J-Cast 2013年8月28日
  15. ^ 海老沼は!?フジの中継が途中で終了… デイリースポーツ 2013年8月28日
  16. ^ フジ「世界柔道」決勝戦生中継中に連日のCM中断も、「見ている人が少ないため苦情はない」というトホホな現実 リアルライブ 2013年8月29日
  17. ^ おわび連発!いつまで続くフジ“負の連鎖” 東京スポーツ 2013年8月29日

外部リンク[編集]