カイラ・サイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
トルコの旗 トルコ
女子 柔道
世界団体
2011 パリ 70kg超級
2008 東京 78kg超級

カイラ・サイト(Kayra Sayit 1988年2月13日- )は、トルコ柔道選手。階級は78kg超級[1][2]。またの名を「カイラ・アルミラ・オズデミル」ともいう[3]

人物[編集]

フランスの海外県であるマルティニークにおいて「ケティ・マテ」の名で生まれると、後に本国のヴィルモンブルへ移住した[3]。 2006年にはヨーロッパジュニア78kg超級で優勝を飾った。世界ジュニアでは2位だった[2]。2007年にはヨーロッパジュニアで2連覇を達成すると、ヨーロッパ選手権の無差別では3位になった[2]。2008年には地元のフランス国際で3位になると、ロシア国際では優勝を飾ったが、北京オリンピック代表にはライバルのアン=ソフィー・モンディエールが選ばれて出場できなかった[2]東京で開催された世界団体では決勝で日本チームの杉本美香と対戦して合技で破るも、他の選手が次々と敗れたためにチームは2位にとどまった[2]。その後のドーピング検査で大麻が検出されたことにより、2年間の出場停止処分を受けた。復帰後、2011年に地元のパリで開催された世界選手権では初戦で中国の秦茜に敗れたが、続く世界団体では決勝で日本チームの杉本を技ありで破るなどしてチームの優勝に貢献した[2]。しかし、2012年のロンドンオリンピックもモンディエールが代表になったために出場できなかった[2]。その後はケガで長期療養するも、2014年には復帰してオープン戦のベルギー国際やスイス国際柔道大会で優勝した[1]。しかし、結果を出してもフランス代表チームへの召集がなかったことで、フランス柔道連盟に見捨てられた思いを抱いたことや、トルコ柔道連盟の誘いを受けたことなどもあって、2015年にはトルコへ帰化して名前もカイラ・サイトに変更した[3][4][5]。2016年にはヨーロッパ選手権で優勝を飾って、リオデジャネイロオリンピックのトルコ代表に選ばれた[1]。リオデジャネイロオリンピックでは準々決勝で中国の于頌袈裟固で敗れると、その後の3位決定戦でも山部佳苗に技ありで敗れて5位になった[1]。2017年の世界選手権でも5位だった[1]

IJF世界ランキングは1408ポイント獲得で10位(18/7/2現在)[6]

主な戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]