ユール・フランセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
オランダの旗 オランダ
柔道
世界選手権
2018 バクー 63kg級
2019 東京 63kg級
世界団体
2010 アンタルヤ 57kg級

ユール・フランセン(Juul Franssen 1990年1月18日- )はオランダ出身の柔道選手。階級は63kg級[1]

人物[編集]

2005年のヨーロッパカデ57kg級で2位になると、翌年には優勝した。2008年のヨーロッパジュニアで優勝するが、翌年は3位だった[1]。2010年には世界団体で優勝した[1]。2012年にはU23ヨーロッパ選手権、2013年にはヨーロッパ選手権団体戦でそれぞれ優勝した[1]。その後階級を63kg級に変更すると、2015年の世界選手権で5位、グランドスラム・パリでは2位になった[1]。2016年のワールドマスターズでは決勝で田代未来に敗れて2位だった[1]リオデジャネイロオリンピックにはアニカ・ファンエムデンとの代表争いに敗れて出場できなかった[1]グランドスラム・アブダビでは優勝した[1]。2017年にはグランプリ・ハーグで優勝、ワールドマスターズでも3位になった[1]。一方で、オランダ柔道連盟はリオデジャネイロオリンピックでファンエムデンの銅メダル1個に終わった反省から、強化選手をアーネム周辺のナショナルトレーニングセンターにおいてナショナルコーチの下、集中的に強化する方針を打ち立てたが、ロッテルダムで自らのコーチに付いてトレーニングと勉学に取り組んでいたフランセンはその方針に従わず強化選手を外された。それを不服として裁判所に提訴すると訴えが認められて、一定の期間ナショナルトレーニングセンターで練習を積むことを条件に強化選手に復帰した[2][3]。2018年のグランドスラム・エカテリンブルグでは決勝で能智亜衣美に敗れて2位だった。世界選手権では準々決勝で田代未来に敗れるも、その後の3位決定戦でドイツのマルティナ・トライドスを破って3位になった[1][4]。2019年に東京で開催された世界選手権では準決勝で世界チャンピオンのクラリス・アグベニューに敗れるも、3位決定戦で同僚のサンネ・フェルメールを破って3位になった[5]

IJF世界ランキングは3176ポイント獲得で7位(19/4/29現在)[6]

主な戦績[編集]

57kg級での戦績

63kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]