グランドスラム・モスクワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

グランドスラム・モスクワ(Grand Slam Moscow)IJF主催 ロシアの国際柔道大会。

来歴[編集]

2008年までロシア国際柔道大会という名称で開催されていた。しかし、2009年からIJFワールド柔道ツアーが導入されたのに伴い現在の名前に改称される。1997年のロシア国際は日本の選手が初めてカラー柔道着を着用した大会であった(JRA賀持道明が日本選手で公式試合最初の着用者となった[1])。「グランドスラム・パリ」、「グランドスラム・リオデジャネイロ」、「グランドスラム・東京」とともにグランドスラム大会の一翼を担う。2009年は5月に開催されたが、2010年は7月開催となった。今大会は2009年からモスクワで開催されていたが、2014年からはチュメニで開催されることになった[2]。2017年からはエカテリンブルグ開催となった[3]

名称の変遷[編集]

ロシア国際柔道大会( -2008)
グランドスラム・モスクワ(2009-2013)
グランドスラム・チュメニ(2014-2016)
グランドスラム・エカテリンブルグ(2017- )

各国メダル数[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 47 19 20 86
2 ロシアの旗 ロシア 16 31 60 107
3 ブラジルの旗 ブラジル 16 11 19 46
4 ドイツの旗 ドイツ 5 7 26 38
5 オランダの旗 オランダ 5 7 5 17
6  ウズベキスタン 5 5 6 16
7 モンゴルの旗 モンゴル 4 6 14 24
8 中華人民共和国の旗 中国 4 1 5 10
9 大韓民国の旗 韓国 3 7 5 15
10 フランスの旗 フランス 3 6 12 21
11  ハンガリー 3 5 9 17
12 イスラエルの旗 イスラエル 3 1 4 8
13  スウェーデン 3 0 4 7
14 カナダの旗 カナダ 2 3 6 11
15 ポルトガルの旗 ポルトガル 2 1 4 7
16  オーストリア 2 0 8 10
17 ギリシャの旗 ギリシャ 2 0 1 3
18  ベルギー 1 3 4 8
 ベラルーシ 1 3 4 8
20 ジョージア (国)の旗 ジョージア 1 2 6 9
21  ルーマニア 1 2 3 6
22 アルメニアの旗 アルメニア 1 2 1 4
23  カザフスタン 1 1 5 7
24 スロベニアの旗 スロベニア 1 1 1 3
25 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 1 0 5 6
26 セルビアの旗 セルビア 1 0 3 4
27 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 1 0 2 3
 エジプト 1 0 2 3
29 スペインの旗 スペイン 1 0 1 2
 フィンランド 1 0 1 2
イランの旗 イラン 1 0 1 2
32 パナマの旗 パナマ 1 0 0 1
33 イギリスの旗 イギリス 0 3 4 7
34 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 0 3 0 3
35 チュニジアの旗 チュニジア 0 2 2 4
36 ポーランドの旗 ポーランド 0 1 6 7
37  ウクライナ 0 1 2 3
38  ラトビア 0 1 1 1
39 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 0 1 0 1
プエルトリコの旗 プエルトリコ 0 1 0 1
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ 0 1 0 1
42 イタリアの旗 イタリア 0 0 7 7
43 クロアチアの旗 クロアチア 0 0 3 3
44  チェコ 0 0 2 2
45  エストニア 0 0 1 1
ギニアビサウの旗 ギニアビサウ 0 0 1 1
キルギスの旗 キルギス 0 0 1 1
 リトアニア 0 0 1 1
スイスの旗 スイス 0 0 1 1
スロバキアの旗 スロバキア 0 0 1 1
トルコの旗 トルコ 0 0 1 1
ベネズエラの旗 ベネズエラ 0 0 1 1

脚注[編集]

  1. ^ 「近柔特派員カメラ日記」近代柔道 ベースボールマガジン社、1997年3月号、60-61頁
  2. ^ 2014 IJF Calendar
  3. ^ Ekaterinburg Grand Slam 2017

外部リンク[編集]