ダビド・モウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はペレイラ第二姓(父方の)はダ・シウヴァです。
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
柔道
世界柔道選手権
2017 ブダペスト 100kg超級
世界団体
2010 アンタルヤ 90kg超級
2014 チェリャビンスク 90kg超級

ダビド・モウラ・ペレイラ・ダ・シウヴァ(David Moura Pereira da Silva 1987年8月24日- )は、ブラジル柔道選手。階級は100kg超級。得意技は巴投[1][2]

人物[編集]

2010年の世界団体で2位になった[2]。2011年のユニバーシアード無差別では3位だった[2]。2013年にはグランドスラム・バクーで2位になるが、ユニバーシアードの無差別では前回に続いて3位だった[2]。2014年のグランドスラム・パリでは決勝で日本の七戸龍に敗れて2位だった[2]パンナム選手権では3位だったが、南米競技大会では優勝を飾った[2]世界選手権では準決勝で七戸と対戦して背負投で技ありを先取するも七戸に合技で逆転の一本負けを喫すると、3位決定戦でもロシアのレナート・サイドフにも敗れて5位に終わった。世界団体では3位となった[3]。2015年にはパンナム選手権パンアメリカン競技大会で優勝を飾った[2][4]グランドスラム・パリでは決勝で日本の原沢久喜内股で敗れた[1]。2016年のグランドスラム・パリでは3位だった[1]リオデジャネイロオリンピックにはロンドンオリンピック銅メダリストであるラファエル・シルバとの代表争いに敗れて出場できなかった[5]。2017年6月にはグランドスラム・エカテリンブルググランプリ・カンクンで立て続けに優勝したことにより世界ランキング1位となった[1][6]世界選手権では決勝まで進むが、フランスのテディ・リネールと対戦してGSに入ってからの一本負けを喫し、2位にとどまった[7]。2018年の世界選手権では初戦で敗れた[1]

IJF世界ランキングは2820ポイント獲得で1位(19/4/22現在)[8]

主な戦績[編集]

(階級表記のない大会は全て100kg超級での成績)

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]