七戸龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
2014 チェリャビンスク 100kg超級
2015 アスタナ 100kg超級
世界団体
2014 チェリャビンスク 90kg超級
2012 サルヴァドール 90kg超級
2013 リオデジャネイロ 90kg超級
ワールドマスターズ
2015 ラバト 100kg超級
グランドスラム
2014 パリ 100kg超級
2015 東京 100kg超級
2017 パリ 100kg超級
2012 東京 100kg超級
2013 パリ 100kg超級
2016 東京 100kg超級
東アジア柔道選手権
2011 香港 100kg超級

七戸 龍(しちのへ りゅう、1988年10月14日 - )は、沖縄県出身の日本柔道選手。階級は100kg超級。身長193cm、体重120kg。血液型はA型。組み手は右組み。段位は三段。得意技は大内刈。現在は九州電力所属[1]フルコンタクト空手の一般社団法人極真会館(全日本極真連合会)理事長の七戸康博を父に、ベルギー出身の七戸ベラを母に、100kg級で活躍している七戸虎を弟に持つ[2]

経歴[編集]

父親は空手で活躍していたが、「空手でなくても好きなことをやりなさい」とアドバイスされて小学校2年の時に柔道を始めた[1][3]。空手も習っていたものの、上山中学に進むと空手部がなかったことから柔道一本に絞ることになった[4]那覇西高校2年の時にはインターハイ100kg級で準決勝まで進むが、埼玉栄高校小林大輔に合技で敗れて3位だった[1]。3年の時にも準決勝まで進むが、東海大相模高校1年の高木海帆に有効で敗れて2年連続3位に終わった[1]福岡大学に進学して階級を100kg超級に上げると、学生体重別では2年、3年とベスト8になり、4年の時には優勝を飾った[1]

2011年九州電力に入社すると、4月には全日本選手権に初出場するも準々決勝で国士舘大学教員の鈴木桂治に0-3の判定で敗れた[1]。11月の講道館杯では3位となった[1]。一方、国際大会では6月の東アジア選手権で国際大会初優勝を飾った(この大会はランキングポイント対象外の大会)[1]。9月のIJFグランプリシリーズワールドカップ・ウランバートルでは3位だった[1]。その後に出場したグランプリ・アブダビワールドカップ・チェジュグランドスラム・東京では早々と敗れてランキングポイントを稼ぐことが出来なかった[1]

2012年全日本選手権では3回戦で旭化成百瀬優に敗れた[1]選抜体重別では決勝で京葉ガス上川大樹大外刈で破って初優勝を果たした。しかし、オリンピック出場資格を満たす世界ランキング上位22名以内に入っていなかったためにロンドンオリンピック代表には選出されなかった[5]

2013年4月の全日本選手権では3回戦で警視庁棟田康幸に1-2と僅差の判定で敗れた[1]。5月の体重別では前年に引き続き決勝で上川を破ったのを始め、オール一本勝ちで2連覇を達成して世界選手権代表に選ばれた[6]世界選手権では7位にとどまり、メダル獲得はならなかった。団体戦では3位になった[7]。12月の柔道グランドスラム東京2013では、準決勝で韓国の金成民に敗退し3位決定戦に回ったが、日本大学3年の原沢久喜に反則負けを喫して5位にとどまった[1]

2014年2月グランドスラム・パリではオール一本勝ちで優勝した[8]。4月の体重別では決勝で終了間際に上川に技ありで逆転負けを喫して3連覇はならなかった。続く全日本選手権では、準々決勝で旭化成西潟健太袈裟固で敗れて5位に終わった。しかしながら、上川とともに世界選手権代表には選出された[9]。8月の世界選手権では決勝まで進んでフランスのテディ・リネールと対戦した。先に指導3まで取られるが、終了40秒前に大内刈でリネールを崩すもポイントと判断されず結局敗れたものの、銀メダルを獲得した[10]世界団体決勝では地元のロシアと対戦すると、2-2になった場面で相手選手に一本勝ちしてチームの優勝を決定付けた[11]。12月のグランドスラム・東京では前年に続いて5位に終わった[12]

2015年2月のグランプリ・デュッセルドルフでは準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝でも東海大学王子谷剛志を指導3で破って優勝した[13]。4月の体重別では準決勝で西潟に指導3で敗れて3位に終わった。これで西潟には5戦5敗となった[14]。続く全日本選手権では準々決勝で上川を開始早々の大内刈で下すと、準決勝ではこれまで苦手にしていた西潟を小外刈で6度目の対戦にして初めて破るも、決勝ではJRAの原沢の有効で敗れて2位にとどまった。しかし、世界選手権代表には選ばれた[15]。5月のワールドマスターズでは準決勝でリネールの大外刈で敗れて3位だった[16]。8月の世界選手権では決勝でリネールから技ありと有効を取られて昨年に続き2位に終わった[17][18][19]。12月のグランドスラム・東京では決勝で原沢と対戦してお互い指導3が与えられると、GSに入ってから反則負けを喫して2位に終わった[20][21]

2016年2月のグランドスラム・パリでは準決勝でイスラエルのオル・サッソンに背負投で敗れると、3位決定戦でもオランダのロイ・メイヤーの前に有効で敗れて5位に終わった[22]。4月の選抜体重別では決勝で七戸のオリンピック代表争いのライバルとなる原沢の内股の有効で敗れた[23]。続く全日本選手権では準決勝で今まで負けたことのなかった旭化成の王子谷に大外巻込で敗れて、リオデジャネイロオリンピック代表に選出されることはなかった。試合後に七戸は、「日本の重量級は確実にレベルアップしていると思っているんで、その中で自分が1番手であり続けたかったです」とコメントした[24][25]。11月の講道館杯では3回戦で東海大学1年の太田彪雅に終盤になってから立て続けに指導を取られて反則負けを喫した[26]。12月のグランドスラム・東京では準決勝で東海大学3年の影浦心に有効で敗れて3位だった[27]。2017年2月のグランドスラム・パリでは全て一本勝ちで決勝まで進むが、王子谷に反則負けを喫して2位だった[28]

IJF世界ランキングは1460ポイント獲得で10位となっている(17/3/27現在)[29]

戦績[編集]

100kg級での戦績

100kg超級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「柔道全日本強化選手名鑑 2016」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年4月号
  2. ^ 【柔道】沖縄出身の「龍虎兄弟」が奮闘=全日本選抜体重別 日刊スポーツ 2012年5月13日
  3. ^ 「2010年全日本学生体重別選手権」近代柔道 ベースボールマガジン社、2010年11月号、3項-7項
  4. ^ モデル級イケメン七戸が世界初切符/柔道 時事通信 2013年5月13日
  5. ^ [柔道]七戸攻めて100キロ超級初V…全日本選抜体重別 スポーツ報知 2012年5月14日
  6. ^ 攻めて、価値ある連覇=七戸、初の世界切符-全日本選抜体重別柔道 時事通信 2013年5月12日
  7. ^ 七戸、敗者復活も敗退「詰め甘く」/柔道 日刊スポーツ 2013年9月1日
  8. ^ 七戸、山部が優勝=柔道グランドスラム 時事通信 2014年2月10日
  9. ^ 王子谷が初優勝 ロンドン五輪代表・上川に一本勝ち/柔道 サンケイスポーツ 2014年4月29日
  10. ^ 七戸が銀メダル-世界柔道=田知本愛は連続銅 時事通信 2014年8月30日
  11. ^ 男子が団体金、女子は銅 柔道世界選手権 日本経済新聞 2014年8月31日
  12. ^ 男子100キロ超級エース候補の七戸、リネールの前で惨敗/柔道 サンケイスポーツ 2014年12月7日
  13. ^ 七戸と羽賀、山部がV=柔道グランプリ 時事通信 2015年2月23日
  14. ^ 西潟 初V 増量で安定「技が掛かるようになった」 スポーツニッポン 2015年4月5日
  15. ^ 原沢が初優勝=決勝で七戸に快勝-全日本柔道 時事通信 2015年4月29日
  16. ^ 永瀬が優勝=柔道マスターズ 時事通信 2015年5月25日
  17. ^ 羽賀が世界柔道初優勝 七戸と田知本は銀 産経新聞 2015年8月29日
  18. ^ World Championships 2015, Astana
  19. ^ 2年連続銀の七戸、リネールの試合巧者ぶりに完敗 産経新聞 2015年8月30日
  20. ^ 原沢、七戸龍破り初V…男子100キロ超級 読売新聞 2015年12月6日
  21. ^ 七戸、組み手争いで後手=柔道グランドスラム東京 時事通信 2015年12月6日
  22. ^ Paris Grand Slam 2016 - France DAY 2
  23. ^ 原沢久喜が七戸を撃破100キロ超級で初優勝 柔道 日刊スポーツ 2016年4月2日
  24. ^ 王子谷が2年ぶり優勝=原沢、七戸は準決勝敗退-全日本柔道 時事通信 2016年4月29日
  25. ^ 七戸龍は準決勝で敗れる リオ五輪逃し悔しさあらわ - 柔道 日刊スポーツ 2016年4月29日
  26. ^ 世界柔道銀の七戸、指導4つ悪夢3回戦敗退 終盤48秒で3連続指導 時事通信 2016年11月13日
  27. ^ Judo Grand-Slam Tokyo 2016
  28. ^ 男子100キロ級、18歳飯田が初優勝 柔道GSパリ大会 日本経済新聞 2017年2月13日
  29. ^ World ranking list

外部リンク[編集]