小林大輔 (柔道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グランドスラム
2012 東京 100kg級
嘉納杯
2007 東京 100kg級
アジア柔道選手権
2011 アブダビ 100kg級

小林 大輔(こばやし だいすけ、1988年3月17日 - )は、埼玉県上尾市出身の日本柔道選手。階級は100kg級。身長176cm。得意技は内股[1]。現在は綜合警備保障所属[2]。弟は90kg級で活躍する小林悠輔[3]

経歴[編集]

柔道は10歳の時に上尾市柔道教室で始めた[1]

栄東中学3年の時には全国中学校柔道大会90kg超級で優勝を飾った[1]

埼玉栄高校に進学すると、3年の時にはインターハイ100kg級で優勝を果たした[1]

日本大学に進学後、2年の時には嘉納杯を19歳にして制した[1]。翌年の嘉納杯では決勝で天理大学職員の穴井隆将に合技で敗れて2位に終わった。2009年のユニバーシアードでは2位となった。続く講道館杯では初優勝を飾った[1]。卒業後は綜合警備保障所属となった。2011年のアジア選手権では準々決勝で元世界チャンピオンであるカザフスタンのマクシム・ラコフに内股で一本勝ちするものの、準決勝で敗れて3位に終わった[1]。2012年にはグランドスラム・東京に出場すると、決勝で90kg級から階級を上げてきた世界チャンピオンであるギリシャのイリアス・イリアディスを内股で破るなど、5試合オール一本勝ちして今大会の前身である嘉納杯を2007年に制して以来5年ぶり2度目の優勝を果たすことになった[4][5]

2013年の全日本選手権には弟である筑波大学2年の小林悠輔とともに出場すると(弟も3回戦まで進んだ)、準々決勝でJRA石井竜太と対戦して大内刈で技ありを先取しながら中盤に払腰で一本負けを喫するものの5位となった[6]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「柔道全日本強化選手名鑑 2014」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年4月号
  2. ^ 柔道部 部員紹介
  3. ^ 「全日本ジュニア柔道体重別選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年10月号
  4. ^ 柔道グランドスラム、日本勢が3階級制す 読売新聞 2012年12月2日
  5. ^ 男100キロ級 小林がオール一本V/柔道 日刊スポーツ 2012年12月2日
  6. ^ 「全日本柔道選手権」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年6月号

外部リンク[編集]