イリアス・イリアディス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
ギリシャの旗 ギリシャ
男子 柔道
オリンピック
2004 アテネ 81kg級
2012 ロンドン 90kg級
世界柔道選手権
2010 東京 90kg級
2011 パリ 90kg級
2014 チェリャビンスク 90kg級
2005 カイロ 90kg級
2007 リオデジャネイロ 90kg級
2013 リオデジャネイロ 90kg級
ヨーロッパ柔道選手権大会
2004 ブカレスト 81kg級

イリアス・イリアディス(Ilias Iliadis (ギリシア語: Ηλίας Ηλιάδης, 1986年11月10日- )は、ギリシャ柔道家。グルジアカヘティ州出身。身長180cm[1]。ジョージアでの旧名はjarji Zviadauri。3段。 現在はギリシャ軍に在籍して副官を務めている[2][3]

人物[編集]

3度の世界選手権制覇、オリンピックでは2階級でのメダル獲得等の実績により、広く知られた柔道家の一人である。 男子柔道競技での金メダル獲得史上最年少、かつメダル獲得最年少となる、17歳での五輪制覇を成し遂げた。

10歳の時にグルジアで柔道を始めた[2]チリキシビリリパルテリアニらと同じ道場に通っていた。その後、2002年にギリシャに帰化。 2004年のヨーロッパ柔道選手権では史上最年少で優勝した。 同年のアテネオリンピックの男子81kg級に17歳で出場し男子としては史上最年少で金メダルを獲得した[1]。これによりギリシャ軍の大佐に任命された。 このとき、いとこズラブ・ズビャダウリも柔道で金メダルを獲得している(90kg級)[2]

2005年世界柔道選手権大会では決勝で泉浩に敗れて銀メダル、2007年世界柔道選手権大会では決勝でイラクリ・チレキゼに敗れて銀メダルを獲得している[3]

2008年の北京オリンピックの開会式ではギリシャ選手団の旗手を務めたが、競技では1回戦敗退に終わった[1][2]

2007年世界柔道選手権大会で2位になって以降は怪我の影響もあり成績は低迷した。北京でも結果を出せず半ば引退と言われた時期もあったが、2010年世界柔道選手権大会では、優勝候補の小野卓志西山大希を立て続けに破り優勝を果たした。 2011年世界柔道選手権大会では、決勝で2年連続の対戦となった西山大希を破り大会2連覇を達成した[3]

2012年7月のロンドンオリンピックでは優勝候補筆頭だったものの、準々決勝でロシアのキリル・デニソフに有効で敗れるが、敗者復活戦を勝ち上がって銅メダルを獲得した[1]

2013年の世界選手権では、準決勝でキューバのアスレイ・ゴンサレスに有効で敗れて3位にとどまった[3]

2014年の世界選手権では、決勝でハンガリーのトート・クリスティアーンに一本勝ちし、2011年以来となる3度目の優勝を飾った[4][5]

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは初戦で中国の程訓釗に敗れ、現役引退を表明した[3][6]

2017年には現役復帰して世界選手権(無差別)に出場するも、初戦でオランダのロイ・メイヤーに大外刈りの技ありで敗れた[3][7]

主な戦績[編集]

73kg級での戦績

81kg級での戦績

90kg級での戦績

(出典[3]JudoInside.com)。 

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]