グランドスラム・東京2014

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グランドスラム・東京2014(グランドスラムとうきょうにせんじゅうよん)は2014年12月5日 - 7日の3日間に渡り、東京体育館で開催された[1]柔道の国際大会ある。

大会概要[編集]

正式名称 GRAND SLAM TOKYO 2014 INTERNATIONAL JUDO TOURNAMENT
開催日程 5日 男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級
6日 男子73kg級、81kg級、女子63kg級、70kg級
7日 男子90kg級、100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級
開催場所 東京体育館
主催 財団法人全日本柔道連盟

    

大会結果[編集]

男子[編集]

階級
60kg以下級 大韓民国の旗 金源鎮 日本の旗 志々目徹 日本の旗 大島優磨
カザフスタンの旗 ルスタム・イブラエフ
66kg以下級 日本の旗 阿部一二三 イスラエルの旗 ゴラン・ポラック 日本の旗 高市賢悟
ロシアの旗 ミハイル・プリャエフ
73kg以下級 日本の旗 秋本啓之 日本の旗 大野将平 ハンガリーの旗 ミクローシュ・ウングバリ
大韓民国の旗 安昌林
81kg以下級 日本の旗 永瀬貴規 アラブ首長国連邦の旗 セルジュ・トマ ドイツの旗 アレクサンダー・ヴィーツェルツァック
ジョージア (国)の旗 アブタンディル・チリキシビリ
90kg以下級 大韓民国の旗 郭同韓 日本の旗 西山大希 日本の旗 ベイカー茉秋
大韓民国の旗 キム・ジェヤン
100kg以下級 大韓民国の旗 チョ・グハム フランスの旗 シリル・マレ ウクライナの旗 アルテム・ブロシェンコ
オランダの旗 ヘンク・フロル
100kg超級 ロシアの旗 レナート・サイドフ ジョージア (国)の旗 レヴァニ・マチアシビリ 日本の旗 王子谷剛志
日本の旗 岩尾敬太

女子[編集]

階級
48kg以下級 日本の旗 近藤亜美 日本の旗 浅見八瑠奈 アルゼンチンの旗 パウラ・パレト
大韓民国の旗 鄭普涇
52kg以下級 日本の旗 橋本優貴 日本の旗 西田優香 日本の旗 中村美里
日本の旗 志々目愛
57kg以下級 日本の旗 松本薫 ポルトガルの旗 テルマ・モンテイロ 日本の旗 芳田司
ブラジルの旗 ラファエラ・シルバ
63kg以下級 スロベニアの旗 ティナ・トルステニャク イタリアの旗 エドウィジュ・グウェンド 日本の旗 西川真帆
オランダの旗 アニカ・ファンエムデン
70kg以下級 フランスの旗 ジブリズ・エマヌ 日本の旗 田知本遥 カナダの旗 ケリタ・ズパンシック
ドイツの旗 ラウラ・ヴァルガス=コッホ
78kg以下級 アメリカ合衆国の旗 ケイラ・ハリソン 日本の旗 佐藤瑠香 日本の旗 濱田尚里
スロベニアの旗 アナマリ・ベレンシェク
78kg超級 日本の旗 稲森奈見 日本の旗 朝比奈沙羅 日本の旗 田知本愛
ロシアの旗 クセニア・チビソワ

各国メダル数[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 7 8 11 26
2 大韓民国の旗 韓国 3 0 3 6
3 フランスの旗 フランス 1 1 0 2
4 ロシアの旗 ロシア 1 0 2 3
5 スロベニアの旗 スロベニア 1 0 1 2
6 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 0 0 1
7 ジョージア (国)の旗 ジョージア 0 1 1 2
8 イスラエルの旗 イスラエル 0 1 0 1
イタリアの旗 イタリア 0 1 0 1
ポルトガルの旗 ポルトガル 0 1 0 1
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 0 1 0 1
12 ドイツの旗 ドイツ 0 0 2 2
オランダの旗 オランダ 0 1 0 1
14 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 0 0 1 1
ブラジルの旗 ブラジル 0 0 1 1
カナダの旗 カナダ 0 0 1 1
 ハンガリー 0 0 1 1
 カザフスタン 0 0 1 1
 ウクライナ 0 0 1 1

テレビ放送[編集]

本大会はテレビ東京系列により、テレビ東京の開局50周年特別企画として放送された。MC小泉孝太郎秋元玲奈、ゲスト解説を吉田秀彦杉本美香、解説を穴井隆将福見友子、スペシャルサポーターを青木愛、リポートを狩野恵里がそれぞれ担当した。また、マーティ・フリードマンの“威風堂々〜The Path to Glory”が応援ソングとなった[2][3]

脚注[編集]

外部サイト[編集]