山部佳苗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山部 佳苗
Kanae Yamabe.jpg
基本情報
ラテン文字 YAMABE, Kanae
日本の旗 日本
出生地 北海道札幌市
生年月日 (1990-09-22) 1990年9月22日(27歳)
身長 172cm
選手情報
階級 女子78kg超級
所属 ミキハウス
段位 五段
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 78kg超級
世界選手権
2015 アスタナ 78kg超級
世界団体
2015 アスタナ 70kg超級
2014 チェリャビンスク 70kg超級
ワールドマスターズ
2015 ラバト 78kg超級
2016 グアダラハラ 78kg超級
グランドスラム
2014 パリ 78kg超級
2014 チュメニ 78kg超級
2016 バクー 78kg超級
2013 東京 78kg超級
2010 東京 78kg超級
2016 東京 78kg超級
テンプレートを表示

山部 佳苗(やまべ かなえ、1990年9月22日 - )は、北海道札幌市出身の日本女子柔道選手。階級は78kg超級。段位は五段。身長172cm。体重105kg。組み手は右組み。血液型はB型。得意技は払腰[1]

人物[編集]

現在はミキハウスに所属している[2]。趣味はスノーボードスキー音ゲーの「ピアノタイル2」をプレイすること[1]ももいろクローバーZのファンで、コンサートにも出向いたりしており[3]。なお、2017年8月に発売されたシングル「BLAST!」のミュージックビデオでは柔道の選手役で出演している[4]山梨学院大学・ミキハウスの同期にロンドンオリンピック競泳メダリストの鈴木聡美がいて、競技は違えどお互いの試合を応援しに行く仲でもある[5][6]

経歴[編集]

6歳の時に刑務官の父親の影響で、兄に続いて厚別区体育館柔道クラブで柔道を始めた。なお、この当時は柔道以外にピアノ水泳にも取り組んでいた[1][7]

札幌市立東栄中学3年の時に全国中学校柔道大会の70kg級で2位となった[1]旭川大高2年の時にはインターハイ78kg超級で3位となった[1]。3年の時にはインターハイの3回戦で敗れたことがショックで柔道をやめようと思ったが、村瀬秀行監督に説得されて思いとどまった。その後の全日本ジュニアでは、その年の世界ジュニアで優勝することになる東海大学2年の田知本愛内股すかしで破るなどオール一本勝ちして優勝を果たした[7]

2009年に山梨学院大学へ進学すると、西田孝宏や山部伸敏の指導を受けることになった[7][8]、1年の時には全日本ジュニアで2連覇を果たすと、世界ジュニアでは3位になった[1]

2年の時には全日本学生柔道優勝大会決勝の大将戦で東海大学4年の田知本を破り、山梨学院大学を初優勝に導いた[1]講道館杯でも初優勝を果たした[9]。12月のグランドスラム・東京は3位だった[1]

3年の時には全日本選手権の準決勝でコマツ杉本美香上四方固で敗れるが3位となった[1]全日本学生柔道優勝大会では山梨学院大学の2連覇に貢献した[1]学生体重別では優勝を果たした。11月の講道館杯では田知本に払腰で敗れて2連覇はならなかった[1]

4年の時には全日本選手権の準々決勝で世界ランキング1位である綜合警備保障の田知本を2-1の判定で下すと、準決勝では渋谷教育学園幕張高校1年の朝比奈沙羅に払腰で一本勝ち、決勝では杉本を体落の技ありと指導2を取って破って今大会初優勝を飾った[10]選抜体重別では準決勝で田知本を3-0の判定で破るが、決勝では杉本に背負投で有効を取られて敗れた[1]

2013年にはミキハウスの所属となり、2005年の世界選手権無差別チャンピオンで、全日本女子代表コーチでもある薪谷翠の指導を受けることになった。 全日本選手権では準決勝で了徳寺学園緒方亜香里大内刈で敗れて3位に終わり2連覇はならなかった[11]。12月のグランドスラム・東京では準決勝で世界チャンピオンであるキューバのイダリス・オルティスを破ったものの、決勝で田知本に指導3で敗れた[12]

2014年2月のグランドスラム・パリでは優勝を飾った[13]。翌週のヨーロッパオープン・ローマでも、決勝で豪快な払腰を決めて優勝を果たした[14]。4月の選抜体重別では田知本を指導3で破って初優勝を飾った[15]。続く全日本選手権では、準決勝でコマツの岡村智美を内股すかし、決勝では田知本を内股すかしからの払腰で破るなど、オール一本勝ちで2年ぶり2度目の優勝を果たして、初の世界選手権代表に選出された[16][17]。7月のグランドスラム・チュメニではオール一本勝ちで優勝を飾った[18]。8月の世界選手権では準々決勝でフランスのエミリー・アンデオルに有効で敗れると、敗者復活戦でも敗れて7位に終わった[19]世界団体では3位だった[20]

2015年2月のグランプリ・デュッセルドルフでは優勝を飾った[21]。4月の体重別では準決勝で三井住友海上稲森奈見の前に指導3で敗れて3位に終わった。続く全日本選手権では準決勝までオール一本勝ちするものの、決勝では昨年破った田知本に0-3の判定で敗れて2連覇はならなかった。しかし、最近の国際大会での活躍が評価されて、田知本とともに世界選手権代表に選出された[22][23]。5月のワールドマスターズでは決勝で中国の于頌に指導3で敗れて2位だった[24]。8月の世界選手権では準々決勝で于頌に敗れるも、その後敗者復活戦を勝ち上がって3位になった[25][26]世界団体では初戦から全勝してチームの優勝に貢献した[27]。10月の国体成年女子の部には和歌山県チームの一員として出場して引き分けを含めて全勝するもチームは3位にとどまった[28]。12月のグランドスラム・東京では準々決勝で稲森に敗れるなどして7位に終わった[29]

2016年2月のグランドスラム・パリでは初戦で地元フランスのマリーヌ・エルと対戦して大内刈で敗れた。山部は「毎回、ここで変な試合をしてしまったら、もう代表に選ばれなくなってしまうかもしれないと結果を怖がっていました。試合が来るのが怖かったですし、練習で畳に上がるのも怖い時期がありました。そういう気持ちが結果に出てしまいました」と、この時期の精神状態について後に振り返った[30][31]。4月の選抜体重別では決勝で東海大学2年の朝比奈沙羅を指導2で破って優勝して、オリンピック代表への望みを繋いだ[32]。続く全日本選手権では決勝で田知本と対戦すると、残り50秒のところで左膝を負傷した田知本に対して山部は、「相手がどうなろうと手段を選んではいられない」と田知本の左膝を容赦なく攻め続けて崩れたところを隅落の技ありから横四方固で抑え込んで合技による一本勝ちを収めた。この結果、リオデジャネイロオリンピック代表に選出された。選考にあたって代表の南條充寿監督及びコーチ陣は今回の直接対決で山部が一本勝ちしたのは大きかったとして満場一致で山部を代表に推薦した。一方で3名の強化委員から、他の階級は国際大会での実績が代表選出に当たって重要な決め手となったのに、この階級だけは最近の国際大会での実績(去年の世界選手権で田知本は2位、山部は3位、今年のグランドスラムパリで田知本は優勝、山部は初戦敗退)でリードする田知本を選出しないのは2重基準ではないかとの疑問も投げかけられた。それに対して、2014年以降では両者とも国際大会でそれぞれ4度優勝しており差がないと指摘する強化委員もいた。だが、男子の代表選考の場合とは異なり国際大会における具体的な勝率や世界の強豪との対戦成績は今回考慮されておらず、「山部ありきの選考」と批判する強化委員もいた。なお、南條監督は田知本のケガは選考と直接関係ないとしているが、山下泰裕強化委員長による「重量級の選手が膝をけがすれば時間がかかる。思い切り戦える選手を出すべきではないか」という提言で選考の流れが変わり、強化委員による多数決の採決にまでは至らずに代表が決定されることになったという[33][34][35][36][37][38]。 5月にはグランドスラム・バクーに出場して決勝まで進むと、準決勝で背中を負傷した于頌が棄権したために不戦勝で優勝を飾った[39][40]。続いて世界ランク上位選手が集まるワールドマスターズに出場するが、準決勝で馬思思に反則負けを喫して3位にとどまった[41]。8月のリオデジャネイロオリンピックでは初戦となる2回戦でリトアニアのサンタ・パケニテに指導1を先取されるも大外刈で逆転勝ちすると、準々決勝ではオランダのテッシー・サベルコウルスに指導1を先取された後に有効で逆転すると払腰で一本勝ちした。準決勝ではキューバのオルティスと対戦し指導1を先取されてから指導1を取り返すも直後に有効を取られて敗れるが、3位決定戦ではトルコのカイラ・サイトを大外刈の技ありで破って銅メダルを獲得した[42]。9月にはその功績から和歌山県スポーツ顕彰が贈られた[43]。さらには道民栄誉賞を受賞した[44]。12月にはグランドスラム・東京に出場するも、準決勝で東海大学2年の朝比奈に合技で敗れて3位だった[45]。2017年2月のグランドスラム・パリでは決勝で朝比奈に反則負けを喫して2位だった[46]。4月の体重別では準決勝で南筑高校2年の素根輝に技ありで敗れて3位だった[47]。続く全日本選手権では3回戦で三井住友海上の78kg級の選手である高山莉加にGSに入ってから指導2を取られて敗れた[48]

IJF世界ランキングは1671ポイント獲得で13位(17/8/28現在)[49]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

有力選手との対戦成績[編集]

(2017年12月現在)

対戦成績
国籍 選手名 内容
日本の旗 田知本愛 7勝5敗
中華人民共和国の旗 于頌 1勝3敗
中華人民共和国の旗 馬思思 1勝1敗
キューバの旗 イダリス・オルティス 2勝2敗
ブラジルの旗 マリア・アルテマン 2勝2敗
フランスの旗 エミリ・アンデオル 3勝3敗
スロベニアの旗 ルツィヤ・ポラウデル 4勝1敗

(参考資料:ベースボールマガジン社発行の近代柔道バックナンバー、JudoInside.com等)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「柔道全日本強化選手名鑑 2017」近代柔道 ベースボールマガジン社、2017年4月号
  2. ^ 山部 佳苗(柔道)|mikiHOUSE SPORTS CLUB
  3. ^ 山部佳苗、楽しまなきゃ!で気付いたら優勝していた
  4. ^ ももクロ、新曲「BLAST!」MVでアスリートと対戦 百田は柔道山部選手と
  5. ^ 阿部健吾 (2016年4月16日). “ともにリオへ 柔道・山部に水泳・鈴木聡美から勇気”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/sports/news/1632841.html 
  6. ^ 【柔道】山部が逆転リオ!ライバル田知本撃破で初切符「金メダル取りたい」 スポーツ報知 2016年4月17日
  7. ^ a b c 「全日本女子インタビュー 山部佳苗」近代柔道 ベースボールマガジン社、2012年7月号
  8. ^ 柔道部 選手紹介 山部 佳苗
  9. ^ 講道館杯全日本体重別選手権 初日~山部佳苗(78kg超級)が柔道日本一に輝く~ 2010年11月20日
  10. ^ 山部、主役倒して新女王=「リオ」にらむ21歳-全日本女子柔道 時事通信 2012年4月15日
  11. ^ 緒方が初優勝 柔道の全日本女子選手権 日本経済新聞 2013年4月21日
  12. ^ 日本勢男子5階級、女子6階級で金/柔道 日刊スポーツ 2013年12月1日
  13. ^ 七戸、山部が優勝=柔道グランドスラム 時事通信 2014年2月10日
  14. ^ 山部ら優勝=柔道欧州オープン 時事通信 2014年2月16日
  15. ^ 大野が初制覇=高藤、山部ら優勝-選抜体重別柔道 時事通信 2014年4月6日
  16. ^ 山部が2年ぶり優勝=オール一本、初代表に-全日本女子柔道 時事通信 2014年4月20日
  17. ^ 山部が2年ぶり2度目V 全日本女子選手権 スポーツニッポン 2014年4月20日
  18. ^ 吉田、山部が優勝=柔道グランドスラム 時事通信 2014年7月13日
  19. ^ 山部、ほろ苦い初舞台=世界柔道 時事通信 2014年8月30日
  20. ^ 男子が団体金、女子は銅 柔道世界選手権 日本経済新聞 2014年8月31日
  21. ^ 七戸と羽賀、山部がV=柔道グランプリ 時事通信 2015年2月23日
  22. ^ 柔道の全日本女子選手権 田知本が初優勝 NHK 2015年4月19日
  23. ^ 田知本愛と山部を選出=女子の世界代表決定 時事通信 2015年4月19日
  24. ^ 永瀬が優勝=柔道マスターズ 時事通信 2015年5月25日
  25. ^ 世界柔道・羽賀「金」…田知本が銀、山部は銅 読売新聞 2015年8月29日
  26. ^ World Championships 2015, Astana
  27. ^ 日本、団体で男女アベック優勝 柔道世界選手権 日本経済新聞 2015年8月30日
  28. ^ 第70回国民体育大会
  29. ^ グランドスラム東京2015
  30. ^ Paris Grand Slam 2016 - France DAY 2
  31. ^ 山部佳苗、弱さを受け入れ取り戻した自信大逆転でつかんだリオ五輪柔道代表
  32. ^ 山部、五輪へ望みつなぐ「負けたら次がないと思っていた」/柔道 サンケイスポーツ 2016年4月2日
  33. ^ 執念実った山部=心の弱さ乗り越える-全日本女子柔道 時事通信 2016年4月17日
  34. ^ 【柔道】25歳・山部、残り50秒、大逆転でリオ五輪78キロ超級の代表つかむ 産経新聞 2016年4月17日
  35. ^ 強化委から異論の山部佳苗が代表 選考基準にブレ? - 柔道 日刊スポーツ 2016年4月17日
  36. ^ 【柔道】女王山部の選考理由…田知本の実績より直接対決が決め手 スポーツ報知 2016年4月17日
  37. ^ 田知本愛負傷で状況一転…山下強化委員長の発言で代表決定/柔道 サンケイスポーツ 2016年4月18日
  38. ^ 山部ありき? 柔道五輪選考また大モメ舞台裏 東京スポーツ 2016年4月18日
  39. ^ 山部が優勝=柔道グランドスラム 時事通信 2016年5月9日
  40. ^ Baku Grand Slam 2016 - Azerbaijan
  41. ^ 21歳ベイカー茉秋がV 原沢、山部は3位 スポーツニッポン 2016年5月30日
  42. ^ Judo Olympic Games 2016
  43. ^ 柔道女子・山部選手、知事に「銅」獲得報告 「県スポーツ顕彰」の授与も 毎日新聞 2016年9月6日
  44. ^ 銅メダル山部に道民栄誉賞「背中押してもらった」 - 柔道 日刊スポーツ 2016年9月14日
  45. ^ リオ銅の山部、3位に終わるも前向き「まだまだ強くなれる」/柔道 サンケイスポーツ 2016年12月4日
  46. ^ 男子100キロ級、18歳飯田が初優勝 柔道GSパリ大会 日本経済新聞 2017年2月13日
  47. ^ 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  48. ^ 朝比奈、田知本を破り初優勝…全日本女子柔道 読売新聞 2017年4月16日
  49. ^ World ranking list

外部リンク[編集]