マイラ・アギアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイラ・アギアル
2010 World Judo Championships - Mayra Aguiar.JPG
基本情報
ラテン文字 Mayra Aguiar
ブラジルの旗 ブラジル
出生地 ブラジルの旗ポルト・アレグレ
生年月日 1991年8月3日(24歳)
身長 178cm
選手情報
階級 女子78kg級
所属 SOGIPA
段位 2段
 
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
女子 柔道
オリンピック
2012 ロンドン 78kg級
世界柔道選手権
2014 チェリャビンスク 78kg級
2010 東京 78kg級
2011 パリ 78kg級
2013 リオデジャネイロ 78kg級
テンプレートを表示

マイラ・アギアルラテン語: Mayra Aguiar1991年8月3日 - )は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ出身の女子柔道選手[1][2]。ブラジル柔道界でも非常に人気のある選手の一人でもある。

来歴[編集]

柔道は6歳の時に始め、シドニーオリンピック銀メダリストのティアゴ・カミロらが所属する道場に通っていた[3]

2006年にブラジル選手権70kg級に出場しいきなり優勝、翌年のワールドカップで国際大会デビューを果たし銅メダルを獲得した。2007年パンアメリカン柔道選手権大会では銀メダルに終わる。2008年ワールドカップ・ワルシャワで国際大会初の金メダルを獲得した[2]

しかし、同年末に右足靱帯を損傷する大けがを負い10か月間のリハビリを余儀なくされた。2009年から78kg級に階級を上げ復活、大舞台の2010年世界柔道選手権大会では見事銀メダルを獲得したが、2011年の世界選手権では3位に終わった。2012年のワールド・マスターズではオール一本勝ちで優勝を果たした[4]。 2012年7月のロンドンオリンピックでは準決勝でアメリカのケイラ・ハリソンの前に敗れるが、3位決定戦ではオランダのマリンド・フェルケルクに勝って銅メダルを獲得した[1]。2013年の世界選手権では3位だった。2014年の世界選手権では準決勝でハリソンを技ありで破ると、決勝でもフランスのオドレー・チュメオを技ありで破って優勝を飾った[5][6]。2015年のパンアメリカン競技大会では決勝でハリソンに敗れて2位だった。世界選手権では3回戦でポーランドのダリア・ポゴルゼレツに技ありと有効を取られて2連覇はならなかった[7]

IJF世界ランキングは1208ポイント獲得で11位(16/8/1現在)[8]

主な戦績[編集]

70kg級での戦績

78kg級での戦績

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]