2008年世界ジュニア柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2008年世界ジュニア柔道選手権大会(第14回世界ジュニア柔道選手権大会)はタイバンコク2008年10月23日から10月26日まで開催された。今大会において延長戦の短縮や効果ポイントの廃止、敗者復活戦の縮小などを試験導入した。これを受けて2009年から正式導入されることとなった[1]

メダリスト[編集]

男子[編集]

Event
60kg以下級 ロシアの旗 アルセン・ガルスチャン モンゴルの旗 ダワードルジ・トゥムルフレグ 日本の旗 山本浩史
ウズベキスタンの旗 ガビット・エシムベトフ
66kg以下級 フランスの旗 ウゴ・ルグラン ハンガリーの旗 ゾルト・ゴリャナチ 日本の旗 海老沼匡
アゼルバイジャンの旗 サルハン・アフマドフ
73kg以下級 大韓民国の旗 金原中 オランダの旗 ベンジ・ノルタン 日本の旗 中矢力
ブラジルの旗 ビクトル・オリベイラ
81kg以下級 ロシアの旗 アリベク・バシュカエフ ウクライナの旗 アルテム・ヴァシレンコ 日本の旗 海老泰博
アゼルバイジャンの旗 ラミン・グルバノフ
90kg以下級 ジョージア (国)の旗 ヴァルラーム・リパルテリアニ オランダの旗 マービン・デラクロース イギリスの旗 ルーク・テイラー
スウェーデンの旗 マーカス・ナイマン
100kg以下級 チェコの旗 ルカシュ・クルパレク オランダの旗 マービン・フイスマン ベラルーシの旗 アントン・マーツレビッチ
モンゴルの旗 バトトルガ・テムーレン
100kg超級 フランスの旗 テディ・リネール 日本の旗 百瀬優 ロシアの旗 マゴメド・ナズムディノフ
中華人民共和国の旗 王皓

女子[編集]

Event
48kg以下級 ブラジルの旗 サラ・メネゼス チュニジアの旗 デリャ・シビル 日本の旗 浅香夕海
オランダの旗 フリニス・ロヨット
52kg以下級 日本の旗 加賀谷千保 イスラエルの旗 シャハール・レヴィ ドイツの旗 スージー・ジンマーマン
ハンガリーの旗 バーバラ・マロシュ
57kg以下級 ブラジルの旗 ラファエラ・シルバ フランスの旗 オトーヌ・パヴィア イギリスの旗 ジェマ・ハウエル
スロベニアの旗 ティナ・トルステニャク
63kg以下級 日本の旗 菊川優希 オランダの旗 アントイネッテ・ヘニンク ブラジルの旗 カミラ・ミナカワ
ハンガリーの旗 エスター・ギャスパー
70kg以下級 日本の旗 田知本遥 ブラジルの旗 マイラ・アギアル ハンガリーの旗 ヨー・アビゲール
ロシアの旗 イリナ・ソルディヤ
78kg以下級 アメリカ合衆国の旗 ケイラ・ハリソン スイスの旗 ナディア・カンペストリン 日本の旗 佐藤瑠香
ドイツの旗 ルイーゼ・マルツァン
78kg超級 日本の旗 田知本愛 イギリスの旗 アシュリー・フレミング ウクライナの旗 スビトラナ・ヤロムカ
大韓民国の旗 キム・ジヨン

各国メダル数[編集]

順位 国・地域
1 日本の旗 日本 4 1 6 11
2 フランスの旗 フランス 2 2 0 4
3 ブラジルの旗 ブラジル 2 1 2 5
4 ロシアの旗 ロシア 2 0 2 4
5 大韓民国の旗 韓国 1 0 1 2
6  チェコ 1 0 0 1
ジョージア (国)の旗 ジョージア 1 0 0 1
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 0 0 1
9 オランダの旗 オランダ 0 4 1 5
10  ハンガリー 0 1 3 4
11 イギリスの旗 イギリス 0 1 2 3
12 モンゴルの旗 モンゴル 0 1 1 2
 ウクライナ 0 1 1 2
14 イスラエルの旗 イスラエル 0 1 0 1
トルコの旗 トルコ 0 1 0 1
16 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 0 0 2 2
17  ベラルーシ 0 0 1 1
中華人民共和国の旗 中国 0 0 1 1
ドイツの旗 ドイツ 0 0 1 1
スロベニアの旗 スロベニア 0 0 1 1
スイスの旗 スイス 0 0 1 1
 スウェーデン 0 0 1 1
 ウズベキスタン 0 0 1 1

脚注[編集]

  1. ^ 「ランキング制とグランプリシリーズ導入が正式決定」近代柔道 ベースボールマガジン社、2008年12月号、38-41頁

外部リンク[編集]