田知本愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田知本 愛
基本情報
ラテン文字 Megumi TACHIMOTO
日本の旗 日本
出生地 日本の旗富山県射水市
生年月日 1989年1月27日(27歳)
身長 168cm
選手情報
階級 78kg超級
所属 綜合警備保障
段位 四段
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界柔道選手権
2015 アスタナ 78kg超級
2014 チェリャビンスク 78kg超級
2013 リオデジャネイロ 78kg超級
2010 東京 無差別
2008 ルヴァロワ=ペレ 無差別
世界団体
2012 サルヴァドール 70kg超級
2013 リオデジャネイロ 70kg超級
2014 チェリャビンスク 70kg超級
ワールドマスターズ
2011 バクー 78kg超級
2010 水原 78kg超級
2015 ラバト 78kg超級
グランドスラム
2010 東京 78kg超級
2011 パリ 78kg超級
2011 リオ 78kg超級
2012 パリ 78kg超級
2012 東京 78kg超級
2013 パリ 78kg超級
2013 東京 78kg超級
2016 パリ 78kg超級
2010 モスクワ 78kg超級
2011 東京 78kg超級
2009 パリ 78kg超級
2009 東京 78kg超級
2011 モスクワ 78kg超級
2014 東京 78kg超級
アジア大会
2010 広州 無差別
アジア柔道選手権
2011 アブダビ 78kg超級
テンプレートを表示

田知本 愛(たちもと めぐみ、1989年1月27日 - )は、富山県射水市 出身の日本女子柔道家。身長168cm、体重110kg。血液型はB型。組み手は左組み。段位は四段。得意技は大外刈払腰[1]綜合警備保障所属。妹は70kg級で活躍している田知本遥[2]

人物[編集]

柔道は早くも保育園の頃に始めるが一旦辞めて、小学校3年の時に妹の遥とともに小杉柔道クラブで再び始めた。道場での練習以外に家でも全国中学校柔道大会の団体戦で小杉中学が初優勝した時の主将だった父から家族ぐるみで柔道を教わっていた。しかし、体が大きい割りに弱くて練習もきつく感じていたことから、辞めたいとばかり考えていた。だが、小杉中学入学の際に小遣いを上げてもらう約束で結局柔道を続けることになった[3]。当時の小杉中学には女子柔道部が存在しなかったために、小杉南中学で稽古を積んでいたが、1年の8月には全国中学校柔道大会に出場したことで小杉中学にも女子柔道部が設置されて、朽木淳司の指導を受けることになった。3年の時には8月の全国中学校柔道大会70kg超級で春光台中学3年の川島巴瑠菜に敗れるも2位となった[3]

小杉高校に進むと、3年の時には4月に全日本選手権に出場すると、準々決勝で綜合警備保障の塚田真希大外刈で敗れるも5位になった。7月の金鷲旗と8月のインターハイ団体戦では妹の遥とともに活躍して優勝を勝ち取ると、個人戦の78kg超級でも優勝して2冠を達成した。10月の国体少年女子の部では準々決勝で北海道と対戦すると、インターハイ70kg級チャンピオンである 旭川南高校2年の上野巴恵に合技で敗れて5位だった。全日本ジュニアでは3位だったが、続く世界ジュニアでは初戦でルーマニアの選手に技ありで敗れた[3]。シニアの国際大会初出場となったベルギー国際では妹の遥と姉妹優勝を飾った[4]

2007年には東海大学に進学すると、1年の時には6月の優勝大会で優勝すると、9月の全日本ジュニアでは決勝で日本大学2年の白石のどかを大外刈で破って優勝を飾った。10月の学生体重別ではこの年から前人未到の4連覇を達成することになった。11月の講道館杯では3位だった[1]

2年の時には4月の全日本選手権準決勝で大学の先輩である塚田に上四方固で敗れるも3位になった。6月の優勝大会ではこの年から3年連続で2位にとどまった。7月のアジアジュニアでは優勝した。9月の全日本ジュニアでは決勝で旭川大高3年の山部佳苗内股すかしで敗れた。10月の世界ジュニアでは70kg級で優勝した妹の遥とのアベック優勝を果たした[5]。11月の講道館杯では3位だった。12月の世界選手権無差別では準決勝で中国のトウ文崩上四方固で敗れるも3位になった。グランドスラム・パリでも3位だった[1]

3年の時には11月の講道館杯、12月のグランドスラム・東京、2010年1月のワールドマスターズと3位が続いたが、2月のワールドカップ・ブダペストグランプリ・デュッセルドルフで優勝を飾った[1]

4年の時には7月のグランドスラム・モスクワ決勝で塚田に技ありで敗れた。9月に東京で開催された世界選手権では無差別に出場して準々決勝でフランスの78kg級の選手であるセリーヌ・ルブラン大外巻込で敗れるが、その後の3位決定戦で韓国の金ナ永に技ありで勝って3位になった。10月のアジア大会では初戦で地元中国の劉歓縁に払腰で敗れるも敗者復活戦を勝ち上がって3位になった。12月のグランドスラム・東京では決勝でキューバのイダリス・オルティスを指導3で破って、2008年の世界ジュニアに続く国際大会での姉妹優勝を果たした[6]。2011年1月のワールドマスターズでは決勝でコマツ杉本美香を指導2で破って優勝すると、2月のグランドスラム・パリでも決勝でスロベニアのルツィヤ・ポラウデルを指導3で破って優勝を飾った[1]

4月からは綜合警備保障の所属となった。アジア選手権では78kg超級決勝で中国の秦茜を判定で破って優勝すると、団体戦でも妹の遥とともに活躍して優勝を果たした。続く全日本選手権では初戦で78kg級の選手である筑波大学3年の緒方亜香里に技ありで敗れた。6月のグランドスラム・リオでは優勝した[1]。しかし8月の世界選手権では準々決勝で佟文に上四方固で敗れると、3位決定戦でも杉本に指導2で敗れて5位に終わった[7]。10月の世界選手権無差別では準決勝で地元ロシアのテア・ドングサシビリに上四方固で敗れると、3位決定戦でも近畿大学3年の橋口ななみに技ありで敗れて5位に終わった。11月の講道館杯決勝では山梨学院大学3年の山部佳苗に先に指導2を取られてリードされるが、払腰で逆転勝ちして、今大会初優勝を飾った[8]。12月のグランドスラム・東京では決勝でロンドンオリンピックの代表を争うライバルの杉本に判定で敗れて2位にとどまった。しかしながら、この年の世界ランキングでは1位で終わることになった[9]

2012年1月のワールドマスターズでは準々決勝で地元カザフスタンのグルジャン・イサノワに有効で敗れた[1]。2月にはグランドスラム・パリに出場して、決勝でロシアのエレナ・イワシェンコを3-0の判定で破って、70kg級で優勝した妹の遥ともども姉妹優勝を果たした[10][11]。4月の全日本選手権では、準々決勝で山部に1-2の判定で敗れて、5位に終わった[12]。5月の選抜体重別では準決勝で山部に0-3の判定で敗れて、世界ランキング1位でありながらロンドンオリンピック代表にはなれなかった。この時、放心状態と化した姉にオリンピック代表が決まった妹は声をかけることさえできなかった[13][14]。10月の世界団体では決勝で中国と対戦すると、2-2で迎えた大将戦において秦茜に技ありで勝利を収めて、日本チームを優勝に導く活躍を果たした。試合後のインタビューでは、「人任せではなく、やる前から自分で取らなければならないという気持ちで闘った。気持ちで前に出ることができ、リオデジャネイロ五輪に向け、いいスタートが切れた。」と語った[15][16]。12月にはグランドスラム・東京に出場すると、決勝でロンドンオリンピック金メダリストであるオルティスを片手絞で破って、今大会2年ぶり2度目の優勝を果たした[17]

2013年2月にはグランドスラム・パリに出場すると、決勝でオルティスに反則勝ちするなど、オール一本勝ちで今大会3連覇を飾った。女子柔道強化選手による暴力告発問題に関しては、「向こうに行ったら、(騒動は)そんなに気にならなかった。いつも通り試合に集中できた」と述べた[18][19]。4月の全日本選手権では順当に決勝まで進むが、関東予選決勝では2-1の微妙な判定ながら破っていた了徳寺学園職員の緒方亜香里に大内刈で有効を取られて優勢負けして2位にとどまった[20]。5月の体重別では3位にとどまったが、実績で世界選手権代表に選ばれた[21]。8月の世界選手権では、準決勝でオルティスに指導2で敗れて3位に終わった[22]。一方、世界団体では決勝で地元のブラジルと対戦すると、副将戦で妹の遥が敗れたために2-2のタイで迎えた大将戦において、マリア・アルテマンに指導1で勝利してチームを優勝に導いた。この際に、「団体戦は絶対に勝ちたかった。最後に金メダルを取れて良かった。決勝は妹(遥)が失点したので、自分が取り返さないといけないと思った」と語った[23][24]。12月のグランドスラム・東京では準決勝で渋谷教育学園渋谷高校1年の朝比奈沙羅を指導2、決勝では山部を指導3でそれぞれ破って、今大会2年連続3度目の優勝を果たした[25]

2014年2月のグランプリ・デュッセルドルフではオール一本勝ちで優勝を果たした[26]。4月の体重別では決勝で山部に指導3で敗れた。続く全日本選手権では、決勝で山部に払腰で敗れて2年連続2位にとどまったものの、国際大会での活躍が評価されて、山部とともに世界選手権代表に選出された[27]。6月のグランプリ・ブダペストではオール一本勝ちで優勝して、最優秀女子選手に選ばれた[28]。8月の世界選手権では準決勝でアルテマンに指導1で敗れてまたも3位に終わった。この際に、「銅メダルばかりで、その壁を破れなかった」「やってきたことを出せなかった」と語った[29][30]。世界団体では3位だった[31]。12月のグランドスラム・東京では準決勝で朝比奈に敗れて3位に終わり、3連覇はならなかった[1]

2015年2月のヨーロッパオープン・オーバーヴァルトでは決勝で中国の于頌足車で破るなどしてオール一本勝ちで優勝を飾った[32]。4月の体重別では決勝で三井住友海上稲森奈見を指導2で破って、70kg級で優勝した妹の遥とアベック優勝を果たした[33][34]。続く全日本選手権では決勝で昨年敗れた山部を3-0の判定で破り、今大会出場10回目にして初の優勝を飾って世界選手権代表に選出された。この際に、「去年、一本負けした山部さんにリベンジできた。本当にうれしい」と語った[35][36][37]。5月のワールドマスターズでは準決勝でそれまで3戦全勝していた于頌に指導2で敗れて3位にとどまった[38]。8月の世界選手権では準々決勝でGSに入ってからオルティスを指導1で破ると、準決勝ではロシアのクセニア・チビソワと対戦するとケガをしながらもやはりGSに入ってから有効を取って勝利した。しかし、決勝では于頌に指導2で敗れて2位に終わった。試合後のインタビューでは、「去年(3位)は銀と銅の違いを感じましたが、ことしは金と銀の違いを感じています。あと少しで優勝できたので…」と語った[39][40]。12月にはグランドスラム・東京に出場予定だったが、世界選手権の時に負傷した左大腿半膜様筋損傷により欠場することとなった[41]

2016年2月のグランドスラム・パリでは3回戦で于頌を指導2で破るなどして決勝まで進むと、中国の馬思思を指導2で破って、今大会3年ぶり4度目の優勝を飾った。また、グランドスラム大会の新記録となる14個目のメダル獲得ともなった[42][43]。4月の選抜体重別では準決勝で大学の8年後輩となる朝比奈にGSに入ってから払巻込の有効で敗れて3位にとどまった[44][45]。なお、妹は今大会で優勝して一足早くオリンピック代表に選出された[46]。続く全日本選手権では決勝で山部と対戦すると、指導2でリードされた終了50秒前に左膝を負傷したが、「相手がどうなろうと手段を選んではいられない」山部によってケガした左膝を容赦なく攻められると、崩れたところを隅落の技ありから横四方固で抑え込まれて合技による一本負けを喫した。この結果、山部がリオデジャネイロオリンピック代表に選出されて、前回のロンドンオリンピックに続いてまたも姉妹でのオリンピック出場を果たせずに終わった。試合後には、「最後まで戦えなかった悔しさがある」とのコメントを出した。選考にあたって代表監督の南條充寿及びコーチ陣は今回の直接対決で山部が一本勝ちしたのは大きかったとして満場一致で山部を代表に推薦した。一方で3名の強化委員から、他の階級は国際大会での実績が代表選出に当たって重要な決め手となったのに、この階級だけは最近の国際大会での実績(去年の世界選手権で田知本は2位、山部は3位、今年のグランドスラムパリで田知本は優勝、山部は初戦敗退)でリードする田知本を選出しないのは2重基準ではないかとの疑問も投げかけられた。それに対して、2014年以降では両者とも国際大会でそれぞれ4度優勝しており差がないと指摘する強化委員もいた。だが、男子の代表選考の場合とは異なり、国際大会における具体的な勝率や世界の強豪との対戦成績は今回考慮されておらず、「山部ありきの選考」と批判する強化委員もいた。なお、南條は田知本のケガは選考と直接関係ないとしているが、強化委員長の山下泰裕による「重量級の選手が膝をけがすれば時間がかかる。思い切り戦える選手を出すべきではないか」という提言で選考の流れが変わり、強化委員による多数決の採決にまでは至らずに代表が決定されることになったという[47][48][49][50][51][52]。なお、試合後の検査で左膝の前十字靱帯及び外側側副靱帯損傷により全治2ヶ月だと判明した[53]。その後に妹の遥は姉と食事をする機会を得ると、次のように語った。「姉ちゃんは前を向き始めていて、私はそれがうれしかった。リオ五輪も応援に来ると言ってくれた。金メダルを取って喜びを分かち合いたい」[54]

IJF世界ランキングは1700ポイント獲得で、6位(16/8/1現在)[55]

人物[編集]

妹の遥とはよくケンカをするという[56]。2010年の世界選手権63kg級で2位になった田中美衣によれば、この姉妹がケンカをすると姉はケンカをしている素振りを周囲に感じさせないのに、妹の方は「ケンカしてますオーラ」を思い切り発散させるので、妹の様子を見ればケンカをしているかすぐに分かると語っている[57]。2010年12月のグランドスラム・東京で姉妹優勝した際には1週間程度で仲直りしたが、2012年1月のワールドマスターズ前に他愛のないことでケンカした際には妹が謝ってもなかなか許そうとせず、1ヶ月以上口を聞かなかった[58]。さらに、2012年5月に妹はロンドンオリンピック代表に選出されたが、姉の自分は落選したことで半年ほど口を聞かなかったこともあった[36][59]。しかしながら、2015年2月にドーピング違反の疑いのある風邪薬を服用したことでグランプリ・デュッセルドルフに出場できず、全柔連から警告処分を受けて落ち込んでいた妹に対して(詳細は田知本遥#市販薬の服用を巡ってを参照のこと)、色々とアドバイスを与えたりそばについてあげたりして復活の手助けをした。それが功を奏してか、4月の体重別ではアベック優勝を果たすことになった。続く全日本選手権では初優勝を成し遂げたが、この際には妹がサポート役に徹した[36][60]。2016年1月の強化合宿の際には、「一緒に五輪に出たい。互いに言葉はなくても 感じ合っている」と姉妹でのオリンピック出場に思いを寄せた[61]

コマツに所属している48kg級の浅見八瑠奈は一番仲の良い選手で、同じ年ながら「お姉ちゃん」と呼ばれている。また、お互いの相談話をよく持ちかけたりしている[62]。2016年4月の体重別では初戦で敗れてロンドンオリンピックに続いて代表の座を逃した浅見からは、「4年間やってきたことを出せないのは悔しいよ」との言葉を掛けられた。しかしながら、田知本自身も浅見に続いて代表の座を逃すことになってしまった[63][64]

戦績[編集]

年月 大会 成績
2003年8月 全中 個人戦 70kg超級 2位 団体戦 5位
2005年8月 インターハイ 団体戦 5位
2006年4月 全日本選手権 5位
2006年7月 金鷲旗 妹の遥と姉妹優勝
2006年8月 インターハイ 個人戦 78kg超級 優勝 団体戦 妹の遥と姉妹優勝
2006年9月 全日本ジュニア 3位
2006年10月 国体 少年女子の部 5位
2007年2月 ベルギー国際 妹の遥と姉妹優勝
2007年5月 フランスジュニア国際 優勝
2007年6月 優勝大会 優勝
2007年9月 全日本ジュニア 優勝
2007年10月 - 2010年10月 学生体重別 4連覇(2009年は妹の遥と姉妹優勝)
2007年11月 講道館杯 2位
2008年4月 全日本選手権 3位
2008年4月 ロシアジュニア国際 優勝
2008年6月 - 2010年6月 優勝大会 2位
2008年7月 アジアジュニア 優勝
2008年9月 全日本ジュニア 2位
2008年10月 世界ジュニア 妹の遥と姉妹優勝
2008年11月 講道館杯 3位
2008年12月 世界選手権 3位(無差別)
2009年2月 グランドスラム・パリ 3位
2009年2月 ワールドカップ・ウィーン 3位
2009年4月 選抜体重別 3位
2009年11月 体重別団体 5位
2009年11月 講道館杯 3位
2009年12月 グランドスラム・東京 3位
2010年1月 ワールドマスターズ 3位
2010年2月 ワールドカップ・ブダペスト 優勝
2010年2月 グランプリ・デュッセルドルフ 優勝
2010年7月 グランドスラム・モスクワ 2位
2010年9月 世界選手権 3位 (無差別)
2010年11月 アジア大会 3位 (無差別)
2010年12月 グランドスラム・東京 妹の遥と姉妹優勝
2011年1月 ワールドマスターズ 優勝
2011年2月 グランドスラム・パリ 優勝
2011年2月 ワールドカップ・オーバーヴァルト 2位
2011年4月 アジア選手権 個人戦 優勝 団体戦 妹の遥と姉妹優勝
2011年 ワールドカップ・オーバーヴァルト 2位
2011年5月 グランドスラム・モスクワ 3位
2011年7月 グランドスラム・リオ 優勝
2011年8月 世界選手権 5位
2011年8月 世界団体 2位
2011年10月 世界柔道選手権大会 5位 (無差別)
2011年11月 講道館杯 優勝
2011年12月 グランドスラム・東京 2位
2012年1月 ワールドマスターズ 5位
2012年2月 グランドスラム・パリ 妹の遥と姉妹優勝
2012年4月 全日本選手権 5位
2012年5月 選抜体重別 3位
2012年10月 世界団体 優勝
2012年12月 グランドスラム・東京 優勝
2013年2月 グランドスラム・パリ 優勝
2013年4月 全日本選手権 2位
2013年5月 選抜体重別 3位
2013年6月 グランプリ・マイアミ 3位
2013年8月 世界選手権 3位
2013年8月 世界団体 妹の遥と姉妹優勝
2013年11月 グランドスラム・東京 優勝
2014年2月 グランプリ・デュッセルドルフ 優勝
2014年4月 選抜体重別 2位
2014年4月 全日本選手権 2位
2014年6月 グランプリ・ブダペスト 優勝
2014年8月 世界選手権 3位
2014年8月 世界団体 3位
2014年12月 グランドスラム・東京 3位
2015年2月 ヨーロッパオープン・オーバーヴァルト 優勝
2015年4月 選抜体重別 妹の遥と姉妹優勝
2015年4月 全日本選手権 優勝
2015年5月 ワールドマスターズ 3位
2015年8月 世界選手権 2位
2016年2月 グランドスラム・パリ 優勝
2016年4月 選抜体重別 3位
2016年4月 全日本選手権 2位

(出典[1]JudoInside.com)。

有力選手との対戦成績[編集]

(2016年8月現在)

対戦成績
国籍 選手名 内容
日本の旗 塚田真希 5敗
日本の旗 杉本美香 2勝8敗
日本の旗 山部佳苗 5勝7敗(うち2戦1本勝ち)
中華人民共和国の旗 于頌 4勝2敗(うち2戦1本勝ち)
キューバの旗 イダリス・オルティス 7勝2敗(うち3戦1本勝ち)
ブラジルの旗 マリア・アルテマン 3勝1敗(うち1戦1本勝ち)
フランスの旗 エミリ・アンデオル 3勝(うち2戦1本勝ち)
スロベニアの旗 ルツィヤ・ポラウデル 4勝
中華人民共和国の旗 トウ文 2敗
中華人民共和国の旗 秦茜 4勝1敗

(参考資料:ベースボールマガジン社発行の近代柔道バックナンバー、JudoInside.com等)。

IJFワールド柔道ツアーにおける獲得賞金一覧[編集]

大会 開催日 順位 獲得賞金
世界選手権 2008年12月21日 3位 5,000ドル
グランドスラム・パリ2009 2009年2月8日 3位 1,500ドル
グランドスラム・東京2009 2009年12月11日 3位 1,500ドル
ワールドマスターズ2010 2010年1月17日 3位 2,000ドル
グランプリ・デュッセルドルフ 2010年2月21日 優勝 3,000ドル
グランドスラム・モスクワ2010 2010年7月4日 2位 3,000ドル
グランドスラム・東京2010 2010年12月13日 優勝 5,000ドル
ワールドマスターズ2011 2011年1月16日 優勝 6,000ドル
グランドスラム・パリ2011 2010年2月6日 優勝 5,000ドル
グランドスラム・モスクワ2011 2011年5月29日 3位 1,500ドル
グランドスラム・リオデジャネイロ2011 2011年6月19日 優勝 5,000ドル
グランドスラム・東京2011 2011年12月11日 2位 3,000ドル
グランドスラム・パリ2012 2012年2月5日 優勝 5,000ドル
グランドスラム・東京2012 2012年12月2日 優勝 5,000ドル
グランドスラム・パリ2013 2013年2月10日 優勝 5,000ドル
グランプリ・マイアミ 2013年6月16日 優勝 3,000ドル
世界選手権 2013年8月31日 3位 2,000ドル
グランドスラム・東京2013 2013年12月1日 優勝 5,000ドル
グランプリ・デュッセルドルフ 2014年2月23日 優勝 3,000ドル
グランプリ・ブダペスト 2013年6月22日 優勝 4,000ドル
世界選手権 2013年8月30日 3位 1,600ドル
グランドスラム・東京2014 2014年12月7日 3位 1,200ドル
ワールドマスターズ 2015年5月24日 3位 1,600ドル
世界選手権 2015年8月29日 2位 4,800ドル
グランドスラム・パリ2016 2016年2月7日 優勝 4,000ドル
総計
25大会 86,700ドル
  • 日本選手の場合は、獲得賞金の半分は全柔連の取り分となっていたが、2013年3月からは競技者規定が改訂されて、賞金は全額選手が受け取れることになった[65]。なお、2010年のグランドスラム・パリの場合は、獲得賞金の20%がコーチの取り分となったので、3位の賞金は1,500ドルではなく1,200ドルとなった[66]。2011年の世界選手権ではメダリストに賞金ではなく贈り物が与えられた[67]。2014年のグランプリ・ブダペストでは最優秀女子選手に選ばれて、通常のグランプリ優勝賞金である3000ドル以外にさらに1000ドルを支給された[28]。2014年7月からはIJF主催の各大会でコーチにも賞金が支給されるようになったために、選手の賞金が従来の2割減となった[68]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 「柔道全日本強化選手名鑑 2016」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年4月号
  2. ^ 柔道部 - ALSOK 綜合警備保障
  3. ^ a b c 「解体新書 田知本愛」近代柔道 ベースボールマガジン社、2006年11月号、92-95頁
  4. ^ ベルギー国際柔道大会結果
  5. ^ 「2008年世界ジュニア柔道選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2008年12月号
  6. ^ 【柔道】夢は姉妹でロンドン五輪 田知本姉妹がV MSN産経ニュース 2010年12月13日
  7. ^ 田知本、意気込み実らず MSN産経ニュース 2011年8月28日
  8. ^ 田知本逆転V 杉本に追いつけ/柔道 日刊スポーツ 2011年11月12日
  9. ^ 田知本愛、世界選手権に続き苦杯 サンケイスポーツ 2011年12月11日
  10. ^ 遥も愛も強い!田知本姉妹仲良くV/柔道 日刊スポーツ 2012年2月6日
  11. ^ 2人で五輪グイッ!田知本姉妹V/柔道 サンケイスポーツ 2012年2月6日
  12. ^ 山部初V、昨年女王杉本下す/柔道 日刊スポーツ 2012年4月15日
  13. ^ 「平成24年全日本選抜柔道体重別選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2012年6月号
  14. ^ 田知本遥、姉の分まで 負傷で「気持ち乱れた」 日本経済新聞、2012年8月1日
  15. ^ 日本女子が優勝=世界団体柔道 時事通信 2012年10月28日
  16. ^ 五輪代表不在の日本女子が優勝 柔道の世界団体第1日 スポーツニッポン 2012年10月28日
  17. ^ 田知本が五輪金メダリスト破り優勝/柔道 日刊スポーツ 2012年12月2日
  18. ^ 田知本オール一本勝ちでV!緒方は2位 GSパリ大会最終日 スポーツニッポン 2013年2月10日
  19. ^ 柔道女子帰国「いつも通り集中」「早く収束を」 読売新聞 2013年2月14日
  20. ^ 緒方が初優勝 柔道の全日本女子選手権 日本経済新聞 2013年4月21日
  21. ^ 世界柔道代表18人を発表…過去の内容を重視で 読売新聞 2013年5月12日
  22. ^ 田知本愛は銅…日本女子「金」ゼロ、22年ぶり 時事通信 2013年9月1日
  23. ^ 【世界柔道】日本女子団体V!個人金ゼロの無念晴らした!! スポーツ報知 2013年9月2日
  24. ^ 田知本愛ブーイング動じず/柔道 日刊スポーツ 2013年9月3日
  25. ^ 日本勢男子5階級、女子6階級で金/柔道 日刊スポーツ 2013年12月1日
  26. ^ 上川・田知本が優勝 柔道グランプリ大会 日本経済新聞 2014年2月24日
  27. ^ 柔道女子代表出そろう…五輪「金」の松本ら追加 読売新聞 2014年4月20日
  28. ^ a b Judo Grand Prix, Budapest 2014 DAY2
  29. ^ 七戸が銀メダル-世界柔道=田知本愛は連続銅 時事通信 2014年8月30日
  30. ^ 田知本、4度目の銅「壁破れなかった」 日刊スポーツ 2014年8月31日
  31. ^ 男子が団体金、女子は銅 柔道世界選手権 日本経済新聞 2014年8月31日
  32. ^ 78キロ超級の田知本愛と78キロ級の梅木が優勝/柔道 サンケイスポーツ 2015年2月16日
  33. ^ 海老沼、田知本姉妹がV 柔道の全日本選抜体重別選手権  日本経済新聞 2015年4月5日
  34. ^ 【柔道】田知本姉妹「絆」の同時V スポーツ報知 2015年4月5日
  35. ^ 柔道の全日本女子選手権 田知本が初優勝 NHK 2015年4月19日
  36. ^ a b c 田知本、10度目で初V!ライバル山部に雪辱 スポーツ報知 2015年4月19日
  37. ^ 田知本愛と山部を選出=女子の世界代表決定 時事通信 2015年4月19日
  38. ^ 永瀬が優勝=柔道マスターズ 時事通信 2015年5月25日
  39. ^ 世界柔道・羽賀「金」…田知本が銀、山部は銅 読売新聞 2015年8月29日
  40. ^ 田知本、指導2つ取られ銀「あと少しで優勝できた…」/柔道 サンケイスポーツ 2015年8月30日
  41. ^ 田知本愛がグランドスラム欠場=柔道 時事通信 2014年11月20日
  42. ^ 原沢、西山、田知本愛がV 柔道GSパリ大会最終日 産経新聞 2016年2月8日
  43. ^ Paris Grand Slam 2016 - France DAY 2
  44. ^ 最重量級は原沢が初優勝 女70キロは田知本遥が2連覇/柔道 サンケイスポーツ 2016年4月2日
  45. ^ 田知本遙2連覇 姉・愛は準決敗退 デイリースポーツ 2016年4月2日
  46. ^ 柔道五輪代表に近藤亜美、松本薫、大野将平ら発表 日刊スポーツ 2016年4月3日
  47. ^ 執念実った山部=心の弱さ乗り越える-全日本女子柔道 時事通信 2016年4月17日
  48. ^ 【柔道】25歳・山部、残り50秒、大逆転でリオ五輪78キロ超級の代表つかむ 産経新聞 2016年4月17日
  49. ^ 強化委から異論の山部佳苗が代表 選考基準にブレ? - 柔道 日刊スポーツ 2016年4月17日
  50. ^ 【柔道】女王山部の選考理由…田知本の実績より直接対決が決め手 スポーツ報知 2016年4月17日
  51. ^ 田知本愛負傷で状況一転…山下強化委員長の発言で代表決定/柔道 サンケイスポーツ 2016年4月18日
  52. ^ 山部ありき? 柔道五輪選考また大モメ舞台裏 東京スポーツ 2016年4月18日
  53. ^ 田知本愛は全治2カ月=柔道女子 時事通信 2016年4月19日
  54. ^ 2大会連続代表の田知本「絶対に金メダル」と自信/柔道 サンケイスポーツ 2016年4月26日
  55. ^ World ranking list
  56. ^ 「平成24年度全日本選抜体重別選手権大会」 月刊武道 日本武道館、2012年6月号、196項
  57. ^ 「りれーとーく」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年3月号
  58. ^ [柔道]田知本姉妹がゲン担ぎ?ケンカで“冷戦状態”突入 スポーツ報知 2012年2月10日
  59. ^ 【柔道】ロンドン五輪柔道女子70キロ級代表の田知本遥、代表を逃した姉の愛と“冷戦状態” スポーツ報知 2012年6月12日
  60. ^ 田知本愛の妹・遥も感涙「一緒に闘った」/柔道 サンケイスポーツ 2015年4月19日
  61. ^ 田知本愛、姉妹代表へ意欲「一緒に五輪に出たい」 時事通信 2016年1月14日
  62. ^ 「りれ~と~く 浅見八瑠奈」近代柔道 ベースボールマガジン社、2011年1月号
  63. ^ 田知本愛が妹の遥から刺激受け「自分も五輪狙う」 - 柔道 日刊スポーツ 2016年4月16日
  64. ^ 田知本また落選 姉妹五輪ならず デイリースポーツ 2016年4月18日
  65. ^ 競技者規定 - 財団法人 全日本柔道連盟
  66. ^ Coaches will receive prize money
  67. ^ 2011 WC + Teams - Paris
  68. ^ Judo Grand Slam, Tyumen 2014

外部リンク[編集]