山本浩史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
グランドスラム
2011 東京 60kg級
2011 リオ 60kg級
2010 東京 60kg級
2009 東京 60kg級
2011 モスクワ 60kg級
アジア柔道選手権
2013 バンコク 60kg級
世界ジュニア
2009 パリ 60kg級
2008 バンコク 60kg級

山本 浩史(やまもと ひろぷみ、1990年3月25日 - )は、東京都出身の、日本柔道選手である。階級は60kg級。身長171cm。得意技は内股[1]。2016年より名城大学法学部助教[2]

人物[編集]

柔道は8歳の時に始めた[1]足立学園中学の時に全国中学校柔道大会2位になった[1]足立学園高校時代にもインターハイで2位となった[1]。2008年に日本体育大学体育学部武道学科に進学すると、世界ジュニアで3位に入り、翌年にはオール一本勝ちで優勝を果たした[3]。また、シニアのグランドスラム・東京でも3位に入った[1]

2010年には11月の講道館杯で初優勝を果たすと、続くグランドスラム東京でも、決勝で大学の2年後輩である志々目徹谷落で1本勝ちして優勝を飾った[4]

2011年には4月の選抜体重別において初戦で敗れるが、世界選手権代表に選ばれた。6月にはグランドスラム・リオで優勝して、グランドスラム大会2度目の優勝を果たした[5]。8月には世界選手権に出場するものの4回戦で敗れた[6]。12月のグランドスラム東京では、準決勝で世界ジュニアチャンピオンである東海大相模高校高藤直寿、決勝で国士舘大学川端龍にそれぞれ一本勝ちして2連覇を果たした[7]

2012年には綜合警備保障の所属となった[8]。選抜体重別では準決勝で志々目に有効で敗れて、世界ランキング2位でありながらロンドンオリンピック出場を果たせなかった[1]

2013年のアジア選手権では優勝した[1]

2014年の講道館杯では決勝で大学の1年後輩である木戸慎二に技ありで逆転勝ちして4年ぶり2度目の優勝を飾った[9]

2015年の講道館杯では決勝で大学の後輩となる日体大3年の青木大を破り、2年連続3度目の優勝を果たした[10]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]