志々目徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
グランドスラム
2010 東京 60kg級
2014 東京 60kg級
2013 東京 60kg級
アジア大会
2014 仁川 60kg級
ユニバーシアード
2011 深圳 60kg級
世界ジュニア
2009 パリ 55kg級
2010 アガディール 60kg級

志々目 徹(ししめ とおる、1992年3月8日 - )は、宮崎県出身の、日本柔道選手である。階級は60kg級。身長161cm。得意技は内股[1]。妹は52kg級で活躍している志々目愛[2]。現在は了徳寺学園職員[3]

人物[編集]

柔道は4歳の時に始める[1]。中学の時に全国中学校柔道大会 2位となり、宮崎日大高校3年の時にはインターハイで優勝する。その後、世界ジュニアに新設された55kg級に出場して初代チャンピオンとなる[4]日本体育大学体育学部武道学科に進学後、全日本ジュニアの60kg級では3位に留まるが世界ジュニア代表に選出されて、世界ジュニアでは昨年に続いての優勝を果たして2階級制覇を達成する[5]講道館杯ではオリンピック3連覇の野村忠宏に2回戦で一本勝ちするものの、その後敗れて5位に終わる。2012年全日本柔道体重別選手権大会準優勝、決勝戦対平岡選手に指導2により判定負けロンドン五輪日本代表選手には選出されなかった。

2014年2月のグランプリ・デュッセルドルフでは、準々決勝でロンドンオリンピックチャンピオンであるロシアのアルセン・ガルスチャンに一本勝ちするなどして決勝に進むと、大島優磨を指導2で破って優勝を飾った。9月のアジア大会では3位に終わった[6]。12月のグランドスラム・東京では2位にとどまるも、前年に続いて妹の愛とともにメダルを獲得した[7]

2015年2月にはグランプリ・デュッセルドルフで昨年に続いて2連覇を飾った[8]。4月の選抜体重別では決勝で大学の1年先輩であるパーク24木戸慎二に指導3で敗れて2位にとどまったものの、世界選手権代表に選出された[9]

IJF世界ランキングは930ポイント獲得で、12位(15/6/22現在)。

戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]