シャラフディン・ルトフィラエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
 ウズベキスタン
柔道
世界選手権
2019 東京 60kg級

シャラフディン・ルトフィラエフ(Sharafuddin Lutfillaev 1990年9月9日- )はウズベキスタン出身の柔道選手。階級は60kg級[1][2]

経歴[編集]

2013年に地元で開催されたグランプリ・タシュケントの60㎏級で優勝すると、2015年にはワールドマスターズで3位になった[2]。2016年のリオデジャネイロオリンピックには国内に世界選手権3位のディヨルベク・ウロズボエフがいたために出場できなかった[1]。2017年のグランドスラム・パリでは決勝で高藤直寿、2018年のグランドスラム・パリでは決勝で志々目徹にそれぞれ敗れて2位だった[1]。2019年の世界選手権では準々決勝で世界チャンピオンの高藤を内股で破るなどして決勝まで進むも、ジョージアのルフミ・チフビミアニに一本負けして2位だった[3]

IJF世界ランキングは4250ポイント獲得で7位(19/8/12現在)[4]

主な戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]