野村忠宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野村 忠宏
基本情報
ラテン文字 Tadahiro Nomura
日本の旗 日本
出生地 奈良県北葛城郡
生年月日 1974年12月10日(40歳)
身長 164cm
選手情報
階級 男子60kg級
段位 7段
 
獲得メダル
男子柔道
オリンピック
1996 アトランタ 60kg級
2000 シドニー 60kg級
2004 アテネ 60kg級
世界柔道選手権
1997 パリ 60kg級
2003 大阪 60kg級
テンプレートを表示

野村 忠宏(のむら ただひろ、1974年12月10日 - )は、奈良県北葛城郡広陵町生まれの男性柔道家。医学博士天理高校 - 天理大学 - 奈良教育大学大学院-弘前大学大学院医学研究科博士課程)修了。ミキハウス所属。柔道七段。得意技は背負投。身長164cm、体重62kg。

人物[編集]

祖父は地元・奈良で道場「豊徳館野村道場」を開く柔道師範野村彦忠、父はロサンゼルスオリンピック金メダリストの細川伸二ら名選手を育てた元天理高校柔道部監督野村基次、叔父はミュンヘンオリンピック金メダリストの野村豊和、兄の野村忠寿も豊徳館野村道場のコーチ[1]という柔道一家。

小柄な体から繰り出される多彩な技や、抜群の切れ、スピード、天性の守りのカンが天才的と称される。コーラが大好き。相手を事前に研究しないことや、試合前後の誰も寄せつけない集中ぶりから天才肌だと言われている。その他、小柄さから「小さな巨人」、得意技が背負投であることから「平成の三四郎」との異名もある。

男子柔道60kg以下級の選手として、アトランタオリンピックで優勝。シドニーオリンピックにて柔道軽量級で初の2連覇。アテネオリンピックにおいて柔道史上初、全競技通してはアジア人初となる3連覇を達成。さらに夏のオリンピックでの金メダルは日本人通算100個目というメモリアルになった。

近代オリンピック史上2人しかいない個人種目4連覇[2]を目指すも、2008年4月の全日本選抜体重別選手権準決勝で浅野大輔に敗戦し北京オリンピック代表を逃した(代表に選ばれたのは平岡拓晃)。

2015年、40歳にして七段昇段を果たした[3]。講道館によると、国際大会に出場するような一級の柔道選手が七段に昇級することは非常に珍しいとされた[3]

ところが、同年8月24日に、29日に行われる全日本実業柔道個人選手権大会への出場を最後に引退することを表明した。[4]

年譜[編集]

エピソード[編集]

オリンピックで金メダルを3度獲得しているが、3度とも翌日の有名スポーツ新聞の1面に載らず、谷亮子(田村亮子)が全て1面を飾っている。これはオリンピックで野村の男子60kg級と谷の女子48kg級が同じ日に行われるため、マスコミの注目度の高い谷の試合結果が優先的に記事にされてしまうからである[6]。野村曰く、アトランタオリンピックを取材したスポーツ新聞の記事に『田村亮子、まさかの銀メダル! 野村忠宏、まさかの金メダル』と書かれた、と自虐的に語っている。[7]

戦績[編集]

  • 1992年 - 全日本ジュニア2位
  • 1994年 - フランスジュニア国際優勝
  • 1994年 - 全日本学生体重別選手権優勝
  • 1994年 - 世界ジュニア2位
  • 1995年 - ドイツ国際優勝
  • 1995年 - 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会3位
  • 1996年 - ハンガリー国際3位
  • 1996年 - チェコ国際優勝
  • 1996年 - 全日本選抜柔道体重別選手権優勝
  • 1996年 - アトランタオリンピック優勝
    決勝:vsジォビナッツォ(背負投4分33秒)
    準決勝:vsナルマンダ(内股3分6秒)
    4回戦:vsメリジャ(背負投4分21秒)
    3回戦:vsオジョギン(優勢)
    2回戦:vsギチエレス(大外刈38秒)
  • 1996年 - 嘉納治五郎杯優勝
  • 1997年 - ロシア国際優勝
  • 1997年 - 全日本選抜柔道体重別選手権優勝
  • 1997年 - パリ世界柔道選手権優勝
    決勝:vsレワジシビリ(背負投
    準決勝:vsテーマン(背負投)
    4回戦:vsドマ(優勢)
    3回戦:vsソルタノフ(内股
    2回戦:vsポウロ(背負投)
  • 1998年 - 全日本選抜柔道体重別選手権2位、嘉納治五郎杯3位
  • 1998年 - ワールドカップ団体戦優勝
  • 1999年 - 講道館杯優勝
  • 2000年 - フランス国際柔道大会優勝
  • 2000年 - 全日本選抜柔道体重別選手権優勝
  • 2000年 - シドニーオリンピック優勝
    決勝:vs鄭富競隅落14秒)
    準決勝:vsポウロ(優勢)
    4回戦:vsマツゼフ(大外刈31秒)
    3回戦:vsグレコウスキー(肩車2分15秒)
    2回戦:vs賣運兵(一本背負投1分38秒)
    「全部違う技で勝つ」と宣言し、実行した。
  • 2002年 - 講道館杯5位
  • 2003年 - ポーランド国際5位
  • 2003年 - 全日本選抜柔道体重別選手権優勝
  • 2003年 - 大阪世界柔道選手権3位
  • 2004年 - フランス国際柔道大会優勝
  • 2004年 - 全日本選抜柔道体重別選手権優勝
  • 2004年 - アテネオリンピック優勝
    決勝:vsヘルギアニ(優勢)
    準決勝:vsツァガンバータル(大内刈23秒)
    4回戦:vsアルバルシン(内股すかし14秒)
    3回戦:vsグッセンベルク(背負投53秒)
    2回戦:vsララ(背負投2分46秒)
  • 2006年 - チェコ国際優勝
  • 2007年 - ドイツ国際3位
  • 2007年 - 全日本選抜柔道体重別選手権優勝
  • 2008年 - ドイツ国際2位
  • 2010年 - ワールドカップ ウランバートル2位

脚注[編集]

  1. ^ http://www.judo-ch.jp/team/dojo/002/
  2. ^ 円盤投げアル・オーターと、走幅跳カール・ルイスのみ(いずれもアメリカ合衆国)。
  3. ^ a b c d 柔道・野村忠宏 現役選手異例の七段に昇格「今後とも精進」 スポーツニッポン 2015年6月22日閲覧
  4. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150824-00000001-wordleafs-spo
  5. ^ これは後々まで野村の苦労話のネタとなっている。
  6. ^ つまり谷は金メダルを逃しても先んじて記事にされてしまうということである。
  7. ^ テレビ番組『さんまのまんま』での発言より。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前優勝者
堤時貞
第5回講道館杯全日本柔道体重別選手権大会60kg級優勝

1999年

次優勝者
徳野和彦
前優勝者
園田隆二
第29回全日本選抜柔道体重別選手権60kg級優勝

1996年

次優勝者
野村忠宏
前優勝者
野村忠宏
第30回全日本選抜柔道体重別選手権60kg級優勝

1997年

次優勝者
徳野和彦
前優勝者
徳野和彦
第33回全日本選抜柔道体重別選手権60kg級優勝

2000年

次優勝者
徳野和彦
前優勝者
内柴正人
第36回全日本選抜柔道体重別選手権60kg級優勝

2003年

次優勝者
野村忠宏
前優勝者
野村忠宏
第37回全日本選抜柔道体重別選手権60kg級優勝

2004年

次優勝者
江種辰明
前優勝者
ニコライ・オギョギン
第20回世界柔道選手権男子60kg級優勝

1997年10月12日

次優勝者
プロ・マヌエロ