ビクトル・ペナルベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はロドリゲス・ペナルベル第二姓(父方の)はデ・オリヴェイラです。
獲得メダル

ビクトル・ペナルベル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 柔道
世界選手権
2015 アスタナ 81kg級
世界団体
2007 北京 73kg級
2008 東京 73kg級
2014 チェリャビンスク 81kg級
パンアメリカン競技大会
2015 トロント 81kg級

ビクトル・ペナルベルVictor Rodrigues Penalber de Oliveira 1990年3月20日- )は、ブラジル出身の柔道選手。階級は81kg級[1][2]

人物[編集]

2007年に北京で開催された世界団体の73kg級に17歳で出場して2位となった[1]。2008年に東京で開催された世界団体では3位だった[1]。また、パンナム選手権では優勝を飾った。その後81kg級に階級を上げるものの、国内のこの階級には世界3位のレアンドロ・ギルヘイロがいたために2012年のロンドンオリンピック代表にはなれなかったが、地元で開催されたグランドスラム・リオデジャネイロでは優勝を飾った[1]。さらに、グランプリ・アブダビグランプリ・青島でも立て続けに優勝を果たして一躍注目されることになった[1]グランドスラム・東京では3位だった。2013年にはパンナム選手権と世界軍人選手権大会で優勝すると、ワールドマスターズでは3位になった[1]。2014年にはグランドスラム・チュメニで優勝するが、世界選手権 では7位だった[1]。世界団体では3位となった。2015年にはパンナム選手権で3度目の優勝を飾るも、パンアメリカン競技大会では3位にとどまった[1]世界選手権では準々決勝でフランスのロイク・ピエトリに有効で敗れるが、その後の3位決定戦では前年の世界チャンピオンであるアブタンディル・チリキシビリを指導3で破って3位になった[3]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは3回戦で敗れた[2]

IJF世界ランキングは2101ポイント獲得で10位(18/7/2現在)[4]

主な戦績[編集]

73kg級での戦績

81kg級での戦績

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]