高藤直寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
髙藤直寿
基本情報
ラテン文字 Naohisa Takato
日本の旗 日本
出生地 埼玉県[1]
生年月日 1993年5月30日(23歳)
身長 160cm
選手情報
階級 60kg級
所属 東海大学
 
獲得メダル
男子 柔道
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 60kg級
世界柔道選手権
2013 リオデジャネイロ 60kg級
2014 チェリャビンスク 60kg級
ワールドマスターズ
2013 チュメニ 60kg級
2015 ラバト 60kg級
グランドスラム
2012 東京 60kg級
2013 東京 60kg級
2015 東京 60kg級
2012 モスクワ 60kg級
2013 パリ 60kg級
2015 パリ 60kg級
2011 東京 60kg級
世界ジュニア
2011 ケープタウン 60kg級
世界カデ
2009 ブダペスト 60kg級
2013年10月22日現在
テンプレートを表示
本来の表記は「髙藤直寿」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

髙藤 直寿(たかとう なおひさ、1993年5月30日 - )は、栃木県下野市出身の、日本柔道選手である。階級は60kg級。身長160cm。血液型はAB型。組み手は左組み。段位は四段。得意技は小内刈巴投げ肩車[2]。現在はパーク24に所属している[3]

経歴[ソースを編集]

7歳の時に柔道を始めた[2]。小学校3年からは66kg級世界チャンピオンの海老沼匡も在籍していた野木町柔道クラブの所属となった[4]。小学校5年の時にはその年に新設された全国小学生学年別柔道大会40kg級の初代チャンピオンとなった。翌年はこの大会の45kg級で優勝して2連覇を達成した[2]東海大相模中学3年の時には全国中学校柔道大会で優勝した[2]東海大相模高校1年の時には16歳以下の世界一を決める大会である世界カデに出場して優勝した[2]。2年の時にはインターハイ60kg級で優勝を果たしたが、全日本ジュニアでは2位に終わった。3年の時にはインターハイで2連覇すると全日本ジュニアでも優勝した[2]。そして世界ジュニアでは優勝を果たした[5]。 その直後の講道館杯では、準決勝で世界2位の平岡拓晃に一本勝ちして、決勝でも国士舘大学川端龍相手に先に有効2つ取ってリードするも、小内刈で逆転の一本負けを喫して2位に終わり、高校生での優勝はならなかった[2]。12月のグランドスラム・東京では準々決勝で2009年の世界チャンピオンであるゲオルグリー・ザンタラヤから技ありを取って勝つが、準決勝で山本浩史に合技で敗れて3位にとどまった[6]

2012年には東海大学に進学すると[7]、5月のグランドスラム・モスクワでは、3回戦で世界チャンピオンであるウズベキスタンのリショド・ソビロフを2-1の判定で破ると、決勝ではモンゴルのダワードルジ・トゥムルフレグから小内刈で技ありを取るなどしてIJFグランプリシリーズで初優勝を飾った[8]。12月のグランドスラム・東京では、決勝で了徳寺学園の石川裕紀を肩車で破って初優勝を飾った[9]

2013年2月には新ルールとなって最初の大会となったグランドスラムパリに出場すると、決勝で韓国のチャン・ジンミンを隅落で破るなど、オール一本勝ちで今大会初優勝を飾った[10]。 2013年5月の体重別では準決勝で了徳寺学園の川端に巴投で敗れて3位に終わったものの、実績で世界選手権代表に選ばれた[11]。世界ランキング上位選手で競われるワールドマスターズでは優勝を飾った[12]。 8月の世界選手権では、準決勝で韓国の金源鎮に合技で一本勝ちすると、決勝でモンゴルのダシダワー・アマルトゥブシンを指導2で破り、20歳で世界一に輝いた[13]。また今回の優勝で、全日本代表監督であり大学の先輩にあたる井上康生に続いて2人目となる、小中高それぞれで全国大会を制覇しての世界チャンピオンとなった。さらに、世界カデ(16歳以下)、世界ジュニア(19歳以下)の年代別カテゴリでそれぞれ優勝して、シニアの世界選手権でも優勝した最初の選手となった[14][15]グランドスラム・東京では決勝で金源鎮に肩車で一本勝ちして優勝を飾った[16]

2014年1月にはECCO柔道チームチャレンジ2014 ヨーロッパ対アジアにアジアチームの一員として出場した。ロンドンオリンピックで優勝したアルセン・ガルスチャンと対戦すると、小内刈で有効と指導2を取り、中盤には大外刈を決めて圧勝した[17]。 4月の選抜体重別では決勝で石川を技ありで破って今大会初優勝を飾り、世界選手権代表に選出された[18]。6月のグランプリ・ブダペストでは決勝でグルジアのアミラン・パピナシビリを移腰で破って優勝を飾った。今回の勝利によって国際大会では8大会連続優勝となった[19]

8月にロシアで開催された世界選手権では、準決勝で地元ロシアのベスラン・ムドラノフと対戦した。先に有効を取られるが得意の大腰で技ありを取り返したものの、それがジュリーの指示で有効に格下げされた。続いて浮落で有効ポイントをあげるも、これまたジュリーの指示でポイント自体が取り消された。その後に場外に出たとのことで指導を受けてポイントでリードされることになった。しかし、2度目の有効ポイントが取り消されてリードされていることに終了20秒前まで気付かなかったことから、そこからの効果的な反撃もならずに、結果として指導1つの差で敗れた。3位決定戦ではカザフスタンのアイベク・イマシェフと対戦して先に技ありを取られるが、裏投げで逆転勝ちして3位にはなったものの、世界選手権2連覇はならなかった。今回の敗戦で国際大会での連続優勝記録が8、対外国選手の連勝記録が36で止まった。試合後に高藤は「こんなひどいジャッジがあるのかと思った。今までの柔道人生で予想できないことが起きた」とコメントした。この試合に関してはあからさまな地元有利の判定との見方もなされている。男子代表監督の井上康生も、終了後にIJFの審判主任理事であるフアン・カルロス・バルコスに対して、有効、技あり一本の定義にばらつきがあることを問い質したものの、判定への正式な抗議はしないという[20][21][22][23][24]

9月には全柔連の強化委員会が、先月の世界選手権の際に現地での練習において遅刻を繰り返すなどの規律違反をしたとして、高藤を強化指定選手のAランク(ナショナル)からBランク(シニア)に降格させることを決めた。この処分は監督である井上が提案するとともに、自らの指導力不足だとして責任を取る形で頭を丸めることになった[25]。これに対して高藤も、「井上監督の熱い思いに応えないといけない。いきなり生真面目にはなれないけど、根本的に改めていく」として丸刈りにした[26]。10月の体重別団体では優勝を飾った。12月のグランドスラム・東京2014には世界選手権時の規律違反を理由に出場を認められなかった[27]

2015年2月にはグランプリ・デュッセルドルフに出場するが、3回戦でカザフスタンの選手に敗れた[28]。4月の選抜体重別では初戦で日体大3年の青木大に内股で敗れたことにより、世界選手権代表には選出されなかった[29][30]。5月のワールドマスターズでは決勝でアゼルバイジャンのオルハン・サファロフを指導2で破って今大会2連覇を達成した[31]。10月のグランドスラム・パリでは決勝で地元フランスのヴァンサン・リマールを技ありで破って優勝した [32][33]。体重別団体でも優勝を飾った[34]。12月のグランドスラム・東京では決勝でムドラノフを合技で破って、今大会2年ぶり3度目の優勝を飾った。この際に、「普通にやれば世界に負ける相手はいないので」とコメントした。さらには、「昨年子供が生まれて、今までは子供や妻のためにと考える部分もありました。もちろん子供とか妻のために勝ちたいという思いは今もあるのですが、それ以上にまずは自分の夢をなんとしても叶えるという思いでやっていきたいと思います。妻には本当に迷惑をかけてしまっているので、オリンピック金メダルという夢を絶対に叶えて、恩返しができたらと思いますね」とも語った[35][36][37]

大学卒業直後の2016年4月の選抜体重別では準決勝で国士館大学4年の大島優磨に横四方固で敗れて3位にとどまるも、リオデジャネイロオリンピック代表には選出された[38]。代表決定後の会見では、「常に五輪で金メダルを取りたいと考えていた。流れをチームに呼び込みたい」とコメントした[39]。5月のワールドマスターズ2016では初戦でフランスのヴァンサン・リマールと対戦すると、有効を先取しながらその後に合技で逆転負けを喫して今大会3連覇はならなかった[40]。 6月には所属先のパーク24主催の壮行会において、「前回は男子の金メダルがゼロだったから、自分が取れば8年ぶりになる。話題になるし最高」とオリンピックへの意気込みを語った[41]。8月のリオデジャネイロオリンピックでは初戦となる2回戦でモナコの選手に反則勝ち、3回戦でチェコの選手を開始早々の内股で一蹴するも、準々決勝ではパピナシビリに指導1でリードしながら隅返しで逆転負けを喫して金メダルの夢を砕かれた。しかし、敗者復活戦でキムを有効で破ると、3位決定戦でもサファロフを指導2で破り銅メダルを獲得した[42]

世界ランキング[ソースを編集]

IJF世界ランキングは1548ポイント獲得で6位(16/8/1現在)[43]

  • 世界ランキングの年度別変遷
2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
順位 65 6 1 3 1

(出典[2]JudoInside.com)。

人物[ソースを編集]

ナインティナイン岡村隆史に外見が似ていると言われる[44]

2014年6月30日には57kg級の元強化指定選手だった4歳年上の牧志津香と学生結婚した[3][45]。10月15日には第1子が誕生した[26]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは妻と1歳半過ぎの息子も現地で観戦する予定だったが、治安上の理由により息子は家でテレビ観戦することになった[46][47]

得意技[ソースを編集]

もともとは、きちんと組んで来ない相手への対策として、掬い投げ朽木倒、肩車などを使い始めて得意技にしていった。特に肩車に関しては、道場の先輩である海老沼匡の兄の海老沼聖が2002年の世界ジュニアにおいて肩車で勝った試合を見せられてから、この技を多用するようになった。しかしながら、2010年からのIJFによるルール改正でそれらの足を掴む技が使いにくくなったことで自分の柔道スタイルを再度作り変えて、現在は内股、払腰小内刈背負投袖釣込腰、欧米では「ラーツドロップ」とも呼ばれていた、相手の足を掴まずに投げる変則の肩車、寝技などを使いこなせるようになった[48][49][50]。なお、2013年のグランドスラム・東京の決勝で決めた片襟を掴んで担ぎ上げる独特の肩車を、自らの名前を付けて「直車」と命名した。この技は他の選手では使いこなせないとっておきの決め技だと自認している[51]

さらに、2013年からの新ルールでは足取りが全面的に禁止されたことを受けて、「高藤スペシャル」と呼ばれる、相手が奥襟を掴んできたところを密着して、相手の体を抱えながら回転させて投げる技(決まり技は大腰や移腰、抱分になる場合が多い)を多用するようになった。 この技は、相手が奥襟を掴んで組み勝っていると油断させたところを、それを逆に利用して投げる技でもある。もともとは、苦手としていた左組みの長身選手である山本浩史に奥襟を取られやすかったことから、その対策として編み出された。本人によれば、「高藤スペシャルとはこう投げるという決まった型があるわけではなく、相手の動きに合わせていかに背中をつけるかという技なので、何をもって完成なのかは自分でもわかりません」と語っており、これからも変化させていかなければならないという[52][53]。  また、ライバルの研究に講じることが試合をするよりも好きだという。さらには、「相手のちょっとの動きで次の技まで予測して、その先にいけるのが自分のストロングポイント(長所)」と語っているように、相手の出方に合わせて最適の対応を繰り出す柔道にも長けている。しかも乱取りでさえ試したことのない作戦を試合でいきなり実行する大胆さを持ち合わせている。「やったことのない技を試合でいきなりやるのは勇気がいる。でもそれができるのが僕の強み」。かくの如き高藤の柔道について全日本代表監督の井上康生は、「相手が右に力を入れるなら左に瞬時に切り返して投げる。ああいう動きは彼特有の勝負勘、柔道スタイル」との認識を示すと、東海大学監督の上水研一朗も、「一言でいえば天才。高藤の柔道は誰にもまねできない」と語った[54]。             

戦績[ソースを編集]

(出典[2]JudoInside.com)。

有力選手との対戦成績[ソースを編集]

(2016年8月現在)

国籍 選手名 内容
モンゴルの旗 ダシダワー・アマルトゥブシン 4勝
モンゴルの旗 ガンバット・ボルドバータル 3勝1敗
カザフスタンの旗 エルドス・スメトフ 4勝
韓国の旗 金源鎮 5勝
ロシアの旗 ベスラン・ムドラノフ 3勝1敗
ジョージア (国)の旗 アミラン・パピナシビリ 2勝1敗
アゼルバイジャンの旗 イルガル・ムシキエフ 2勝
アゼルバイジャンの旗 オルハン・サファロフ 2勝
ウクライナの旗 ゲオルグリー・ザンタラヤ 1勝1敗
モンゴルの旗 ダワードルジ・トゥムルフレグ 2勝

(参考資料:ベースボールマガジン社発行の近代柔道バックナンバー、JudoInside.com等)。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ リオオリンピック2016 プロフィール 2016年8月23日
  2. ^ a b c d e f g h i [柔道全日本強化選手名鑑 2016」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年4月号
  3. ^ a b 柔道の高藤直寿が結婚、11月パパ 日刊スポーツ 2014年7月28日
  4. ^ 海老沼選手と高藤選手、地元野木町で柔道初稽古 47NEWS 2014年1月3日
  5. ^ 浜田が2連覇、遠藤、高藤も優勝/柔道 サンケイスポーツ 2011年11月4日
  6. ^ 新鋭高藤、はつらつ=柔道グランドスラム東京 時事通信 2011年12月12日
  7. ^ 東海大学体育会柔道部 | 男子部員
  8. ^ 高藤、西山が優勝=柔道グランドスラム 時事通信 2012年5月27日
  9. ^ 高藤初V!リオ期待の星/柔道 日刊スポーツ 2012年12月1日
  10. ^ 期待の19歳高藤がオール一本勝ちでV デイリースポーツ 2013年2月11日
  11. ^ 世界柔道代表18人を発表…過去の内容を重視で 読売新聞 2013年5月12日
  12. ^ 遠藤ら3人が優勝=柔道マスターズ 時事通信 2013年5月26日
  13. ^ 20歳の高藤が初出場V/柔道 日刊スポーツ 2013年8月27日
  14. ^ 男子軽量級に新星=初制覇の20歳高藤-世界柔道 時事通信 2013年8月27日
  15. ^ 「リオデジャネイロ世界選手権2013」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年10月号
  16. ^ 【柔道】高藤、2連覇!日本勢が全階級制覇 スポーツ報知 2013年11月29日
  17. ^ ECCO Team Challenge, Tyumen 2014
  18. ^ 高藤、海老沼、大野を選出=世界選手権代表-全柔連 時事通信 2014年4月6日
  19. ^ 高藤、松本ら優勝=柔道グランプリ 時事通信 2014年6月22日
  20. ^ 近藤が初出場でV 世界柔道開幕、高藤は2連覇逃す 日本経済新聞 2014年8月25日
  21. ^ リードしていると思い込み… 地元有利の判定に泣く 高藤、屈辱の銅メダル MSN産経ニュース 2014年8月25日
  22. ^ 井上監督、判定に疑問…地元有利?高藤の技2度も格下げ スポーツニッポン 2014年8月25日
  23. ^ 高藤“疑惑”判定に泣いた銅「こんなひどいジャッジあるのか」 スポーツニッポン 2014年8月25日
  24. ^ 「チェリャビンスク世界選手権2014」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年10月号
  25. ^ 【柔道】高藤、規律違反で強化ランク降格 世界選手権中に遅刻繰り返す スポーツ報知 2014年9月14日
  26. ^ a b 【柔道】高藤“パパの自覚”一本勝ち!15日に長男誕生 スポーツニッポン 2014年10月25日
  27. ^ 高藤、GS東京大会代表落ち…康生監督「規則破った罰」 スポーツニッポン 2014年11月10日
  28. ^ 高市、志々目が優勝 女子の中村は準V ドイツGP スポーツニッポン 2015年2月21日
  29. ^ 高藤、まさかの初戦敗退「またゼロからやり直す」/柔道 サンケイスポーツ 2015年4月6日
  30. ^ 【柔道】山下強化委員長、異例の公開代表選考会議「無事決まってホッとした」 スポーツ報知 2015年4月6日
  31. ^ 柔道ワールドマスターズ 高藤と田代が優勝 NHK 2015年5月24日
  32. ^ 高藤と秋本が優勝=柔道グランドスラム 時事通信 2015年10月18日
  33. ^ Paris Grand Slam 2015, France - DAY 1
  34. ^ 東海大が2連覇 女子は帝京大が3年ぶりV 全日本学生体重別団体 時事通信 2015年10月25日
  35. ^ 日本勢、男女5階級を全て制す…柔道GS第1日 読売新聞 2015年12月4日
  36. ^ 高藤復活V「普通にやれば負ける相手はいない」 日刊スポーツ 2015年12月5日
  37. ^ 優勝選手インタビュー 男子60kg級 高藤直寿
  38. ^ 柔道五輪代表に近藤亜美、松本薫、大野将平ら発表 日刊スポーツ 2016年4月3日
  39. ^ 【リオ五輪代表会見コメント集】田知本「チャンピオンになって帰ってきたい」 サンケイスポーツ 2016年4月4日
  40. ^ 近藤と中村が優勝=松本、高藤は初戦敗退-柔道マスターズ 時事通信 2016年5月28日
  41. ^ 高藤、金メダル獲得宣言「自分が取れば8年ぶり。話題になるし最高」 サンケイスポーツ 2016年6月8日
  42. ^ 【五輪柔道】60キロ級、高藤が「銅」、サファロフに優勢勝ち
  43. ^ World ranking list
  44. ^ 柔道リオの新星・高藤はナイナイ岡村似 日刊スポーツ 2013年5月11日
  45. ^ 「全日本男子強化合宿」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年9月号
  46. ^ 高藤 リオ五輪は家族同伴「息子にはメダルをかけてあげたい」 スポーツニッポン 2016年4月23日
  47. ^ 柔道男子60キロ級・高藤 「息子に活躍する姿テレビで見せる」 東京スポーツ
  48. ^ 「第60回全国高等学校柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2011年9月号、13頁
  49. ^ 「新ルールを考える」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年2月号
  50. ^ 高藤 リオ金1号へ ハイブリッド投げ「背負い肩車」決める! スポーツニッポン 2016年7月7日
  51. ^ 高藤が新技「直車」で男子60キロ級2連覇! 東京スポーツ
  52. ^ 「金メダリスト・インタビュー 高藤直寿」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年11月号
  53. ^ 柔道・高藤直寿、「高藤スペシャルに完成はない」
  54. ^ 相手に応じ融通むげ、光る勝負勘 柔道・高藤直寿 日本経済新聞 2016年1月30日

外部リンク[ソースを編集]