阿部詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿部詩
基本情報
ラテン文字 Uta ABE
原語表記 あべ うた
日本の旗 日本
出生地 兵庫県神戸市
生年月日 (2000-07-14) 2000年7月14日(17歳)
身長 158cm
選手情報
階級 女子52㎏級
所属 夙川学院高校
段位 初段
 
獲得メダル
女子 柔道
グランドスラム
2017 東京 52kg級
2018 パリ 52kg級
2016 東京 52kg級
グランプリ
2017 デュッセルドルフ 52kg級
世界ジュニア
2017 ザグレブ 52kg級
2017年10月20日現在
テンプレートを表示

阿部 詩(あべ うた、2000年7月14日 - )は、兵庫県神戸市出身の、日本人女子柔道選手である。階級は52kg級。身長158cm。握力は右48kg、左46kg。バスト98cm。リーチ164cm。血液型はB型。段位は初段。組み手は右組み。得意技は内股袖釣込腰。現在は夙川学院高校に在学[1][2]。兄が二人おり、次男は66kg級で世界チャンピオンとなった阿部一二三

経歴[編集]

柔道は5歳の時に兄に続いて兵庫少年こだま会で始めた[1]。兄の一二三によれば、妹は非常に熱心で妹の方が強くなると道場の関係者に期待されていたという[3]。一方、小学生時代はそれほど本格的に練習に取り組むことはしていなかったともいう。小学校5年の時に全国小学生学年別柔道大会40kg級に出場するが2回戦で敗れた。6年の時には45kg超級に46kgながら出場するも、初戦で80kgほどある相手に小外刈であっけなく敗れた。この敗戦を機に闘争心に火が点いたという[2]

小学校4年の時から指導を受けていた松本純一郎が柔道部監督を務める夙川学院中学に入学すると、小学生までとは違って練習にも真面目に取り組むようになった[2]。1年の時には全国中学校柔道大会52kg級に出場するが3回戦で大成中学3年の武田亮子に合技で敗れた。2年の時には決勝まで進むも田島中学3年の富沢佳奈に合技で敗れて2位だった[1]。3年の時には全日本カデの決勝で埼玉栄高校1年の富沢と対戦すると、内股で一本に近い技ありを先取しながら 合技で逆転負けを喫して2位に終わった[4]。全国中学校柔道大会では決勝でバルセロナオリンピック71kg級金メダリストの古賀稔彦の娘である東橘中学3年の古賀ひよりを内股の有効で破って優勝を飾った[1]全日本ジュニアでは準決勝で三井住友海上前田千島腕挫十字固で敗れるが3位となり、中学生ながらシニアの全国大会である講道館杯に出場するも、2回戦で富沢に技ありで敗れた[1]

2016年には夙川学院高校に進学すると、1年の時には全日本カデの決勝で大成高校1年の河端風を指導2で破って優勝を飾った[5]インターハイでは初戦で広島皆実高校3年の島谷真央と対戦すると、河津掛を仕掛けたとみなされて反則負けを喫した[2]。全日本ジュニアでは準決勝で大成高校3年の武田亮子に大外返で敗れて3位だった[6]。講道館杯では準決勝で了徳寺学園職員の角田夏実に腕挫十字固で敗れるも、高校1年ながら3位入賞を果たした[7]。12月には初のシニアの国際大会であるグランドスラム・東京に出場すると、史上最年少の16歳141日で決勝まで進むが、角田に腕挫十字固で敗れて優勝はならなかった。なお、兄の一二三は優勝したことにより、兄妹でのメダル獲得となった[8]。2017年2月のグランプリ・デュッセルドルフでは準々決勝で了徳寺学園職員の志々目愛を内股で破ったのをはじめ全試合に一本勝ちして決勝まで進むと、フランスのアマンディーヌ・ブシャールを内股の技ありで破って優勝を飾り、IJFワールド柔道ツアーを史上最年少の16歳225日で制することとなった[9][10]。この際に全日本女子代表監督の増地克之は次のように語った。「プレッシャーがかかる場面で力を発揮できる。スター性を感じた」「課題はありますけど何か周りを引き付けるものを持っている。期待も込めて谷亮子選手のようになってもらいたい」[11]。3月の全国高校選手権個人戦では準々決勝までの3試合を寝技で一本勝ちすると、準決勝は指導2による勝利だったものの、決勝では新田高校2年の児玉風香を開始早々の袖釣込腰で破って優勝した。翌日の団体戦では決勝の大成高校戦で反則勝ちを収めるなど全試合に勝利してチームを優勝に導いて最優秀選手に選出された。これにより個人戦との2冠を達成した[12][13][14]。寝業師で知られる舟久保遥香のいる富士学苑高校で寝技修業を積んだ成果も今大会で現れた[15]

2年の時には4月の体重別に初出場した。前日に兄が優勝していたことで兄妹優勝を期待されていたものの、準決勝で過去2戦2勝の志々目に指導2でリードしながら内股の技ありで逆転負けを喫して3位に終わり、高校2年での世界選手権代表入りはならなかった[16][17]。7月の金鷲旗では決勝の南筑高校戦で先鋒の古賀若菜に優勢勝ちすると、続く3人に一本勝ちするなど4人抜きの大活躍を果たすも、相手大将の素根輝に横四方固で敗れた。その後他のメンバーも次々と素根に敗れて、結果、素根一人に5人全員が一本負けして2位に終わった。監督の松本は試合前の予想で南筑高校と対戦した場合は5人全員が素根に敗れるのではないかと懸念していたが、その通りの結果になった[18][19][20]。8月のインターハイ個人戦ではオール一本勝ちで優勝した。この際に監督の松本は「高校生のできる柔道じゃない。心も体も技も別人になった」と評価した。本人は「東京五輪は絶対に自分が出ると心に決めている。次はシニアで日本一を目指します」とコメントした[21]。9月にはジュニア交流大会に出場してオール一本勝ちで優勝した[22]。なお、ウェートトレーニングは一切行っていないという[23]。10月の国体では兵庫県チームの一員として出場して2戦2勝ながら、チームは準々決勝で地元の愛媛県チームに敗れて5位だった[24]。続く世界ジュニアでは準々決勝までの3試合を一本勝ちすると、準決勝ではモンゴルの選手に試合終了と同時に反則勝ちした。決勝では前田千島を技ありで破って優勝した[25][26][27]。初開催となった男女混合による団体戦では準々決勝のカザフスタン戦のみの出場となったが一本勝ちすると、その後チームも優勝を果たした[28]。11月の講道館杯では3回戦で龍谷大学1年の武田亮子に指導2勝ちだったが初戦と準決勝を一本勝ちすると、決勝では福岡大学3年の立川莉奈をGSに入ってから大外落の技ありで破って今大会初優勝を飾った。兄と同じく高校2年で今大会を制することになった。この際に、「(世界チャンピオンとなった志々目や世界2位の角田に対して)絶対に負けない自信がある。向かっていくだけ。(東京五輪で)きょうだいそろって金メダルを取ります」と語った[29][30]。12月のグランドスラム・東京では準々決勝で世界チャンピオンとなった志々目を浮落の技あり、準決勝ではブシャールから技あり2つを取ってそれぞれ優勢勝ちすると、決勝では立川を背負投で破って、66kg級で優勝した兄の一二三との兄妹優勝を果たした。この際に、「今年一番うれしい。きょうは100点」「次は世界選手権で、兄と二人で優勝したい」とコメントした[31][32][33]。2018年2月のグランドスラム・パリでは最初の2戦をともに10秒以内で勝利すると、準々決勝でコソボのディストリア・クラスニキ、準決勝でベルギーのシャルリーヌ・ファンスニックをそれぞれ合技で破った。決勝では地元のブシャールにGSに入ってから反則勝ちして優勝を飾った[34][35]

世界ランキング[編集]

IJF世界ランキングは3550ポイント獲得で7位(18/2/26現在)[36]

  • 世界ランキングの年度別変遷
2016年 2017年
順位 50 11

(出典[1]JudoInside.com)。

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

表彰[編集]

  • 2018年 ー 関西スポーツ賞[37]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「柔道全日本強化選手名鑑 2017」近代柔道 ベースボールマガジン社、2017年4月号
  2. ^ a b c d 「解体新書 阿部詩」近代柔道 ベースボールマガジン社、2017年2月号 32-35頁
  3. ^ 「解体新書 阿部一二三」近代柔道 ベースボールマガジン社、2015年2月号 28頁
  4. ^ 「全日本カデ柔道体重別選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2015年6月号 61頁
  5. ^ 柔道全日本カデ体重別 村上が初優勝 男子73キロ級
  6. ^ 平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  7. ^ 平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  8. ^ 阿部一二三の妹・詩は健闘の2位「もっと強くなりたい」/柔道 サンケイスポーツ 2016年12月2日
  9. ^ 16歳阿部詩、史上最年少で優勝…柔道GP女子 読売新聞 2017年2月25日
  10. ^ 柔道国際大会 女子52キロ級で16歳の阿部が優勝 NHK 2017年2月25日
  11. ^ 詩よヤワラちゃんになれ!増地監督が勝負強さ絶賛 スポーツ報知 2017年2月28日
  12. ^ 阿部詩 高校日本一「気持ち晴れた」豪快一本!初出場で初優勝 スポーツニッポン 2017年3月20日
  13. ^ 夙川学院・阿部詩、兄・一二三超えの2冠「自慢します」 スポーツ報知 2017年3月20日
  14. ^ 第39回全国高等学校柔道選手権大会
  15. ^ 阿部詩は田村亮子の再来「お兄ちゃんと一緒に金」 - 柔道 日刊スポーツ 2017年3月30日
  16. ^ 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  17. ^ 阿部詩、涙の敗退 兄妹アベック代表ならず - 柔道 日刊スポーツ 2017年4月2日
  18. ^ 大会直前監督インタビュー(女子)
  19. ^ 柔道・金鷲旗
  20. ^ 南筑の素根、圧巻の決勝5人抜き「気持ちが結果につながった」/柔道 サンケイスポーツ 2017年7月23日
  21. ^ 【高校総体】阿部一二三の妹・詩、オール一本で初優勝「ホッとしました」 スポーツ報知
  22. ^ 日本は阿部らが優勝=柔道日ロジュニア 時事通信 2017年9月7日
  23. ^ 柔道】一二三の妹・阿部詩 ライバル撃破へ虎視眈々 東京スポーツ 2017年9月18日
  24. ^ “一二三の妹”阿部詩、国体でも衝撃12秒一本勝ち デイリースポーツ 2017年10月10日
  25. ^ 女子52キロ阿部詩、57キロ舟久保遥香がV 柔道 日刊スポーツ 2017年10月20日
  26. ^ Junior World Championships 2017, Zagreb - DAY TWO
  27. ^ World Championship Juniors 2017
  28. ^ Word Junior Championship Teams 2017
  29. ^ 柔道 講道館杯 女子52キロ級 17歳の阿部詩が初優勝 NHK 2017年11月12日
  30. ^ 阿部詩、兄妹制覇!東京五輪も「そろって金」/柔道 サンケイスポーツ 2017年11月13日
  31. ^ 柔道 グランドスラム東京 阿部兄と妹がそろって優勝 NHK 2017年12月2日
  32. ^ 阿部詩「100点」=柔道グランドスラム東京 時事通信 2017年12月2日
  33. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  34. ^ 柔道17歳・阿部詩がGSパリ初制覇、新ルールでオール一本勝ち デイリースポーツ 2018年2月11日
  35. ^ Paris Grand Slam 2018, France – DAY ONE
  36. ^ World ranking list
  37. ^ “関西スポーツ賞に2団体7個人 柔道・阿部詩ら” (プレスリリース), 神戸新聞NEXT, (2018年1月9日), https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201801/0010883170.shtml 2018年1月16日閲覧。 

外部リンク[編集]