山口香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
オリンピック
1988 ソウル 52kg級
世界柔道選手権
1980 ニューヨーク 52kg級
1982 パリ 52kg級
1984 ウィーン 52kg級
1986 マーストリヒト 52kg級
1987 エッセン 52kg級
アジア柔道選手権
1981 ジャカルタ 52kg級
1985 東京 52kg級

山口 香(やまぐち かおり、1964年12月28日 - )は、日本の元女子柔道の指導者である。現在は筑波大学体育系准教授、全日本柔道連盟女子強化委員、日本オリンピック委員会理事、コナミ取締役を務め、元筑波大学柔道部女子監督であり、小内刈が得意技で段位は六段である。

人物[編集]

東京都豊島区で出生し、欧州と米国が強く日本人の勝利が少なかった時期に第3回世界選手権で日本人女性柔道家として史上初の金メダルを獲得している。

ソウルオリンピックでも銅メダル獲得など「姿三四郎」と称賛された。

鎌の如く直角に曲がるほどに足首が柔軟で指を丸めることができる。得意技の小内刈を仕掛ける際、まるで相手の足首の裏へ熱した鉛が入り込むが如く足を刈りしっかりと足が掛かり確実性が高い。越野忠則はこの強靭な足首を参考に技を習熟している。

2011年JOC理事に選出[1]される。

女子柔道強化選手による暴力告発問題で告発した選手を援助して2013年3月20日付けで全柔連強化委員[2]に任命される。

2013年4月1日に瀬古利彦の後任として東京都教育委員会教育委員[3]、6月21日に日本バレーボール協会理事[4]、8月21日に全日本柔道連盟監事[5]、にそれぞれ任命される。

略歴・戦歴[編集]

著書[編集]

  • 残念なメダリスト チャンピオンに学ぶ人生勝利学・失敗学(2015年9月 中公新書ラクレ)
  • 日本柔道の論点(2013年6月 イースト新書)

雑誌連載[編集]

  • 『現代柔道に活!』(武道雑誌『月刊秘伝』) - 柔道の諸問題を鋭い論で斬る同誌の看板連載。

その他[編集]

  • 劇場版『YAWARA!』(1989年東宝)にカメオ出演
  • 1992年阪急ドラマシリーズ関西テレビ放送)として『めざせ!金メダル 山口香物語』という伝記ドラマが放送された(少女時代編=4 - 6月と、オリンピックを目指した「新」編=7 - 9月がある)。
  • 山口は現役時代、52kg級の選手であったが、ある大会の時には体重調整に失敗して52kg級から外されそうになり、計量の際に少しでも体重を軽くしようと、パンツまで脱いで全裸で体重計に乗った。ちなみにその時は、ぎりぎりで52kg級に合格できたという[9]
  • 2009年から2年間にわたりブログ「山口香の柔道を考える」を執筆。
  • NHKラジオ第1放送午後のまりやーじゅ』(2015年4月6日 - 2016年3月14日)月曜日パーソナリティー
  • 同『ラジオ深夜便・ミッドナイトトーク』(2015年5月7日 - )奇数月木曜日コメンテイター担当。
  • 同『ごごラジ!』(2016年4月4日 - )月曜日パーソナリティー

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]