丸山城志郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界選手権
2019 東京 66 kg級
ワールドマスターズ
2018 広州 66 kg級
グランドスラム
2018 大阪 66 kg級
2019 デュッセルドルフ 66 kg級
2017 東京 66 kg級
2018 パリ 66 kg級
2019 大阪 66 kg級
グランプリ
2016 アルマトイ 66 kg級
2018 フフホト 66 kg級
アジア大会
2018 ジャカルタ 66 kg級

丸山 城志郎(まるやま じょうしろう、1993年8月11日 - )は、宮崎県宮崎市出身の、日本柔道家である。階級は66 kg級。身長167 cm。組み手は左組み。柔道四段を取得。得意技は内股巴投袖釣込腰。2019年8月現在、ミキハウスに所属[1]。父親はバルセロナオリンピックの柔道65 kg級で7位となった丸山顕志[2] [3]。兄の丸山剛毅は2011年の世界ジュニア81 kg級チャンピオン[4]

人物[編集]

5歳の時に父親の出身道場である静充館で柔道を始めた[1][5]。その後、父親が開設した泰山学舎に所属になると、小学校5年の時に全国少年柔道大会の個人戦で3位、団体戦でも兄とともに活躍して3位になった[1][5]全国小学生学年別柔道大会には40 kg級に出場するが、決勝で栃木県代表の高藤直寿上四方固で敗れた[1]全日本選抜少年柔道大会小学生の部の団体戦では兄とともに活躍して優勝を飾った[1]。この時期は河川敷での堤防の上り下りダッシュや、当時住んでいた高層マンションの階段を3往復していたことで、独特のばねが膝に形成されて、それが得意技の内股に活かされることになったという[6][5]

桐蔭学園中学2年の時には全国中学校柔道大会60 kg級で優勝を果たした。この時は1つ年上の兄である相原中学3年の剛毅も90 kg級で優勝したことにより、兄弟優勝を成し遂げることになった[1]。その後に兄のいる相原中学へ転校すると、3年の時には66 kg級で優勝して2階級制覇を達成した。団体戦ではチームメイトの長澤憲大などとともに活躍して5位になった[1]。なお、中学時代は息子に甘えを見て取った父親に、「お前に志す価値はない。心を使うな」と指摘されて、名前の「城志郎」が「城士郎」と表記されていた[2][7]

桐蔭学園高校へ進むと、安昌林と同級生になった[1]。1年の時には世界カデ66 kg級代表に選ばれるが、2回戦で敗れた[1]。2年の時にはインターハイに出場するも、ベスト16にとどまった[1]。その後、校則違反により桐蔭学園高校を自主退学すると、沖学園高校へ転校して、そこを卒業した[1][5][8]

兄のいる天理大学に進学すると、1年の時に全日本ジュニア延岡学園高校橋口祐葵を指導3で破り優勝を飾った[1]。2年の9月には天理大学の暴力問題が発覚したために、連覇のかかった全日本ジュニアへの出場は見合わせることになった。11月に部活動が部分的に再開されるも、ほとんど練習できていない状態で出場した講道館杯では、決勝で桐蔭横浜大学の宮崎廉に大外刈で一本勝ちして優勝を飾った[9]グランドスラム・東京では準々決勝でブラジルのチャールズ・チバナ小外刈で敗れて5位だった。この際に左膝前十字靱帯を断裂して長期のリハビリテーションに取り組まざるを得なくなった[1][8]。その後復帰すると、4年の時には講道館杯の決勝で鹿屋体育大学4年の竪山将に指導1で敗れて、今大会2年ぶりの優勝はならなかった[1]。2016年3月にはリオデジャネイロオリンピックテスト大会の決勝で、地元ブラジルの選手を破って優勝した[10]

2016年4月からミキハウスの所属になった。選抜体重別では決勝まで進むも、日体大1年の阿部一二三GSに入ってから指導2で敗れて2位だった[11]。5月のグランプリ・アルマトイでは決勝で地元カザフスタンの選手を内股の有効で破って、IJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[12][13]

2017年の講道館杯では2度目の優勝を飾った[14]グランドスラム・東京では準々決勝で世界選手権3位であるジョージアのバジャ・マルグベラシビリ袖釣込腰、準決勝で元世界チャンピオンである韓国のアン・バウルを技ありでそれぞれ破るが、決勝では阿部一二三にGSに入ってから大内刈で敗れて2位だった[15]

2018年2月のグランドスラム・パリでは決勝まで進んでアンと対戦するが、GSに入ってから反則負けを喫して2位にとどまった[16][17]。4月の体重別では決勝で筑波大学4年の田川兼三巴投げの技ありで破って今大会初優勝を飾った[18]。なお、世界選手権代表には選ばれなかったが、アジア大会代表には選ばれた[19]。5月のグランプリ・フフホトでは準々決勝でアンを袖釣込腰で破るなどして決勝まで進むと、世界選手権2位であるロシアのミハイル・プリャエフに反則勝ちして優勝を飾った[20][21]。8月のアジア大会では決勝でアンに背負投で敗れて2位だった[22]。10月には一般の女性と結婚した[23]。11月のグランドスラム・大阪では準決勝で大阪府警藤阪太郎に反則勝ちすると、決勝では阿部をGSに入ってから巴投げの技ありで破って優勝した[24][25]。12月のワールドマスターズでは決勝でイスラエルのバルチ・シャミロフに内股で技ありを取った後に袖釣込腰で破るなど全て一本勝ちして優勝した[26][27]

2019年2月のグランドスラム・デュッセルドルフでは準々決勝においてグランドスラム・パリで阿部を合技で破った世界ジュニアチャンピオンであるイタリアのマヌエル・ロンバルドを技あり、準決勝ではグランドスラム・パリで優勝したモルドバのデニス・ビエル送襟絞ボウアンドアローチョーク[28][29][30]でそれぞれ破ると[31]、決勝では韓国の金琳煥を内股の技ありで破って優勝した[32][33]。4月の体重別では決勝で阿部を13分23秒もの戦いの末に浮技の技ありで破って2連覇を達成して、世界選手権代表に選出された[34][35][36]。なお、2016年の体重別で阿部に指導2で敗れた際に息子の甘さを見て取った父親は、精神面で阿部に追いつくための方策として、息子を敢えて突き放して3年半もの間息子とは一切連絡を取らなかったが、世界選手権直前に久々の再会を果たした[5]。8月に東京で開催された世界選手権では4回戦の技あり以外は全て一本勝ちして準決勝で阿部と対戦すると、開始直後の攻防で釣手や軸足を傷めた影響もあって指導2を先行され劣勢だったものの、果敢に立ち向かいGSに入ってから浮技で技ありを取って破った。決勝では金琳煥に合技で一本勝ちして優勝を飾った[2][37][38][39]。この際に次のように語った。「ここまでくるのに、いろいろな思いがあったので…。うれしい気持ちです。(26歳で世界の頂点)普通の選手より長くかかっているので。でも東京オリンピックで金メダルを取るのが僕の目標なので(明日から)気持ちを切り替えていきます」[40]。なお、大会後初めて世界ランキング1位になった[41]。11月のグランドスラム・大阪では準決勝で警視庁西山祐貴を技ありで破るも、決勝では阿部にGSに入ってから支釣込足の技ありで敗れて2位にとどまった。今大会優勝すれば東京オリンピック代表が内定する可能性もあったが、持ち越しとなった[42][43]

2020年2月のグランドスラム・デュッセルドルフでは阿部と対戦する可能性もあったが、左膝の内側側副靱帯損傷により出場を取り止めた[44]。体重別では東京オリンピック代表をかけて阿部と最終決戦になるはずだったが、新型コロナウイルスの影響によりオリンピック自体が1年延期されるとともに、今大会も延期される事態となった[45]。5月に全柔連は常務理事会と強化委員会を開いて、1年延期になった東京オリンピックでは唯一代表が決まっていない66㎏級の代表選考方式に関して、結論を先送りすることを確認した。場合によっては来年の選抜体重別まで選考が延期される可能性も示唆された[46][47]。その後、12月に開催予定のグランドスラム・東京が代表決定の最終選考になることが決まったものの、今大会もコロナウイルスの影響により中止となったため、同月13日に異例となる阿部とのワンマッチにより代表決定を行う方針となった[48]。なお、この試合は、2020年10月の講道館杯60 kg級決勝戦での審判団の判断ミスを受け、ブルー柔道衣を採用となるが[49][50]全柔連主催の国内試合では初めてとなる。その対戦では、両者互いに牽制し合い決定打となる技を出せず24分もの長期戦となるも、最後は阿部の大内刈で技ありを奪われて敗れた。この結果により、東京オリンピックの代表補欠に回ることになった。試合後、次のようにコメントした。「結果は負けだが、自分がやってきた全てを出し切れた。ここまで肉体的、精神的にも強くなれたのは、僕だけの力ではなく阿部選手の存在もある。僕の柔道人生は終わっていない。これからも前を向いて精進していく」[51][52]。一方で、大相撲の元横綱である朝青龍は「私丸山が好き!!」「外人選手に丸山が強い!!」と自身のツイッターに投稿して、丸山がモンゴル代表でオリンピックに出場することを切望した[53]。なお、この試合を生中継していたテレビ東京は、試合時間が長引いたこともあって正規の時間内で放映が収まらず、途中で中継を打ち切ってしまった。そのため視聴者の多くは、同じくテレビ東京がYoutubeで配信していた生中継の方へ駆け込む形となった。この事態に対してテレビ東京側は、想定以上の大熱戦になってしまったとして、視聴者に謝罪した[54]

IJF世界ランキングは4950ポイント獲得で2位(2020年11月23日現在)[55][56]

戦績[編集]

少年時代

66 kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「柔道全日本強化選手名鑑 2020」近代柔道 ベースボール・マガジン社、2020年4月号
  2. ^ a b c 世界柔道で丸山城志郎が初制覇 3年半ぶり観戦の父、成長実感 産経新聞 2019年8月27日
  3. ^ 柔道丸山城志郎は兄剛毅と「兄弟稽古」で感覚確認 日刊スポーツ 2019年4月5日
  4. ^ 丸山城志郎、新妻にささげる世界選手権V誓う 母校・天理大で公開練習 スポーツ報知 2019年7月17日
  5. ^ a b c d e 丸山 柔道世界選手権初出場V 父が届かなかった五輪金の夢 西日本スポーツ 2018年9月28日
  6. ^ 【東京への「切り札」(7)】切れ味は日本刀、美しき内股 柔道・丸山城志郎(1/2ページ)”. 産経ニュース (2019年10月14日). 2020年11月8日閲覧。
  7. ^ 「平成20年度 後期全日本強化選手名鑑」近代柔道 ベースボール・マガジン社、2009年4月号、40頁
  8. ^ a b 「苦労人」丸山、五輪へ前進 高校自主退学、大学で大けが 西日本新聞 2019年8月27日
  9. ^ 柔道男子66キロ級、丸山城初V 講道館杯第1日 47NEWS 2013年11月9日
  10. ^ Double gold for Japan on opening day of Rio 2016 judo test event
  11. ^ 平成28年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  12. ^ 丸山城が優勝=柔道グランプリ 時事通信 2016年5月14日
  13. ^ Almaty Grand Prix 2016 - Kazakhstan
  14. ^ 平成29年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  15. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  16. ^ 阿部詩、志々目が優勝=柔道GSパリ 時事通信 2018年2月11日
  17. ^ Paris Grand Slam 2018, France – DAY ONE
  18. ^ 橋本が男子73キロ級連覇=女子78キロ超級の素根も-選抜体重別柔道 時事通信 2018年4月7日
  19. ^ 柔道・小川ジュニア初の世界切符、世界選手権&アジア大会代表発表 デイリースポーツ 2018年4月29日
  20. ^ 近藤、阿部詩ら優勝=柔道グランプリ大会 時事通信 2018年5月25日
  21. ^ Grand-Prix Hohhot 2018
  22. ^ 18th Asian Games 2018
  23. ^ 柔道アジア大会銀の丸山城志郎が結婚 昨年10月に23歳一般女性と デイリースポーツ 2019年1月11日
  24. ^ 阿部詩が優勝、兄の一二三はV逃す 柔道GS大阪大会 日本経済新聞 2018年11月23日
  25. ^ 阿部一二三を破った丸山“ヒール役”で燃えた「見てろよと」 デイリースポーツ 2018年11月24日
  26. ^ 女子57キロ級、芳田が優勝 柔道マスターズ大会 日本経済新聞 2018年12月15日
  27. ^ World Masters Guangzhou 2018
  28. ^ 近代柔道』誌、全柔連、IJFは送襟絞としている
  29. ^ 2019年グランドスラム・デュッセルドルフ(ドイツ)大会結果・写真掲載(19.2.22-24)”. JudoInside (2019年2月27日). 2019年3月31日閲覧。
  30. ^ Düsseldorf Grand Slam 2019 / Semi-Final -66 kg Japan MARUYAMA,Joshiro VS Moldova VIERU,Denis (YouTube). スイス ローザンヌ. (2019年2月22日) 
  31. ^ JOSHIRO MARUYAMA (JPN) - DENIS VIERU (MDA) @ U66 - GRAND SLAM DÜSSELDORF 2019”. JudoInside (2019年2月22日). 2019年3月31日閲覧。
  32. ^ 芳田、渡名喜がV=男子の永山、丸山も優勝-柔道GSデュッセルドルフ 時事通信 2019年2月23日
  33. ^ 丸山、高めた存在感=柔道GSデュッセルドルフ 時事通信 2019年2月23日
  34. ^ 丸山、阿部一破り連覇=男子73キロ級は大野-選抜体重別柔道 時事通信 2019年4月7日
  35. ^ 世界選手権の代表に大野将、阿部一ら/柔道 サンケイスポーツ 2019年4月7日
  36. ^ 丸山、阿部撃破で堂々の世界切符!ハイレベルで五輪まで続くライバル物語/柔道 サンケイスポーツ 2019年4月8日
  37. ^ 丸山初優勝、阿部一V3逃す=阿部詩が連覇-世界柔道 時事通信 2019年8月26日
  38. ^ 丸山城志郎が初出場で初優勝 ライバル阿部一二三に3連勝…東京切符は譲れない! デイリースポーツ 2019年8月27日
  39. ^ World Judo Championships 2019
  40. ^ 丸山城志郎が涙の金「普通の選手より長くかかった」 - 柔道 日刊スポーツ 2019年8月26日
  41. ^ 阿部詩、丸山城志郎らが1位 柔道の最新世界ランキング サンケイスポーツ 2019年9月2日
  42. ^ 負傷右膝で出場の丸山城志郎、内定逃し「悔しい」 スポーツ報知 2019年11月23日
  43. ^ 柔道グランドスラム大阪2019
  44. ^ 丸山が左膝負傷 男子66キロ級世界王者―柔道 時事通信 2020年2月14日
  45. ^ 丸山対一二三は延期/柔道 サンケイスポーツ 2020年3月27日
  46. ^ 大野将平、阿部詩ら男女13人の東京五輪代表権維持/柔道 サンケイスポーツ 2020年5月15日
  47. ^ 丸山と阿部一二三が争う選考は来春以降の可能性も - 柔道 - 東京オリンピック2020 日刊スポーツ 2020年5月15日
  48. ^ 66キロ級代表選考は12月で調整 丸山と阿部一、GS東京で―柔道男子 時事通信 2020年7月2日
  49. ^ 【柔道】「丸山城志郎 VS 阿部一二三」もブルー柔道着を導入 講道館杯の誤審騒動で再発防止へ”. 東スポWeb. 東京スポーツ (2020年12月3日). 2020年12月6日閲覧。
  50. ^ 「66kg級日本代表決定戦情報丸山城志郎対阿部一二三」『近代柔道』第42巻第12号、ベースボール・マガジン社、2020年11月22日、 34頁。
  51. ^ 柔道 阿部が東京五輪代表に内定 NHK 2020年12月13日
  52. ^ 丸山城志郎「柔道人生は終わっていない」五輪代表逃す/柔道 サンケイスポーツ 2020年12月13日
  53. ^ 元朝青龍 柔道・丸山にモンゴル国籍取得をお願い!? 「外人選手に丸山が強い」 スポーツ報知 2020年12月13日
  54. ^ テレ東謝罪「時間想定しましたが」柔道決着前に終了 日刊スポーツ 2020年12月13日
  55. ^ Joshiro MARUYAMA / IJF.org
  56. ^ World ranking list

関連項目[編集]

外部リンク[編集]