丸山剛毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界団体
2015 アスタナ 81kg級
グランドスラム
2015 バクー 81kg級
世界ジュニア
2011 ケープタウン 81kg級

丸山 剛毅(まるやま ごうき、1992年4月5日 - )は、宮崎県宮崎市出身の、日本柔道選手である。階級は81kg級。身長173cm。得意技は内股。現在はパーク24所属[1]。父親はバルセロナオリンピックの柔道65kg級で7位となった丸山顕志[2]。1つ年下の弟である丸山城志郎は2013年の講道館杯66kg級で優勝している[3]

人物[編集]

5歳の時に柔道を始めた[1]相原中学3年の時には全国中学校柔道大会の団体戦では3位だったものの個人戦90kg級では優勝を果たした。ちなみに、この時は弟の城志郎も60kg級で優勝して兄弟優勝を成し遂げた[1]桐蔭学園高校2年の時には全国高等学校柔道選手権大会90kg級で優勝した[1]。3年の時にはインターハイは3位に終わったが、全日本ジュニアでは優勝を果たして世界ジュニアに出場するも3回戦で敗れた[1]天理大学に進学後は階級を81kg級に下げて全日本ジュニアで優勝すると、世界ジュニアでも決勝でロシアの選手に内股で一本勝ちして優勝を果たした[1][4]

2013年5月の体重別では決勝で大学の1年先輩である安田知史を指導2で破り初優勝を飾った[5]

2015年2月のヨーロッパオープン・ローマでは優勝を飾った[6]。4月からはパーク24の所属になると、体重別では3位に終わり世界選手権代表には選出されなかったが、世界団体のメンバーに選ばれた[7]。5月のグランドスラム・バクーでは3位となった。8月の世界団体では準決勝のドイツ戦で勝利して、チームの優勝に貢献した[8]。11月のグランプリ・青島では決勝で韓国の王己春と対戦すると、指導1でリードしながらその後守勢となって終了と同時に指導1が与えられて追いつかれると、GSに入ってから技ありを取られて2位に終わった[9]

IJF世界ランキングは710ポイント獲得で26位(17/4/3現在)[10]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]