永瀬貴規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界選手権
2015 アスタナ 81kg級
世界団体
2014 チェリャビンスク 81kg級
2015 アスタナ 81kg級
ワールドマスターズ
2015 ラバト 81kg級
グランドスラム
2013 東京 81kg級
2014 東京 81kg級
2014 パリ 81kg級
ユニバーシアード
2013 カザニ 81kg級

永瀬 貴規(ながせ たかのり、1993年10月14日 - )は、長崎県出身の日本柔道選手。階級は81kg級。身長181cm。組み手は右組み。段位は弐段。得意技は内股[1]。現在は筑波大学に在学[2]。2016年春からは旭化成への所属が内定している[3]

経歴[編集]

養心館で師範を務めていた叔父の勧めで6歳の時に柔道を始めた。小学校高学年になると修喩館にも通うようになった[4][1]。小学校5年の時には全国小学生学年別柔道大会の40kg級に出場するが、栃木県代表の高藤直寿に敗れて5位だった。6年の時には45kg級に出場するが、再び高藤に敗れてベスト16止まりだった。長崎大学教育学部附属中学校から長崎日大高校に進学すると、高校選手権では2年の時に81kg級で優勝を飾った。3年になると、8月のインターハイでも優勝を果たした。9月の全日本ジュニアでは決勝で天理大学の丸山剛毅に敗れるが、11月の講道館杯では高校生ながら3位となった[5]。12月のエクサンプロヴァンスジュニア国際では優勝を飾った。

2012年には筑波大学に進学して、全日本ジュニアで優勝すると、続くアジアジュニアでも優勝を飾った。2年の時にはロシアのカザニで開催されたユニバーシアードに出場すると、決勝でウズベキスタンのヤヒョー・イマモフを大外刈の技ありで破って優勝を果たした。また、団体戦でも優勝を飾った[6][7]。11月の学生体重別団体ではチームの優勝に貢献すると、続く講道館杯でも優勝を飾った。グランドスラム・東京では準々決勝で世界2位であるグルジアアブタンディル・チリキシビリ足車で破ると、準決勝ではロンドンオリンピック5位であるパーク24中井貴裕に合技で一本勝ち、決勝でも世界チャンピオンのフランスロイク・ピエトリに足車で破って5試合オール一本勝ちで優勝を飾った[8]

2014年2月のグランドスラム・パリでは、準々決勝でチリキシビリの前に指導3で敗れて3位にとどまった。4月の体重別では決勝でJRA長島啓太を指導3で破って今大会初優勝を飾り、世界選手権代表に選ばれた[9]。続く全日本選手権では、2回戦で体重別100kg級優勝の熊代佑輔を小外刈、準々決勝で体重別90kg級優勝の吉田優也を指導2、準々決勝で元チャンピオンで100kg超級の高橋和彦を有効で破る健闘を見せるが準決勝では東海大学王子谷剛志に合技で敗れたものの、81kg級の選手ながら3位入賞を果たした[10]。8月の世界選手権では準々決勝でチリキシビリに指導3で敗れると、その後の3位決定戦でもピエトリと技ありで敗れて5位に終わった[11]世界団体では、準決勝グルジア戦で世界王者のチリキシビリと再戦、延長ゴールデンスコアの末、内股で有効を奪ってチームの勝利を決定づけ、決勝では地元ロシアの選手に一本勝ちして、チームの優勝に貢献した[12]。12月のグランドスラム・東京では、準々決勝でオリンピックチャンピオンである韓国金宰範を技ありで破ると、準決勝では世界チャンピオンであるチリキシビリを昨年に続いて一本勝ち、決勝ではUAEセルジュ・トマゴールデンスコアに入ってから指導3で破って、今大会2連覇を達成した[13]

2015年2月にはグランプリ・デュッセルドルフに出場するものの、初戦でベラルーシの選手に一本負けを喫した。4月の体重別では決勝で長島を指導3で破って2連覇を果たして、世界選手権代表に選ばれた[14]。5月のワールドマスターズでは決勝でロシアのイワン・ニフォントフを破って初優勝を飾った[15]。6月の全日本学生柔道優勝大会では大会8連覇を狙った東海大学と決勝で対戦すると、代表戦において100kg級のウルフ・アロンを指導2で破り、筑波大学を国公立大学として初めてとなる優勝へ導いた[16][17]。 8月の世界選手権では準決勝でチリキシビリを有効で破ると、決勝ではピエトリに一本勝ちして優勝を飾った。日本選手がこの階級で優勝するのは初めてのこととなった(前身の階級である78kg級を含めると、1995年の世界選手権古賀稔彦が優勝して以来20年ぶりになる)[18][19]世界団体では決勝で勝利するなどしてチームの優勝に貢献した[20]

IJF世界ランキングは1732ポイント獲得で4位(15/8/31現在)。

戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「柔道全日本強化選手名鑑 2015」近代柔道 ベースボールマガジン社、2015年4月号
  2. ^ 筑波大学柔道部 部員紹介
  3. ^ 筑波大の永瀬 名門旭化成内定 日刊スポーツ 2015年2月17日
  4. ^ 「解体新書 永瀬貴規」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年1月号、28-31頁
  5. ^ 柔道 長崎日大高 永瀬81㌔級で3位 講道館杯で高校生初入賞
  6. ^ 柔道永瀬が金、山県100m決勝へ/ユニバ 日刊スポーツ 2013年7月8日
  7. ^ Universiade Kazan 2013 - DAY 2 Results
  8. ^ 強いぞ永瀬、オール一本で初優勝/柔道 日刊スポーツ 2013年11月30日
  9. ^ 高藤、海老沼、大野を選出=世界選手権代表-全柔連 時事通信 2014年4月6日
  10. ^ 21歳の王子谷が初優勝 決勝で上川に一本勝ち MSN産経ニュース 2014年4月6日
  11. ^ 田代が銅メダル、永瀬は5位 世界柔道 日本経済新聞 2014年8月28日
  12. ^ 男子が団体金、女子は銅 柔道世界選手権 日本経済新聞 2014年8月31日
  13. ^ 永瀬頼もしV2「81キロ級で世界で勝てるのは僕だけ」 スポーツニッポン 2014年12月7日
  14. ^ 海老沼、中矢ら選出=世界選手権代表-柔道 時事通信 2015年4月5日
  15. ^ 永瀬が優勝=柔道マスターズ 時事通信 2015年5月25日
  16. ^ 筑波大、国公立勢初の優勝=東海大の8連覇阻止-全日本学生柔道男子 時事通信 2015年6月28日
  17. ^ 筑波大・永瀬が初優勝の立役者 世界選手権で雪辱誓う/柔道 サンケイスポーツ 2015年6月28日
  18. ^ 柔道世界選手権81キロ級 永瀬が日本勢初優勝 NHK 2015年8月27日
  19. ^ World Championships 2015, Astana
  20. ^ 日本、団体で男女アベック優勝 柔道世界選手権 日本経済新聞 2015年8月30日

外部リンク[編集]