藤阪太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グランプリ
2015 チェジュ 66kg級
2016 ブダペスト 66kg級

藤阪 太郎(ふじさか たろう、1994年6月6日 - )は、大阪府出身の日本柔道家である。階級は66kg級。身長174cm。血液型はO型。組み手は右組み。段位は四段。得意技は足技。弟は60kg級で活躍している藤阪泰恒[1]

経歴[編集]

柔道は5歳の時に明武館田邊道場で始めた。その後に臥牛館道場へ移った[1]小平第六中学から八王子学園八王子高校へ進むと、3年の時にはインターハイ66kg級に出場するも3回戦で敗れた[1]

2013年に国士舘大学へ進学すると、2年の時には体重別団体の準決勝で東海大学と対戦するが、高市賢悟上四方固で敗れてチームも3位に終わった[1]。全国体育系学生柔道体重別選手権大会では決勝で東海大学1年の浅利昌哉に敗れた[1]。3年の時には学生体重別決勝で大学の1年後輩である磯田範仁を一本背負投で破って優勝を飾った[2]。体重別団体では決勝で東海大学と対戦して高市と引き分けたが、チームは2位にとどまった[1]講道館杯では準々決勝で鹿屋体育大学4年の竪山将背負投で敗れるも、その後敗者復活戦を勝ち上がって3位になった[1]。国際大会初出場となったグランプリ・チェジュでは、準決勝で2013年の世界選手権2位であるカザフスタンのアザマト・ムカノフ送襟絞で破るが、決勝では2014年と2015年の世界選手権2位であるロシアのミハイル・プリャエフ背負投の有効で敗れた[1]。4年の時にはグランプリ・ブダペストで3位に入った[3]。学生体重別では5位に終わり2連覇はならなかった[4]。講道館杯では昨年に続いて3位だった[5]

2017年には大阪府警の所属になると、体重別では3位になった[6]アジア選手権では準決勝で韓国のアン・バウルに敗れて3位だった[7]。講道館杯では3年連続で3位になった[8]。2018年のグランプリ・チュニスでは準々決勝でロシアのアラム・グリゴリャンと対戦すると、終了間際に技ありを取られたがすかさず抑え込んで一旦は一本勝ちした。だが、その一本を技ありに格下げされる不可解な判定を食らうも、GSに入って再び抑え込みで技ありを取り、結果として合技一本で勝利した。しかし、その後の決勝ではウズベキスタンのシャフラム・アハドフに指導2でリードしながら、GS含めて11分を超える戦いの末に技ありを取られて2位に終わった[9][10]。11月の講道館杯では決勝で国士舘大学教員の磯田範仁小外刈で破って優勝した[11]グランドスラム・大阪では準決勝でミキハウス丸山城志郎に反則負けすると、3位決定戦でもロシアのアラム・グリゴリャンに敗れて5位だった[12]。2019年3月のグランドスラム・エカテリンブルグでは準々決勝でイスラエルのタル・フリッカーに技ありで敗れるなどして5位だった[13]

IJF世界ランキングは300ポイント獲得で55位(19/4/22現在)[14]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]