浅利昌哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界ジュニア
2015 アブダビ 66kg級

浅利 昌哉(あさり まさや、1995年11月12日 - )は、北海道伊達市出身の、日本柔道選手である。階級は66kg級。身長170cm。血液型はB型。段位は弐段。組み手は左組み。得意技は体落背負投寝技(とりわけ腕挫十字固)[1][2]。現在は東海大学に在学[3]

経歴[編集]

柔道は5歳の時に伊達柔道スポーツ少年団で始めた[1]東海大第四中学3年の時には全国中学校柔道大会60kg級で2位になった[1]東海大第四高校へ進むと、1年の時には全日本カデで2位だった[1]。2年の時にはインターハイで2位になると、全国高校選手権では優勝を飾った[2]。3年のインターハイでは3位にとどまった[1]。2014年には東海大学へ進学すると、階級を66kg級に上げた。1年の時には全日本ジュニアで5位だったものの、2年の時には優勝を果たした[2]。さらに、世界ジュニアでは準決勝でアゼルバイジャンのヒダエト・ヘイダロフと対戦すると接戦になったが、GSに入ってから有効で勝利すると、決勝ではスペインのアルベルト・ガイテロ・マルティンを腕挫十字固で破って優勝を飾った[4][5]。団体戦でも決勝のグルジア戦を始め全試合に勝利してチームの優勝に貢献した[6][7]。 2016年のグランプリ・ブダペストでは準決勝までの4試合を全て得意の腕挫十字固で一本勝ちするも、決勝ではスロベニアのアドリアン・ゴムボッチに極めることができず有効を取られて敗れた[8]学生体重別では3位だった[9]。2018年からは綜合警備保障の所属となった[10]

戦績[編集]

60kg級の戦績

66kg級の戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]