磯田範仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グランドスラム
2017 東京 66kg級
2018 パリ 66kg級
東アジア選手権
2016 香港 66kg級
ユニバーシアード
2017 台北 66kg級
世界カデ
2011 キエフ 66kg級

磯田 範仁(いそだ のりひと、1995年8月6日 - )は、宮崎県出身の日本柔道家である。階級は66kg級。身長173cm。組み手は左組み。得意技は小外刈[1]

経歴[編集]

柔道は5歳の時に芦塚道場で始めた。一つ上には橋口祐葵がいた[1]。小学校5年の時には全国小学生学年別柔道大会の40kg級で優勝した[1]。6年の時には全国少年柔道大会の団体戦で優勝すると、全国小学生学年別柔道大会の50kg級でも優勝して2連覇を達成した[1]

国士舘中学へ進むと、2年の時には近代柔道杯団体戦で優勝した[1]。3年の時には全国中学校柔道大会の66kg級で優勝すると、団体戦でも田崎健祐江畑丈夫などとともに活躍して優勝を飾り2冠を達成した[2]。さらにマルちゃん杯団体戦でも優勝して、中学団体3冠(近代柔道杯、全国中学校柔道大会、マルちゃん杯)を達成した[1]

国士舘高校に進むと、1年の時には全日本カデで優勝して世界カデ代表に選出された[1]。世界カデでは決勝でロシアのミハイル・イゴルニコフに掬投で敗れて2位にとどまった[3]。2年の時にはインターハイ個人戦73kg級決勝で帯広農業高校2年の山本悠司を技ありで破って優勝を飾った[4]アジアジュニアでは2位にとどまった[1]全国高校選手権の個人戦73kg級決勝では山本に有効で敗れて2位だった。団体戦では決勝で東海大学浦安高校と対戦すると、エースの田崎が大将戦でウルフ・アロンに合技で敗れて2位に終わった[5]。3年の時には金鷲旗で3位、インターハイ個人戦は東京予選で敗れて出場できず、団体戦では3位だった[1][4][6]

2014年には国士舘大学へ進学すると、1年の時には全日本ジュニアの66kg級で3位だった[7]。2年の時には学生体重別の決勝で大学の1年先輩である藤阪太郎一本背負投で敗れた[8]体重別団体でも決勝で東海大学に敗れて2位だった[9]講道館杯では5位だった[1]。3年の時には東アジア選手権の個人戦と団体戦で優勝を飾った[10][11]。体重別団体決勝の東海大学戦では江畑などの活躍により優勝を飾った[12]。講道館杯では決勝で芦塚道場時代の1年先輩である明治大学4年の橋口祐葵を技ありで破って初優勝を飾った[13]グランドスラム・東京では2回戦でリオデジャネイロオリンピック金メダリストであるイタリアのファビオ・バシレに一本勝ちするも、準決勝で日体大1年の阿部一二三に技ありで敗れるなどして5位に終わった[14]。2017年2月のグランプリ・デュッセルドルフでは得意の寝技を軸に決勝まで進むが、ジョージアのバジャ・マルグベラシビリGSに入って早々技ありを取られて2位にとどまった[15]。4年の時にはユニバーシアードに出場するも準決勝で韓国のアン・バウルに敗れて3位だった。団体戦では決勝のロシア戦を始めオール一本勝ちしてチームの優勝に貢献した[16][17][18]学生体重別では初優勝を飾った[19]。12月のグランドスラム・東京では準決勝で阿部一二三に敗れるが、3位決定戦で世界選手権3位となったマルグベラシビリを破って3位になった[20]。2018年2月のグランドスラム・パリでは準決勝でアンに反則負けを喫するが3位になった[21][22]

2018年4月からは国士館大学の大学院へ進んだ[1]。体重別では準決勝で筑波大学4年の田川兼三に敗れて3位だった[23]。11月の講道館杯では決勝で大阪府警藤阪太郎小外刈で敗れて2位だった[24]

IJF世界ランキングは250ポイント獲得で130位(19/4/22現在)[25]

戦績[編集]

66kg級での戦績

73kg級での戦績

  • 2012年 - インターハイ 個人戦 優勝
  • 2012年 - アジアジュニア 2位
  • 2012年 - エクサンプロバンスジュニア国際 優勝
  • 2013年 - 全国高校選手権 個人戦 2位、団体戦 2位
  • 2013年 - 金鷲旗 3位
  • 2013年 - インターハイ 団体戦 3位

66kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「柔道全日本強化選手名鑑 2018」近代柔道 ベースボールマガジン社、2018年4月号
  2. ^ 「第35回全国高等学校柔道選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2010年10月号 41頁
  3. ^ [世界カデ選手権」近代柔道 ベースボールマガジン社、2011年10月号 48頁
  4. ^ a b 全国高等学校総合体育大会柔道競技大会
  5. ^ 「第35回全国高等学校柔道選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年5月号 3-8頁
  6. ^ 金鷲旗高校柔道大会
  7. ^ 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  8. ^ 全日本学生柔道体重別選手権大会
  9. ^ 全日本学生柔道体重別団体優勝大会
  10. ^ 江畑、小山ら優勝=柔道東アジア選手権 時事通信 2016年7月3日
  11. ^ 日本男子、団体でV=柔道東アジア選手権 時事通信 2016年7月3日
  12. ^ 国士舘大、劇的な優勝=柔道学生団体戦 時事通信 2016年10月30日
  13. ^ 朝比奈、女子初の4連覇=男子73キロ級は立川制す-柔道講道館杯 時事通信 2016年11月12日
  14. ^ Judo Grand-Slam Tokyo 2016
  15. ^ 磯田、優勝に一歩届かず「焦ってしまった」/柔道 サンケイスポーツ 2017年2月25日
  16. ^ Universiade Judo 2017
  17. ^ 柔道団体、男女とも金 時事通信 2017年8月24日
  18. ^ Daily Competition Schedule Judo
  19. ^ 能智、新添ら優勝=全日本学生体重別柔道 時事通信 2017年9月30日
  20. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  21. ^ 阿部詩、志々目が優勝=柔道GSパリ 時事通信 2018年2月11日
  22. ^ Paris Grand Slam 2018, France – DAY ONE
  23. ^ 平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  24. ^ 平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  25. ^ World ranking list

外部リンク[編集]