田中龍馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中 龍馬
基本情報
ラテン文字 Ryoma Tanaka
原語表記 たなか りょうま
日本の旗 日本
出生地 佐賀県の旗佐賀県
生年月日 (2001-12-28) 2001年12月28日(20歳)
身長 166cm
体重 66kg
選手情報
階級 男子66kg級
所属 筑波大学
段位 三段
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グランドスラム
2021 パリ 66kg級
2021 バクー 66kg級
2022 パリ 66kg級
2022 トビリシ 66kg級
テンプレートを表示

田中 龍馬(たなか りょうま、2001年12月28日 - )は、佐賀県出身の、日本柔道家。階級は66kg級。身長166cm。組み手は右組み。血液型はO型。得意技は背負投[1]。弟は2022年の世界ジュニア73㎏級で優勝した田中龍雅[2]

経歴[編集]

柔道は7歳の時に精道館道場で始めた[1]。昭栄中学3年の時に全国中学校柔道大会の55kg級で優勝した[1]佐賀商業高校1年の時に全日本カデで3位だった[1]。2年の時には全日本カデの66kg級で優勝した[1]。3年の時にはインターハイで優勝した[3]。2020年に筑波大学へ進学すると、2年の時には体重別決勝でパーク24藤阪泰恒隅落で破って、シニアの全国大会初優勝を飾った[4]グランドスラム・パリでは決勝まで進むと、藤阪を浮腰で破ってIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[5][6]。続くグランドスラム・バクーでは準決勝でモルドバのデニス・ビエルに技ありで敗れるも、3位決定戦で國學院大学4年の相田勇司を技ありで破って3位になった[7][8]。2022年のグランドスラム・パリでは準決勝で韓国のアン・バウルに反則負けするも3位になった[9][10]。4月の体重別では準決勝で世界チャンピオンであるミキハウス丸山城志郎に技ありで敗れた[11]。しかし、アジア大会代表に選ばれた[12]。6月のグランドスラム・トビリシでは準決勝でビエルに崩上四方固で敗れたが、3位になった[13][14]。8月のアジア選手権では決勝でモンゴルのヨンドンペレンレイ・バスフーと対戦すると、技ありを先取しながら内股で逆転負けを喫して2位だった[15][16]

IJF世界ランキングは2000ポイント獲得で18位(22/8/8現在)[17]

戦績[編集]

(出典[1]、JudoInside.com)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 田中龍馬 - JudoInside.com のプロフィール(英語)