川口孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル

川口孝夫
日本の旗 日本
男子 柔道
オリンピック
1972 ミュンヘン 63kg級
世界柔道選手権
1971 ルートヴィヒスハーフェン 63kg級
1973 ローザンヌ 63kg級
アジア柔道選手権
1970 高雄 63kg級

川口 孝夫(かわぐち たかお、1950年4月13日 - )は、日本柔道家。広島県広島市出身。1972年ミュンヘンオリンピック柔道男子軽量級金メダリスト。身長164cm[1]

経歴[編集]

崇徳学園中学校 - 崇徳学園高等学校 - 明治大学。 5歳の時、父の営む川口道場にて柔道を始めた。 崇徳高校3年時(1968年)、インターハイ軽量級にて優勝[1]。 明治大学3年時(1971年)、世界柔道選手権大会西ドイツ)軽量級優勝。 明治大学4年時(1972年)、ミュンヘンオリンピック軽量級日本代表に選ばれ、同大会で優勝し、金メダリストとなった。決勝のブイダー(モンゴル)をわずか39秒の横四方固めで破った。

現在は、広島矯正管区武道教官を務める傍ら、川口道場を継ぎ、後進の育成に当たっている。 講道館柔道八段。

全日本柔道連盟では、審判委員会委員長を務め、国際的にはアジア柔道連盟審判理事、国際柔道連盟審判委員などを務めている。

主な戦績[編集]

川口道場での事故・訴訟[編集]

川口道場で2007年6月に、当時12歳の中学校1年生の12歳の男子生徒が、投げ込み練習中に後頭部を強打し、急性硬膜血腫を起こし死亡する事故があった。この事故を巡り、死亡した中学生の両親は、安全配慮義務を果たしていなかったためだとして、川口道場を相手取り、広島地方裁判所訴訟を提起。同地裁は2009年8月7日に、原告側勝訴の判決を言い渡した[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]