隅落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

隅落(すみおとし)は、柔道投げ技の手技16本の一つ。

解説[編集]

突っ込んで来た相手(相手が踏み込んで来たところ)を自分も踏み込み、隅に投げ落とす技。

三船久蔵十段が七段であった39歳の時に考え出した技で、当初は空気投げと呼ばれた。

七段の47歳の時、「第一回全日本柔道選手権大会」で、関西の佐村嘉一郎七段(当時)と対戦し、「隅落」で一本をとり、「隅落」の発案から7年掛りで完成させた。

非常に素早い巧みな動作によって相手を崩し、柔道衣を持った手以外、相手に触れずに投げる技。

相手の斜め後方へ突き飛ばすように相手を投げる。

名前は、一般的には「空気投げ」として知られ、嘉納治五郎師範が「隅落」と名づけた。

この二つの名前の他に、バケツの中の水をまく動作に似ていることから「バケツ投げ」と呼ばれたこともあったが、「それはちょっとひどい」との言葉を三船久蔵十段は残している。

合気道の隅落し[編集]

合気道にも隅落しという技が存在する。

柔道技とは想定の間合いが異なるので技法としてもやや異なる。

合気道の隅落しは相手の斜め後方に投げる場合が殆んどである。

合気会などの他、柔道と関連の深い昭道館合気道では特に「乱取基本の形十七本」のうちの一本に制定されている。

補足[編集]

なお、空気投げには隅落である「三船流空気投げ」と浮落の一種である「石黒流空気投げ」の2種類がある。

実践例[編集]

シドニーオリンピック男子60kg以下級決勝で野村忠宏鄭富競韓国)に対して開始14秒で隅落を決めている。

これは野村が不利な体勢からやや強引に内股を仕掛け、それを鄭が内股すかしで反撃しようとしたが、野村の技の崩しや勢いが強くそのまま鄭が投げられてしまったという形ではあったが、決まり手として隅落が採用された。

外部リンク[編集]