巴投

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
巴投げから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
巴投
「巴投」という名の由来である「二つ巴」

巴投(ともえなげ)は、柔道真捨身技の一つ。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号TNG

概要[編集]

基本形は相手を前に崩し、真後ろに身を捨てつつ、釣り手側の足裏を相手の腹部または、腿の付け根に当てて、押し上げるように真後ろに投げる技。体を丸めて転がる様に倒れこみ、足を相手の下腹部に当て、蹴り上げて頭越しに投げる。引き手側の足裏を当てる場合もある。

吉鷹幸春は、「前隅に崩す事で、相手は片足に体重が乗った状態になるため、この崩しが完璧なら、スピードが無くても簡単に投げる事が出来る。」と語っている。

横巴投[編集]

横巴投(よこともえなげ)は体を真後ろではなく、横に捨てる巴投。 通常の巴投と比較して素早く寝技へと移行でき、足技で返されにくい。のちに試合で見られる巴投は横巴投のほうが主流になっている。右足で相手を蹴り上げる場合、相手を左前隅に崩し、右足を相手の左腰か左足の付け根にあてながら横に体を捨て、相手を側転させるように投げる。引き手側に投げると投げやすい。永井和恵がこの技を得意技としている。別名横巴(よこともえ)。

両足巴投[編集]

両足巴投(りょうあしともえなげ)は文字通り、相手の懐に潜り込んで、両足で跳ね飛ばして投げる巴投。別名両足巴(りょうあしともえ)。

手巴投[編集]

手巴投(てともえなげ)[1]は足を使わない巴投。左手で受の右袖、右手で受の前帯を取り、受の懐に潜り込んで右手とブリッジで左後に受を投げる。

注意点[編集]

子供は適切な監督の下で練習することが望ましく、見よう見まねの技は危険が伴う。受け側は瞬間的にに手を付こうとしてしまうので、脱臼する危険がある。また、受け側の顔面が相手の膝に直撃する場合もある。なお、巴投げは自ら体を後ろに倒すので、大内刈などで合わせられると殆ど万事休すになる。

巴十字[編集]

巴投から腕挫十字固への連絡技である。元々、巴投は腕挫十字固との相性が良く、一本にならなかった際に、連絡技として使われる事が多い。

歴史[編集]

捨身捕

巴投の由来は、天神真楊流にある「安藤返」という技だとされているが、『死活自在・接骨療法柔術生理書』には巴投とよく似た「捨身捕」「立捨身補」といった技があり古くから存在したとされる。

起倒流嘉納治五郎から[2]丸投(まんなげ)と呼ばれていた。

浮腰と並ぶ嘉納の得意技であり、「巴投」という技名は嘉納が「形が二つのに似ているから」との理由で名付けたとされる。

類似技[編集]

柔道以外のスポーツ[編集]

プロレスにおいて「モンキーフリップ」と言う名前の巴投に類似した技が存在する。巴投げと異なる点は頭を掴みつつ倒れた時に両足で投げる点である。両足巴の変形である。

フィクションにおける類似技[編集]

地獄車[編集]

この技の初出は『柔道一直線』ではあるが厳密には投げ技ではなく巴投の投げる前の体勢で転がり、相手を気絶させる技である。「一回転した後に巴投をする」と言う投げ技としての地獄車の初出はゲーム『ストリートファイターII』のケンからである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高専柔道技術研究会『高専柔道の真髄』原書房、2003年11月、57-58頁。ISBN 978-4562037056
  2. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本 東京(原著1999年11月)。ISBN 4871522059。「巴投」